Amazonアソシエイトしている者が、アマゾンプライム会員をやめても大丈夫か?

パソコン。インターネット。テクノロジー。ブログ
スポンサーリンク
『ドラクエ的な人生』とは?

心の放浪者アリクラハルトの人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

書籍『市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)』。小説『ツバサ』。『通勤自転車からはじめるロードバイク生活』。『軍事ブロガーとロシア・ウクライナ戦争』。Amazonキンドル書籍にて発売中。

YouTube動画

vehicle-night-in-japan

スポンサーリンク

Amazonアソシエイトしている者が、アマゾンプライム会員をやめても大丈夫?

わたしはながらくアマゾンのプライム会員でしたが、ネットフリックスなどの他者のサブスクリプションが気になるので、そちらに浮気をして、しばらくの間、Amazonプライム会員をやめようかと考えています。

ところでアマゾンアソシエイトをしている者が、アマゾンプライム会員をやめても大丈夫でしょうか。アフィリエイト参加資格の取り消しのようないじわるをされることはないのでしょうか?

スポンサーリンク

結論。Amazonアソシエイトしている者が、アマゾンプライム会員をやめても問題ない。

結論ですが「Amazonアソシエイトしている者が、アマゾンプライム会員をやめても問題ありません」

プライム会員を退会すると、Amazonアソシエイトをやる資格を失ってしまうのか、と心配している人いたら(私もそうでした)、心配ありません。大丈夫です。

スポンサーリンク

プライム会員はやめたいが、アマゾン・アソシエイトはやめたくない人の場合。やめても問題ありません。

私はアマゾンプライムでアソシエイト(アフィリエイト)をしています。アソシエイト(アフィリエイト)というのは、こちらのブログから商品が売れてくれればいくらかの紹介料が私の手元に入るという仕組みですね。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※プライムビデオの無料体験を新規登録する※

アマゾンプライム会員に登録するとアマゾン通販の送料が無料になるほか、約10,000本のプライムビデオ(無料特典・購入)を視聴することが可能になります。

ビデオ視聴サービス(ネット配信)の中でもっともおすすめなサービスです。

まずは30日間の無料体験からどうぞ。

アマゾンプライム会員登録のしかた(無料体験だけして解約する方法)
このページではパソコンを使用したAmazonプライム会員に登録するやり方を解説しています。 Amazonプライムビデオを視聴するためには、Amazonプライム会員に登録しなければなりません。 プライムビデオを視聴する=Amazo...

アマゾンプライム(プライムビデオ)を無料体験してみる

最初に結論を述べた通り、アソシエイトに参加することと、プライム会員に登録することは別の話しです。その証拠として、プライム会員でなくても、Amazonアソシエイトの審査を通ることがあげられます。

スポンサーリンク

アマゾンアソシエイトをやれば、商品紹介にかこつけて画像を貼り付けることができる。

世の中には、ブログは書いているけれど、別にそれでおこづかい稼ぎをしようとは思っていない人がいます。そういうブロガーはアマゾンアソシエイトをやっていません。しかし「商品紹介」とか「おこづかい稼ぎ」とかに興味がなくても、Amazonアソシエイトはやったほうがいいとわたしは思います。

というのは、アマゾンアソシエイトの裏技として、商品紹介にかこつけて画像を貼り付けることができるからです。そういう意味で全ブロガーにとってアマゾン・アソシエイトへの参加は必要条件だといっても過言ではありません。

アマゾン・アソシエイトの裏技。サーチウィジェットをワードプレス(コクーン)に表示させる方法

「商品紹介にかこつけて画像を貼り付けることができる」というのがどういうことかというと、たとえば読者に世界三大名画ベラスケスの「ラス・メニーナス」について語りたい時に、手元に「ラス・メニーナス」の写真がなかったら、記事のインパクトが弱くなります。そういう場合、Amazonから画像を貼り付けて使えばいいのです。このように。

この場合、売れることは別に期待していません。ただ「ラス・メニーナス」について語りたいだけです。

世界三大名画の謎

ただしAmazonアソシエイト上では「商品紹介」アフィリエイトということになっています。上の画像をクリックするとアマゾンにリンクが飛んで、購入されると私に紹介料が入るという仕組みですね。ためしにクリックしてみてください。(料金は発生しません)

スポンサーリンク

Amazonアソシエイトは全ブロガーがやるべき理由

このようにアフィリエイトに興味がなくても、Amazonアソシエイトは画像表示につかえます。そのことがブログ記事をたすけてくれます。

たとえばジョーズについて語りたかったら、ぜひホオジロザメの絵が欲しいところですよね。そういうときに商品紹介にかこつけて絵をAmazonから引っ張ってくればいいのです。

このように。

海洋動物最強ホホジロザメ対シャチ。どっちが強いか少年にもわかるように解説してみた

この手はいくらでもつかえます。

オードリー・ヘップバーンについて語りたかったらこのように。

アントニオ・ガウディーの建築について語りたかったらこのように。

ワンピースについて語りたかったらこのように。

商品紹介にかこつけて、いくらでも画像を引用することができます。

Amazonアソシエイトはすべてのブロガーがやるべきだ、という理由がおわかりいただけたでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました