トレイルランニングは足で負けても、目で勝つことができる

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このページでは、トレイルランニングをこれからはじめようかと悩んでいる人に、先輩ランナーがお誘いする内容になっています。

トレイルランニングはランニングであると同時に、アウトドアアクティビティでもあります。

路面から受ける様々な刺激が脳を活性化させてくれます。

トレランは大人の障害物競争だ!!

野山の中で子供のように走ることは、仕事ストレスを解消してくれる最高の方法だと思っています。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルト(アリクラハルト)と申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ホノルル、ユングフラウマラソン、ロトルア、ニューカレドニアなど海外マラソン歴も豊富。月間走行距離MAX600km。雑誌『ランナーズ』で数々の記事を執筆していた物書きです。「頭のよさで走り勝つことはできるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走などなど。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。NYとハワイを別とする数え方なら訪問都市は100都市をこえています。元帰国子女。国内では車中泊の旅で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

夢は海外移住。希望移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

近くに里山がある人はトレイルランナーになろう

スポーツでもあり、アウトドアでもある。それがトレイルランニングです。

路面から受ける様々な刺激が脳を退屈させません。

野山の中で子供のように走ることは、仕事ストレスを解消してくれる最高の方法だと思っています。

走友たちと走った山々は最高でした。楽しかったなあ。

とくに近くに里山がある人がうらやましくてたまりません。

私の場合はいつも電車で山に通ってトレランしていました。

青梅の山々がトレーニングコースでした。青梅、遠いんだよなあウチから。

それでも通ったのは楽しかったからです。

ダイトレ(金剛山ダイヤモンドトレイル)なんかも走ったことがあります。旅ランもトレイル版にすると市街地版よりもっと楽しいですよ。

トレランは最高です。このページを読んでいる人で迷っているなら、ぜひ挑戦してみてください。

近くに里山があるというだけでトレイルランナーになる価値がありますよ!!

スポンサーリンク

足で負けても、目で勝つことができるのがトレイルランニング

とにかくトレランでは目を使うことです。コースの先まで見なければトレランは走れません。

足で負けても、目で勝つことができるのがトレイルランニングです。

足が速くてもルートが読めなければ、トレイルで速く走ることはできません。

崖の手前で急カーブするようなコースは珍しくありません。

そんなところで全力疾走していたら崖から転落死してしまいます。

そのほか、転倒のリスク管理も重要です。

土の道。足裏への着地の衝撃が小さい分、いつもと同じ着地強度を求めて自然と足が速くなります。ぬかるみに注意ですよ。

石の道。石の道では浮石に注意。

木の根の道。木の根の道は滑ります。

苔むした岩。滑りそう!!

稜線の道。稜線の道は強風に吹き飛ばされそうになることがあります。

木の階段。こけたらアウトです。

市街地のアスファルトランニングと違い路面が単調でないため、本当に視覚が重要になります。

路面状況をよく見極めなければなりません。

反射神経も重要。リスクに瞬時に反応しなければならないのです。

ピークを避けて、巻き道を選ぶなど走れる道を選ぶことがトレランのコツです。

そのためには登山家と一線を画し、ピークハントにこだわるのはやめましょう。

スポンサーリンク

服装、アイテム、ギア

吸湿、速乾性と保温性を兼ね備えたウェアで走ることが重要です。

帽子は必須

帽子は必要。岩とか木の枝とかにゴツンとやる場合があるのがトレランです。

帽子がなかったら流血していたかも、という場面を私は何度も経験してきました。

ふくらはぎは出さない方がオススメ

ふくらはぎを出して走る人も多いと思いますが、草っぱらを走ると草に擦れてストレスを感じるときがあります。

私は上のような着圧式の脚絆(ゲートル)を必ずつけて走りました。
段階式着圧で血を戻して疲労回復してくれるという商品ですが、草っぱらストレスを回避できるだけでも丸もうけの商品です。

ザックはバックパックかベストかに分かれる

ザックは大きく分けて2種類あります。

普段使いにもなるバックパックタイプと、ちょっと普段使いはどうかな~というベストタイプです。

まずはザックタイプ。



背負うタイプのザックはデイパックが薄くなっただけなので街中で普段使いしても目立ちません。

トレランで走るときにはお尻をプリンと後ろに突き出して、そこにザックを乗っけるようにして走るといいですよ。

お尻を後ろに突き出す走りは、腰高のいいフォームで走れている証です。

次にベストタイプ。

重量を前後に分けて背負うタイプです。

天秤走法ヤジロベエ走法のザック版と言えるでしょう。

ライバルに走り勝つための戦闘フォーム『ハサミは両方に開かれる・天秤走法』
「ハサミは両方に開かれる・天秤走法」とは、脊柱を直立・中立させて、地面を蹴るのではなく、空中で膝を突き出す走法のことです。
走りの技術。ヤジロベエ走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。

このタイプはデイパックとフォルムが違いすぎるため、街中で使うとギョッとされます。

レースの時専用ですね。

トレランシューズは二種類の設計から選択する

シューズもトレイルランニング専用のシューズを履いた方がいいでしょう。

雨対策ですが、考え方は二つしかありません。

ゴアテックスのように濡れないようにするか、サンダルのように濡れてもすぐに排水するか。

そのどちらかです。

レースの時期などで選択すべきです。夏場ならサンダル的な排水重視、冬場や高所ならゴアテックス的な防水重視のシューズを選んだ方がいいと思います。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

トレイルランニングをこれからはじめようかと悩んでいる人に、先輩ランナーが力いっぱいお誘いしましたが、いかがだったでしょうか?

トレランをはじめてみようという気になっていただけたでしょうか?

トレランはランニングと違って前だけに進むとは限りません。

次の足を置くべき場所が、ヤバい場所だった場合、サイドステップを刻んで横っ飛びしないといけないときもあります。

木の根の道を下る時、細かいつま先立ちのステップで障害物を避けて走るのですが、時々、自分がランナーなんだかダンサーなんだかわからなくなる時があります。

レースに出ると下り坂では命知らずがカミカゼみたいにツッコんできます。まともなランナーが勝てる世界ではありません(笑)。

そういうところも含めて、トレランは面白いですよ。

トレイルランニングはランニングであると同時に、アウトドアアクティビティでもあります。

自然の中で楽しむアウトドア要素の強いアソビなので、その分、ランニングでは勝てない相手に勝てたりします。

夜通し走るレースでは、ライトの使い方の上手下手がスキルとして重要だったりします。雨や風に妨害されて走れなくなったりもします。

逆も真なり。ランニングで負けるはずのない相手に負けたりするのがトレランです。

そういう下克上なところも含めてトレランは最高です。

あなたもぜひ私たちの仲間になりませんか?

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました