厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の大逆襲劇を描いています。

これは池井戸潤原作ドラマのような企業のドラマチックな大逆転劇ではないでしょうか?

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「頭のよさで走り勝つことはできるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

厚さは速さだ。ナイキの厚底ランニング・シューズについて

役所広司主演ドラマ『陸王』の核のひとつは、薄い靴底でミッドフット着地するのが人間本来の走り方であって、厚底シューズで踵着地する走法はやめたほうがいい、という理屈であった。

市民ランナーのランニングシューズの選び方(ちんば練習)
決戦用ランニングシューズは、左右別のシューズを履いて走るチンバ練習トーナメント戦の末に選ぶのがおすすめです。 走るスピードで体の前傾具合や、靴底が接地する位置などは変わってくるから、レースシューズはレーススピードで走って選ばないとダメなのです。

その理屈をベースに、架空のシルクレイという新素材で薄くて丈夫なソールをつくり、足袋屋の製造技術でアッパーを縫い付けて新発想のランニングシューズをつくった。その新しいコンセプトのシューズで中小企業が生き残りを賭けて大手ランニングシューズメーカーと企業戦争をするという物語であった。

厚いソールでヒールストライクする走法は故障を誘発しやすい、というのは名著『BORN TO RUN 走るために生まれた』から世界中に広まった走法革命の理論である。

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。

その 世界的ベストセラー『BORN TO RUN』で主役をつとめたのはララムリ族
薄っぺらな裸足感覚のサンダルで走る「走る民族」であったが、実は作中で悪役だったのはナイキ(NIKE)である。

Nike. Just Do It. Nike.com (JP)
NIKEの最新情報のチェックおよび新商品の購入はナイキ公式オンラインストアでどうぞ。

ランナーを人間本来の走り方から遠ざけて、脚の故障を誘発する厚底シューズを量産する営利優先の悪役企業として作中にナイキが登場している。

ララムリと死闘を繰り広げるアン・トレイソンも実はナイキの刺客である。

ランナーのバイブルの中で、完全に悪役にされてしまったナイキであるが、そのまま黙ってはいなかった。『BORN TO RUN』や『陸王』のような本が売れてみんなが裸足感覚の薄いソールを真似するようになると、その反動からか、逆のものがでてくる。

最近では「厚底のシューズの方がマラソンを速く走れる」と言われるようになってきた。
仕掛けたのはナイキだ。

キャッチコピーは「厚さは速さだ」。

そのナイキの逆襲劇を見てみよう。

スポンサーリンク

ナイキの挑戦。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」。記録を塗り替える魔法のシューズ

世界ではキプチョゲが、日本では大迫傑が厚底のナイキのランニング・シューズ『ズーム ヴェイパーフライ 4%』で記録を更新した。

ナイキのキャッチコピーは 『厚さは、速さだ』 。これは明らかに「誰か(何か)」を意識したキャッチコピーである。

世界中が裸足感覚の薄いソールに注目する中で、厚底こそ速く走れると真っ向から勝負を挑んできたのだ。

ナイキの逆襲だ。

『厚さは、速さだ』 が 誰に向けて発したメッセージか、もう明らかだろう。

『BORN TO RUN』であそこまで悪役にされなかったら、 こんなコピーは生まれなかったに違いない。

それどころか『ヴェイパーフライ』という厚底にこだわったランニング・シューズそのものが誕生していなかったかもしれない。

私はここにナイキの意地を感じる。

4%なんて変な名前は、すべてのランナーの走行効率を平均4%向上させる、という意味から命名したらしい。「統計なんだよ。信じなさい」というナイキの意地である。

バカ売れした本で信じられた信仰は、統計によって数字で覆すしかない。

「記録を塗り替える魔法のシューズ」ヴェイパーフライ は、別名ドーピング・シューズとも言われている。

すべてのランナーのランニング効率を平均4%も向上させる秘密は、靴底に仕込まれたカーボンファイバー製のプレートにある。

靴底に仕込まれているカーボンプレートの反発力を宙に浮くためのバネに利用しているのだ。

素材が元に戻ろうとする力=すなわちバネ。
それを推進力に利用できれば、速く走ることができる理屈である。
それゆえ一部ではドーピングシューズとさえ言われているのだ。

分の力以外のものを走るために利用しているからである。

スポンサーリンク

ナイキの逆襲。悪役にされた意地が完成させたランニング・シューズ

「そもそもそんなシューズを利用してもいいのか?」ですって? 

もちろんいいのだ。私はそう思っている。

そもそもランニングシューズの靴底にプレートが入っているのは昔から普通のことである。

プレートによって衝撃を吸収するという発想は昔からあった。

靴底のプレートのしなりを推進力に変えるという発想も昔からあった。

ナイキはプレートの素材を変えただけなのだ。

完全に企業努力の範疇だと思う。

プレートのしなり(反発力)を走行効率に変えるためには、斜め前方にブーストできるように装着する必要がある。そのときに高さ(斜度)が必要なのだ。つまり靴底の厚みが必要になってくるわけだ。

だから 『厚さは、速さだ』となるのである。

「見たか、クリストファー・マクドゥーガル!」ナイキ技術陣は叫んだであろう。

ナイキの意地なしにこの魔法のシューズは完成しなかったに違いない。

ヴェイパーフライをAmazonで買う

スポンサーリンク

厚底シューズの方が薄底シューズよりいいと結論するのは早計

ところで、ヴェイパーフライがレコードを次々と更新する大成功をおさめたために、ときどき「薄底よりも厚底シューズの方がいいだ」と勘違いする人がいるが、そうではないことをはっきりと書いておきたい。

厚底シューズというのは昔から存在していたのだ。スポーツショップのランニングコーナーに行ってみればわかる。初心者用のランニングシューズはたいてい厚底だ。

だから『厚さは、速さだ』というキャッチコピーは厳密には間違っている。どの厚底シューズでもいいというわけではないのだから。

ヴェイパーフライでなければだめなのである。

スポンサーリンク

靴底にバネがついていても、それだけでは速く走れない

発明家ドクター中松のジャンピングシューズ『ピョンピョン』みたいに靴底にばねがついていても、それだけでは速くは走れない。

連続してバネの反発力を利用するためには、踏み込むタイミングが重要である。

ピョンピョンが早く走れないのは、タイミングがあわないと踏み込むときの力をバネが吸収してしまうからである。

ジャンプする瞬間にバネが効いてくれればいいが、踏み込む瞬間にバネが効くと逆にクッションになってしまい、まるっきり地面からの反力を得られないのだ。

走るリズム(ピッチ)がカーボンの反発タイミングにあっていればいいのだが、そうでなけばシューズのサポートは邪魔になるだけだ。

ヴェイパーフライを履きこなすには、プレートの反発力タイミングと走者のピッチがあっていることが必要なのである。

プレートの反発リズムにあった一定のピッチでゴールまで走りとおすだけの脚力が必要になる。

エリートランナーは一定のピッチで走り続けるだけの力があるし、練習を重ねて、靴のリズムと自分のピッチをシンクロさせることにも成功している。自分のオリジナルシューズを作ってもらえるレベルのトップアスリートならば、靴のほうがランナーのピッチに歩み寄ってくれる可能性もある。

しかし市民ランナーの場合、プレートの反発リズムに、人間が合わせなければならない。

『ヴェイパーフライ』で記録を更新するためには、走法の改造の必要があるのである。

ピッチをカーボンの反発タイミングに合わせなければならない。

靴が人間にあわせるのではなく、人間が靴のリズムにあわせなければならないのだ。

スポンサーリンク

靴が人間にあわせるのではなく、人間が靴のリズムにあわせなければならない 時代が来た

マラソンのピッチは1秒間に3歩、180BPMが理想とされている。

だから『ヴェイパーフライ』の反発リズムもそのあたりを狙っているだろうと思う。

最大多数の最大幸福理論から言えば、この反発タイミングを採用するしかないはずだ。

ところがアスリート系ランナーならばスタートからゴールまで一定のピッチを刻むことができるが、レベルの低い市民ランナーはそうはいかない。

ストライドを狭めてもプレートの反発リズムにあわせたピッチを刻まなければならないが、それが吉とでるか、凶と出るか? 

それはその市民ランナーの走力次第である。

スピードというものは、滞空時間で稼ぐものなのである。ピッチよりもストライドの方が重要なのだ。

『厚さは、速さだ』 というのは、踵着地(ヒールストライク)を推奨しているわけではない。

厚底なのはカーボンプレートの反り返り(バネ)を発生させて斜め前方へのジャンプを助けるためである。 『踵落としを効果的に決める走法』で説明したように、厚底でもなおフォアフット~ミッドフット着地できる走法が必要なのである。

エリートランナーはそのようにして走っている。

ソールのカーボンの反発力を利用しようとランナーが意識すればするほど、結果としてミッドフット走法になっていることだろう。ソールのプレートは走法改善のきっかけにすぎなかったかもしれないのだ。プラシーボ効果のように。

ナイキのカーボンプレートは宇宙開発由来の素材だという。いかにもアメリカらしい。

ナイキの意地に大拍手を送りたい。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

それにしてもナイキはソニーと似ているなあと思う。

私はナイキのソーラーソフトサンダルの大ファンである。似たようなサンダルは他にない。唯一無二の製品を出してくるため、他社を選べないのだ。

まるで「こはぜ屋」の陸王のように。

NIKEの「ヴェイパーフライ」この靴を現役時代に履きたかった。時代は変わるものである。

ヴェイパーフライのお求めはこちらから

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました