車で日本一周達成して思うこと。車で日本一周するのなんて簡単だ。とてつもなく簡単だ。

スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

ツイッターでフォローしあっている車中泊のグループの何人かが、GW中に日本一周を終えた。

私は「青春18きっぷ」を利用した鉄道旅ですべての都道府県(沖縄は除く)に行ったことがありますが、クルマで日本一周したことはありません。

しかし、昨年のGW千葉⇔山口往復10日間。今年のGW千葉⇔島根往復10日間を終えて、これですべての都道府県を車でも回ったことになります。北海道や沖縄は飛行機で行ってレンタカーで回りました。

電車日本一周車日本一周も、連続して行ったことではありませんが、お遍路や東海道53次も分断しても「達成」ということになるのですから『車で日本一周達成』『電車で日本巡り達成』と言ってもいいと思っています。

通してではありませんが『車で日本一周』について感覚的に理解できることがあります。それは「クルマで日本一周するなんて簡単だ。それもとてつもなく簡単だ」ということです。

むしろ電車で日本を周遊した時の方がずっと大変でした。持ち運べる荷物にも限りがありましたし、そもそも金銭的にも大変です。

野宿するようなガッツはなく、温泉宿を転々とさすらったので、とにかくお金がかかりました。宿以外では電車で座っている時以外は基本的には徒歩であるため体力的にもきつかったです。その点、車は目的地の点でしか歩きません。ほとんどシートに座っていてラクチンでした。車中泊ですので、本当に疲れたら昼間だって横になって眠れます。

横になって眠れるというのは本当に疲労が回復する方法です。電車旅だと夜まで横になる機会はありません。

車中泊で日本一周なんて、はっきり言ってとてつもなく簡単なことです。

「退職したら、キャンピングカーを買って、クルマで日本一周してみたいです」

なんて将来の夢みたいに言う人がいますが、いやいや、それは夢とも言えないほど簡単なことです。仕事が忙しくて休暇を取れないから、そこから逃げ出したい、というだけに過ぎません。車で日本一周は仕事をやめなければできないような大事業では決してありません。

大冒険に思えるかもしれませんが、そんなことはありません。

1か月~2か月もあれば、日本一周もうどこにも行くところがないほど、お腹いっぱいなことでしょう。

「お前はただ移動して素通りしただけだろう。旅は濃度が重要なんだ」という方は本ブログの旅コーナーをご覧になってください。「××に行きました。素晴らしかったです」だけでない旅ブログを書けるぐらいの濃度は保ってきたつもりです。

車中泊で日本を一周するのなんて、とてつもなく簡単なことです。

比較として自転車で日本一周することを考えてみましょう。私は自転車で日本一周をしたことはありませんが、パンクしない自転車にテントを積んで、二泊三日程度ならば野宿旅を何度もしています。

未経験者は「漕ぐ体力・脚力」を障害の第一に挙げると思いますが、経験者から言うと障害の第一は「宿泊場所を探すこと」です。それが一番難しいです。

あなたが上野のペデストリアンデッキで平気で眠れるようなタフな人ならば別でしょうけど、人目を気にする普通の日本人だったら、自転車で宿泊先を探すのはそんなに簡単なことではありません。人目につかず、テントを広げることは、けっこう難しいことです。

車中泊の宿泊場所の定番である「道の駅」だってそんなにたくさんあるわけじゃありません。

車ならすこし離れている「道の駅」に辿り着くことも、それほど苦ではありませんが、自転車だとそうはいきません。暗くなってから隣の隣の市の外れにある「道の駅」まで自転車を漕ぐとなると泣きそうになります。

仮に「道の駅」に辿り着いたとして、車だったらカースペースに駐車するだけの車中泊も、自転車テントだと「さてどこにテントを広げましょうか?」

 

そう簡単に、安住の地に辿り着けません。

さらにこれが自転車旅なら雨や風と戦わなければなりません。車なら雨も風も怖くありません。家ごと移動しているようなものですから。

車で日本一周は自分の快楽のためにやるものです。講演を開いたり、出版したりする人がいますが、とてつもなく楽勝なことをしただけなのに、いったい何を語るというのでしょうか(笑)?

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました