エロい笑い話「わたしパンツ履いてくればよかった」ノーパン事件

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの人生を旅しながら走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

スポンサーリンク

エロい笑い話「わたしパンツ履いてくればよかった」ノーパン事件

昔、仕事で、和室で会合がありました。職場の数名が人前で説明をするという仕事でした。

その数名の中に女子社員がいました。彼女はスカートを履いていました。そこそこのミニスカートでした。

彼女は畳の上の座布団を眺めてこう呟きました。

「和室か……しまった。あたし、パンツ履いてくればよかった」

おまえ、ノーパンかよ!! 私はビックリしました。

とりあえず最初のご挨拶は座布団の上に正座です。正座すると、さらにスカートの裾が上がってしまいます。

正面に座った人にオマタの中身が見られてしまわないかと、彼女はそれを気にしていっしょうけんめいスカートの裾を下げてオマタを隠そうとしています。

私はそちらが気になって仕方がありません。大事件に発展しないかとハラハラしました。

その仕事はなんとか無事に終了しました。彼女もオマタの中身を見られずに済んだようです。

帰り際、私はこっそり聞きました。

「きょう、ノーパンだったの?」

彼女はキョトンとしていました。

さっきの独り言が聞こえたことを話すと、彼女は呆れたように教えてくれました。お察しのいい方はもうお気づきかと思います。

彼女は「スカートではなくズボンを履いてくればよかった」と言っていたのです。アメリカではズボンのことをパンツというのですね。

まぎらわしいなあ。露出プレイかと思ってドキドキしちゃったじゃないか。

スポンサーリンク

ウチの妻は冬になるといつもノーパンです。

ウチの妻は冬になるといつもノーパンです。

旦那さまへの献身的サービスかって?

残念ながらまったく違います。

寒くなるといつもパンツを履かずにタイツを履いているからです。だからノーパンなのでした。

世間の男性たちが期待するようなノーパンというのは残念ながら極めてまれだといえるでしょう。

パンツを履いたサル」それが人間です。みんなパンツを履いているのです。

タイトルとURLをコピーしました