ワードプレスをインストールする方法

パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサーリンク

エックスサーバーにワードプレスをインストールする方法

ダイとハルトはエックスサーバーというレンタルサーバーを利用して、インターネットの世界へと冒険の旅に出ることにしました。


さあ、いよいよゲームの始まりです。

 

ハルト「ところでワードプレスと言うのは?」

ダイ「無料で使えるブログ作成ソフトだよ。まあワープロみたいなものと思っていいよ。ワープロを打つ要領で、ブログを書き込むことが出来るんだ」

ハルト「なるほど。そうか」

( ̄へ ̄|||) ウーム

ダイ「レンタルサーバー『エックスサーバー』なら、ワードプレスの日本語版を自動インストールできるんだ

ハルト「インストールというのは、引っ張ってきて保存することだな?」

ダイ「そうだよ。自動インストールのボタンを押して、ドメイン名ブログ名ユーザー名パスワードなどを入力するだけだでワードプレスがすぐに使えるようになるんだ、簡単だろ?」

こうしてハルトはエックスサーバーにワードプレスをインストールして、ブログ開設の始めの一歩を踏み出したのでした。

スポンサーリンク

ブラインドタッチにはホームポジションが大事

ハルト「ワープロはなんとか打てるぞ」

ダイ「遅っ! ワープロ打つの遅いね」

ハルト「肉筆派なんだよ。時間をかければなんとかキーボード打てるんだが、ピアニストのようにワープロ打ちしている人のようなわけにはいかないなあ」

ダイ「ああ。ブラインドタッチだろ。慣れれば手元のキーボードを見ずに打てるようになるよ。ピアノを弾くよりずっと簡単だよ。指を置く基本の位置(ホームポジション)が決まっているからね

 

 

ダイ「頭にタマゴを乗せた本当の初心者なんだね。でも大丈夫。ブラインドタッチができなくたって、一本指打法だって時間をかければブログは書けるよ」

ハルト「人生における唯一の財産は時間であり、時間を失うことは人生を失うことだ。書くのが速いといいな

ダイ「慣れだよ。慣れれば誰だって速くなるよ。

これから、一緒にこのインターネットの世界を冒険できるように、レベルアップしていこう。

ここはひとまずサイトの運営者に徹して、ブログの環境設定や経営に関わることを先に学んでいこうよ」

まさかハルトがはじめはそこまでパソコン音痴だったとは! 大丈夫か、サンダルマン・ハルト!

まだ冒険の旅は始まったばかりだ。旅の仲間と出会えるまで、頑張れ、ハルト!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ハルトが飛び込んだ冒険の世界はこちらです。
エックスサーバーには自動的にワードプレスがダウンロードできる仕組みがそなわっています。

安定性も抜群で、閲覧ストレスもありません。

あなたもハルトと一緒にブログをはじめてみませんか?



著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました