滅びの呪文バルスにつける二つのイチャモン

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク

金曜ロードショーで映画『天空の城ラピュタ』がやっていた。この映画で非常に気になったことがある。例の「バルス」である。

こんにちは、ハルト@sasurainorunnerです。

ここでは有名な滅びの呪文バルスについて二つの視点からイチャモンをつけようと思います。

スポンサーリンク

天空の城を陥落させる滅びの呪文「バルス」が短すぎる

天空に浮遊し、インドラの矢とも呼ばれる炎で地上を燃やすことができる超科学都市が、たったの一言、滅びの呪文『バルス』発動で、壊滅してしまう。

なんておそろしいことだろう。それゆえこの呪文はトラウマのような印象を観客に与えて、天空の城ラピュタがテレビ放映されるたびにツイッター上で「バルス祭り」というのが展開されるという。

トラウマをみんなで楽しんじゃおうというわけなのだ。

しかしこの滅びの呪文、短すぎやしないか。

こんなに短い呪文じゃあ、ついうっかり唱えてしまうこともあっただろうに。

たとえば、

「大っ嫌い、威張る須藤さん」とか。「頑張るスミスが大好き!」とか。

なんらかの拍子に滅びの呪文が発動してしまうではないか。

ちょうどアニメ「金色のガッシュベル」で電撃呪文「ザケル」が「ふざけるな!」という言葉で発動してしまったように。

危険すぎる滅びの呪文は、もっと長くして、他の言葉と絶対に被らないようにしなきゃだめじゃね?

スポンサーリンク

シータが耳打ちした時点で、滅びの呪文バルスが発動しているはずだ

もうひとつ見ていて非常に気になることがあった。

バルス発動前、パズーが「シータと二人きりで話がしたい」と言う。

「三分間待ってやる」と時間をもらって二人きりになったパズーとシータの会話であるが、

「あの言葉(滅びの呪文)を教えて。僕も一緒に言うよ」とシータの口から呪文を聞き出そうとするのだ。

しかも「僕の左手に手を乗せて」と飛空石のペンダントに王女シータが手を乗せた状態で滅びの呪文バルスをパズーは聞き出すのだ。

いやいやいやいや、危ないからね。

っていうか滅びの呪文発動のタイミングがおかしくないか?

カットバックの後、シータとパズーは手をつないだまま一緒に滅びの呪文バルスを唱えるのであるが、その前にパズーはシータから「バルス」という言葉を聞いているはずであり、シータがパズーにこっそり呪文を耳打ちした時点で、バルスは発動しているはずなんだけどな。

一緒に唱和する前に、床が抜けて大パニックになっているはずなんだけどな。

耳打ちバルスでは駄目だったんだろうか??

以上、天空の城ラピュタのバルスへのイチャモンでした!!

みんなも気づいたかな?

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました