【実体験】楽天市場で注文した商品がアマゾンから発送されることがあります。

パソコン。インターネット。テクノロジー。ブログ
スポンサーリンク
『ドラクエ的な人生』とは?

心の放浪者アリクラハルトの人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

書籍『市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)』。小説『ツバサ』。『通勤自転車からはじめるロードバイク生活』。『軍事ブロガーとロシア・ウクライナ戦争』。Amazonキンドル書籍にて発売中。

YouTube動画

vehicle-night-in-japan

スポンサーリンク

あなたはブラックフライデーで何を買いましたか?

本日(2023年11月26日)のことです。呼び鈴が押されて扉を開けると宅配便が届きました。中身には身に覚えがありました。数日前にたまっていた楽天市場のポイントでお買い物をしていたからです。ブラックフライデーのセールになるのを待ちわびてお買い物をしたのでした。ちなみに吟味に吟味を重ねた上で買った商品はこちら。

このヘッドライトは読書用です。ベッドで本を読むときに使えるように軽くて明るすぎないものを吟味して選びました。私は最強の読書灯はヘッドライトだと思っています。ヘッドライトならば寝転がろうが上向きだろうが俯せだろうがどんな格好でも本を読むことができます。固定のライトは寝返りを打った時などにどうしても影ができるので読書灯としてヘッドライトにはかないません。

もうひとつ、アウトドア用マットを購入しました。これは持っていたインフレーターマットが経年劣化により空気漏れしてもはやマットとして役に立たなくなったために購入したものです。アウトドアマットの超ロングセラー。サーマレストのクローズドセルマットレスです。ポイントは183mmの全身用のものではなく、130mmの上半身のみ用スモールサイズを選んだこと。ときどき登山でテント泊をすることもあるのですが、足の先までマットがある意味はあまり感じたことがありません。上半身だけで十分です。その分荷物も小さくなります。テント泊以外でもレジャーシートがわりに使えます。

スポンサーリンク

楽天で注文した商品がアマゾンから届くとは

ところでなぜこんなブログを書こうかと思ったかというと、買ったもの自慢をしたかったわけではなく、宅配便が「アマゾンのお届けものです」と言ったからでした。はぁ? 楽天市場で買い物をした覚えはありますが、Amazonで何かを購入した覚えはありません。

しかし送り先の住所氏名に間違いがなかったため、不審に思いながらもアマゾンからの集配物を受領しました。さっそく中身を確認すると、中身は私が発注したヘッドライトでした。驚きました。楽天で注文した商品がアマゾンから届くとは……。

ネット上の発注履歴を見ても私の勘違いではありません。今回Amazonからは何も買っていません。

「流通を制する者が資本主義を制する」『全裸監督』で村西とおる氏も言っています。Amazonの凄さは流通まで自前でやってしまうところにあります。楽天は既存の宅配便業者を使って発送していますよね。

しかしアマゾン、楽天に商品を出品している業者の立場になってよく考えてみれば、発注をとって商品をお届けできればいいのですから、Amazonの倉庫に商品を保管しておき、楽天から発注があった場合も、Amazonの倉庫に配達依頼をすればいいだけのことです。

アマゾンにしても配送料金がもらえれば別に楽天だろうが他のEコマースだろうが構わないのでしょう。そもそも業者の依頼で発送しているだけで、その業者がどこの窓口で注文をとったかなんて関係ないのかもしれません。

なるほどそういうこともあるんだなあ、と驚いた事実の裏側を納得した次第です。

スポンサーリンク

宅配便の代引き詐欺(Amazonポイント詐欺)に注意

わたしはまだ経験したことがありませんが、世の中には宅配便の代引き詐欺というのがあるそうです。突然、宅配便の業者が自宅に来て「代金引換のお荷物のお届けです」というのだそうです。「あれ? 家族の誰かが頼んだかな?」と思いながらお金を払って荷物を引き取ると実は家族の誰も発注していないのでした。

これはアマゾンポイント詐欺です。アマゾンで発注するとポイントをもらえるという仕組みを利用して不特定多数に代金引換の荷物を発注して取引が成立したら発注者(詐欺師)がポイントをゲットできるという悪だくみです。プレゼントなどで、商品は注文者とは別の場所に届けることができますので、それを利用しているんですね。

しかし現実的に玄関口で荷物の受領拒否するのはなかなかハードルが高いのではないかと思います。私もときどきアマゾンや楽天をポチっておいて、荷物が来てから「ああそうだ、頼んだっけ」と思い出すことがありますので。何かが急に届いたら嫁が発注していた化粧品だったりふるさと納税品だったり。

お金を払ってしまった場合には、ダンボールを開封せずに、Amazonや宅急便の会社に電話で相談してください。

スポンサーリンク

代金引換に荷物には注意。それ以外はとりあえず受領して大丈夫

このように宅急便の荷物というのは、誰が何を頼んだか把握できていない場合が多いので、とりあえず受領してしまうと思います。私も今回アマゾンから来た荷物を不審に思いながらも「とりあえず受領」してしまいました。すると楽天に発注した品だったのでビックリしたというわけです。

みなさんも代金引換の荷物だったらもうちょっと用心するでしょうが、宅急便の荷物なんてとりあえず受領してしまうだろうと思います。宅急便の荷物を玄関で受領拒否するのは難易度が高いですよね。

みなさんの中には「おれは楽天派。Amazonなんて絶対に利用しない」なんていう楽天経済圏で生きている人もいるかと思いますが、ある日突然アマゾンから商品が届いてビックリする人もいるかもしれません。

楽天市場で買ったものがアマゾンから届くことがあります。驚きですが、これは事実です。この私が実体験しているので間違いありません。

突然のアマゾンからの宅配便は受領してしまって問題ありません。

タイトルとURLをコピーしました