SEOとは検索エンジンに見い出してもらう方法

パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEOって何だ?

ハルトです。当サイトも開設以来、半年を過ぎ、記事を書きまくっていますが、残念ながら読んでくれている人がたくさんいるとは言えない状況です。

そこで何が原因なのか、身内では一番パソコン・ブログに詳しいダイに聞いてみることにしました。

ハルト「おーい。ダイ。ブログを書きまくっているけれど、検索ヒット数がいまいちなのはどうしてだ?」

ダイ「うーん。きみは元々プロの物書きだから書くことは得意だけれども、SEOとか全く気にしないからなあ」

ハルト「SEOって何だ?

スポンサーリンク

SEOとは検索エンジンに見い出してもらう方法

ダイ「たとえば芥川賞とか受賞した一流作家がブログをやっても大ヒットするとは限らないんだ」

ハルト「どうしてだ? 文章うまいだろうに」

ダイ「作家になるには一人の編集者に見出してもらうことが重要だけれど、プロブロガーになるには検索エンジン(google)に見出してもらわなければ無理なんだよ。検索して上位ヒットしないサイトなんて、店頭に並んでいない本みたいなもの。存在さえ知られてないのに誰が読む?

ハルト「なるほどそうだね。それがSEOか」

ダイ「そういうこと。検索最適化Search Engine Optimizationの略だね。文豪の大作だって、このSEO対策が適当でないと検索されず、誰にも読んでもらえないってことになる」

ハルト「なるほど。ウチのサイトのPV(ページビュー。見てくれる人)がすくないのはそれが原因か?」

ダイ「内容云々よりも、真っ先に検討しなければいけない部分ではあるね」

ハルト「SEO目線で言うと、ウチのサイトのどこに問題があるのだろうか?」

ダイ「まずはゴジオタ記事(後日書きます。お楽しみに)ってやつが多すぎるよ。いったいいつ書くんだ?(現在は撤去済)」

ハルト「書くネタばかり次から次へと思い浮かんで、書き上げる時間がないんだよ」

ダイ「そういうときは「下書き」に保存して「公開」しない方がいいんだよ。

Googleという検索エンジンは検索した人にとって有益な情報が書き込まれているサイトを上位表示して、ゴミサイトは検索から排除するという大方針で運営されているんだ。

だから「後日書きます。お楽しみに」みたいなわずか一行の下書きレベルばかりのサイトはゴミサイトと判断されてgoogleという神が支配する世界からは排斥されてしまうんだよ」

Σ(゚д゚lll)ガーン

ハルト「ウチのサイトはゴミサイトと認識されているのか! 即刻ゴジオタ記事は「下書き」に移動させよう」

ダイ「ツイッターにツイートした方がいいぐらいの短い文章ならば、ブログではなくツイッターに投稿した方がいいんだよ。

Googleは機械だから本当の意味では読んでいる人間にとって有益な記事かどうかは判断できない。

けれど「一般的に短い文章は内容がない」と判断して低評価を下すということだ」

ハルト「『世界は1冊の本だ。旅をしない人はいつも同じページしか読んでいないのようなものだというアフォリズムは百万語よる雄弁な思想を含んでいるのに

ダイ「大量のゴミとわずかな砂金よりも、砂金を捨ててもごみを捨てることの方が重要だったんだ。世界にゴミがあまりにも多すぎたから。それがネット世界の住人のためだったんだよ

スポンサーリンク

太字にして検索エンジンにキーワードを伝える

ハルト「SEO目線で、他にも何か改善点があるかな?」

ダイ「強調したいキーワード太字に強調して検索エンジンに伝えた方がいい。

何の記事だかGoogleというロボットには本当の意味では理解できない。

「キーワード」と「その他のワード」の重みの違いがわかるのは文章を理解できる人間だけだ。

だから太字にしてキーワードをGoogleに伝えてあげる必要がある。

それをやらないと言葉(ワード)の出現頻度だけで何の記事だか判断してしまうかもしれない」

ハルト「たとえばこの記事で太字でキーワードを強調しなかったら一番出現頻度の高いハルトという私の名前をキーワードにした記事と判断されるかもしれないってことか

ダイ「そういうこと。この記事はページビューを増やすためのハウツー記事なんだから、それを太字にしてGoogleに伝えるんだ」

ハルト「いっそ全部太字にしてあらゆる可能性に対してヒットするようにサイトを作ったらどうかな?」

ダイ「全部、太字じゃあ読みにくいでしょうが。「掃き溜めに鶴」だからいいんだよ。全部太字じゃ「闇夜のカラス」だ。

迷ったら「読者がわかりやすい」サイトだ。そう思っておけば間違いはない」

スポンサーリンク

ネットの世界では、文豪も言葉の選択が変わる

ハルト「なるほど。奥が深いな。SEOの知識がないとどんな大作家が書いてもダメだってことか」

ダイインターネットの世界で文章を書こうとしたら、文豪も言葉の選択が変わってくるかもしれない。たとえば「旅行」と検索したら「旅」は検索ヒットしない。しかし「旅行」は「旅」で検索してもヒットする。だったらよほどの理由がない限り「旅」より「旅行」という言葉を使った方が有利なわけだ」

ハルト「私はそういうの完全に無視しているからなあ。だから検索上位にヒットせず、訪問者が少ないというわけか」

ダイ「GOOGLE語といってもいい言葉遣いをするべきなんだ。迷った時は短い単語よりも長い単語の方が検索には有利だ。「車」よりは「自動車」と書いた方が検索には有利なんだ。こういうのは後から修正するのはたいへんだし、ゴミサイトと判断される前から対応しておいた方がいい。

ブログ開設当初から、ただやみくもに書くのではなく、正しい知識でやった方が検索結果がはるかによくなるってことだよ」

ハルト「はじめから知っていれば、こんなことにはならなかったのに……修正しておこう。まだ間に合うかな?」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ここで、ハルトが申し込んだレンタルサーバーはこちらです。

自動的にワードプレスがダウンロードできる仕組みがそなわっています。

安定性も抜群で、閲覧ストレスもありません。

あなたも一緒にブログをはじめてみませんか?



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました