スーパーブルーブラッドムーン。皆既月食と皆既日食。卑弥呼は天照大神で皆既日食の責任をとって殺害されたのか?

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅をつづけていますか?

イロハ「ねえハルト。昨夜のスーパーブルーブラッドムーン見た?」

ハルト「ああ。皆既月食だろ? もちろん見たよ。こういう天体ショーは見逃せない」

イロハ「月食って。。。満月が通常より大きく見えるスーパームーン。月に2回満月が見えるブルームーン。月食時に月が血の色に見えるブラッドムーン。この三つが同時に見られるスゴイ瞬間だったんだよ」

ハルト「月食時間近くの9時50分前後に空を見上げていたけれど、そんなにスゴイ月食だったかなあ? スーパームーンっていうけれど、あれより大きく見える月はいままでに幾らでも見たことがあるし(結構上空にありましたよね? 月の大きさは通常は目の錯覚です)、ブルームーンっていうけれど、月に何回目の満月かなんて気にしたことないし(満月は満月でしょ!)、ブラッドムーンというけれど、要するに皆既月食の効果でしょ? 一生懸命、付加価値をつけようとしているけれど、要するに皆既月食でしょうよ」

イロハ「ハルトみたいな天体音痴から見たらそうかもね。でも感動したでしょ?」

ハルト「ううむ。率直に言って、月が雲に隠れて、また現れたという感じだった。そんなにスペクタクルなものじゃなかったよ」

イロハ「価値がわからない人にはダイヤモンドもガラスも同じってことだね」

Σ( ̄ロ ̄lll) な、なにをー。

ハルト「おれは皆既日食を見ているから、皆既月食と言われると、どうしてもそれと比べてしまうんだよ」

イロハ「わざわざ上海まで日食を見に行ったんだよね」

ハルト「皆既日食はすごいぞ。一瞬にして世界が昼から夜に暗転するんだから。部屋の電気を消したみたいに世界がまっ暗になるんだよ。皆既月食なんか比較にならないすごい天体ショーだったよ。

おれはオーロラを見たことはないけれど、皆既日食ほどの大スペクタクルではないと思っているんだ。日本の主神天照大神の天岩戸伝説は皆既日食のことじゃないかと言われているんだよ

イロハ「太陽神が隠れて世界が暗くなったっていう神話だから、いかにもそんな感じよね

ハルト「今、おれがハマって読んでいる井沢元彦著『逆説の日本史』には卑弥呼(himiko)は日の巫女(hi miko)で天照大神のモデルだという説が書かれているよ。邪馬台国(yamatai)は大和(yamato)になったんだろうってね」

イロハ「へー。面白い。そういわれると、なんだかそんな気がしてきた

ハルト「でもね、おれが『どうかな?』と思うところもあるんだ。『逆説の日本史』によれば、卑弥呼が死んだ年には皆既日食があったらしいんだけど、太陽神が隠れて世界が闇に覆われた責任をとって卑弥呼は殺害された、とされているんだ。殺害して祟り神タタリガミ(怨霊)になられては困るから、神(アマテラス)として祭ったのだろうという推理がされている」

イロハ「それのどこが『どうかな?』なの? スジはきちんと通っていると思うけれど」

ハルト「もしかしたら井沢氏は皆既日食を実際に見たことがないのかもしれないね。天照大神はなかなか岩戸を出てこなかったけれど、実際の皆既日食っていうのはわずかな時間なんだ。何日も続くものじゃないんだよ。世界が急に真っ暗になって驚愕するけれど、暗いのは太陽が月に完全に隠れている短い時間だけで、ほんのわずかでも月と太陽がずれたら、それだけで世界は明るい昼間に戻ってしまう。一緒に金環日食を見たことがあるじゃない? あの時、太陽の大半は月の裏側に隠れているはずなのに、世界は明るいままだったよね」

イロハ「曇り空ぐらいの明るさだったよ」

ハルト「ちょうどあんな感じだよ。太陽の明るさは凄いから、ほんのわずかでも月の影から出ただけで、世界を再び明るくすることができる。皆既日食の真っ暗な時間はわずかで、すぐに元の明るい昼間に戻ってしまう。『なんだ、これは?』とびっくりしている間に終わってしまうんだよ。『え? 今のもう一回やって! もう一回暗くして!』いくら太陽にそうお願いしても、もう暗い世界は戻ってこない。いつもと同じ明るい世界が目の前にあって、ほんの一瞬前の暗闇は夢だったんじゃないか、と思うぐらい実感がないんだ。

あれが何日も続く現象ならば、日の巫女に責任をとらせて殺害して、再びお天道様に顔を出してもらおうっていう気になるかもしれないけれど、パッと暗くなって、パッと明るくなって、もう二度と暗くならないのが皆既日食だ。目の錯覚のようなあの時間のために、神の巫女を殺そうという気になるかなあ、という気がおれはするんだよ。

まあ古代人の考えていることはわからないけれど、もし卑弥呼殺害が事実だったとしても、皆既日食はきっかけにすぎず、普段からよっぽど嫌われていたか、政争に巻き込まれたか、戦局がよほど悪くて(皆既日食の時、戦争していた狗奴国に勝てなかった責任をとって)人身御供が必要だったか、本当の殺害理由は別にあるんだと思うよ。

もうすでに世界は明るくなっているのに、もう一回暗くしてと願ってももう二度と闇は戻ってこないのに、マボロシのようなあの一瞬の闇のために、これまで平伏してきた神の巫女を殺害するっていうのはワの国の人のやることではない気がする

イロハ「ふーん。あの皆既月食の間に、そんなことを考えていたんだ。目の前に皆既月食があるのに、過去の皆既日食のことを思い出していたなんて、人生楽しめないタイプだなあ。

もっと目の前の出来事を楽しまなきゃ。それが今を生きるってことでしょ?」

ハルト「 (´・ω・`) それはそうだね。

実はもう一つ考えていたことがあるんだ」

イロハ「どんなこと?」

ハルト「昔の恋歌に『今夜、同じ月を、いとしいあなたも別の場所で同じ思いで眺めているでしょうか』みたいなのがあるの、知ってる?」

イロハ「うん。聞いたことあるよ」

ハルト「このハルトの愛しい人も同じ月を別の場所で同じ思いで眺めているだろうか。このスーパー・ブルー・ブラッド・ムーンを。。。と思っていたら」

イロハ「思っていたら?」

ハルト「職場の同僚の男たちがみんな同じ月を同じ時間に別の場所から眺めていたことを後で知り、なんかゲンナリしたよ

イロハ「ははは。一眼レフの望遠レンズで写真撮ってたんじゃないの?」

ハルト「そういう人たちがたくさんいたね。でも天体ショーは肉眼で見るのが一番だよ」

イロハ「そうだね。写真じゃ感じられないものってたくさんあるものね。だから私たちさすらいの旅人はインターネットの画像なんかじゃ満足できないよ」

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました