パレオ、サロン、ラヴァラヴァは日本で使えるか?

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

南洋の服装ラヴァラヴァ(パレオ・サロン)は日本で使えるか?

文豪サマセット・モームの「南洋もの」シリーズであるが、旅情をそそるのは、小説中に島々や風俗のことが描かれるためだ。

自分がその場所にいるかのような風俗が旅情をそそるために「南洋もの」のファンが多いのである。異国情緒の風俗といえば着ているものが筆頭ではないだろうか。

ちなみにモーム『雨』作中に出てくるサモアラヴァラヴァというのはハワイでいうパレオのことである。長方形の布をからだに巻き付けてつかうものだ。バリ島だとサロンという。同じものである。

ちなみに私(サンダルマン・ハルト)はこのラヴァラヴァ(サロン)を日本でも使用できないものか試したことがある。

なぜって日本はサモアと同じく島国であり、日本の夏はサモアに負けず劣らず蒸し暑いから。

裸に布一枚巻くだけのサロンに防寒効果はほとんどないから冬は論外である。夏限定で使えないものかと試したのだが、結果は……私には向いていなかった。

何が向いていないって、内股どうしが汗でくっつくのが気持ちが悪いのだ。

もっとはっきりいうと、(夏なので)汗ばんだ陰嚢がぺちょっと内股にくっつくのが気持ちが悪いのだ。

パンツをはいていれば陰嚢と内股が直接ふれあうことはないのだが、サロンだとどうしても直接ふれあうことになってしまう。

さらにいえば落下したら即、下半身真っ裸だし、座り込んでもモロ見えの可能性がある。

それしかないのならしかたがないが、わざわざサロンを腰に巻いて過ごす実用的なメリットは感じられなかった。

めちゃくちゃ涼しいのなら話しは別だが、股間がむれるほどしょせんは暑いのだ。だったらはじめから内股の汗をパンツの布で吸い取ってもらったほうがいい。

カンボジアにはクローマーといって、帽子にもパンツにも、肩掛けにも、服にも、カバンにも何にでもなる万能布がある。他国ではパシュミナという名前で売られている。日本でいうストールのようなものだ。

そのパシュミナも文化の輸入として日本で活用できないか試したこともあるのだが、結局、万能なのはいいが、すべてにおいて中途半端なのだ。残念ながら。

基本的にサロンなどは一枚の長方形の布しか織る技術がなかった頃の産物なんだろうと思う。

万能というのは、万能に使わざるをえなかったためにそう呼ぶだけで、すべてにおいて専門品にはかなわない。

頭に巻いて帽子にするには庇が足りないし、着脱が不便で頭がむれる。

服として体に巻くにしても、化繊Tシャツの方がずっといい。

普段使いにパレオを腰に巻くよりも、おとなしくパンツをはいた方がいい。

ただし不自由さ、異国情緒を楽しむというのなら話しは別だ。

実用品としては今一歩な「大判の布」であるが、嗜好品として使うのであれば楽しめる。

普段着とまるで違うから、気分が大きく変わる。

たとえば家の中だけ着るとか、ビーチでのみ使うなど非日常の使用をするぶんにはとても楽しいアイテムだと思う。

ひとり一着ぐらい持っていても損はない。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました