心の底から神に祈れば願いはかなう!?

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの旅する人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

当ブログの写真はご自由にダウンロードして二次使用していただいて結構です。

どうもハルトです。みなさん、今日も楽しい旅をつづけていますか?

スポンサーリンク

旅先で「帰りたくない。ずっとここにいたい」と思った経験はありませんか

さて、みなさんは旅に出て「帰りたくない。ずっとここにいたい」と思ったことはありませんか?

私にはあります。イタリアのカプリ島で。その中でも名高い『青の洞窟』を見に行ったんですが、素晴らしいのは青い海の洞窟ばかりではありませんでした。

カプリ島というのはイエス・キリストの時代を描いた映画『ベン・ハー』のセリフの中にも登場します。ローマ帝国の時代から風光明媚な保養地として有名だった場所なのです。崖に建つ町から眺める地中海と青い空があまりにも素晴らしくて、心の底から帰りたくなくなりました。

スポンサーリンク

心の底から神に祈ったら願いが叶った!?

「ああ。神様。どうにかしてこの島に住み着く方法はないでしょうか?」

「この島を離れたくありません」

「なんとかしてこの島にずっと居続ける方法はないものだろうか?」

と、名も知らぬ地中海あたりに在住するはずの神様に、心の底からお祈りしたわけです。

そうしたら、その願いは本当にかなうところでした。危うく(泣)。

スポンサーリンク

怪我をして本当に島から出られなくなりそうになる

その数十分後、リモンチェッロ(レモンのリキュール)で酔っぱらっていた私は、海辺に休む海鳥にダッシュをかけておどかしてやろうとイタズラ心を発揮して、鳥たちの中に走って突っ込んでいきました。

驚いた海鳥たちは慌てふためいて空へと羽ばたいていったのですが、私は海岸の海藻のヌメリに足を滑らせて転倒し、背負っていたバックパックのデジカメが背中に食い込んで、腰の骨を折ってしまったのです。

日本刀で袈裟懸けに斬られたような、稲妻のような激痛が腰に走りました。第三腰椎横突起骨折。ブラジル・ワールドカップでサッカー選手のネイマールが試合中に負った怪我と同じです。おお。痛い(泣)!

腰椎の横突起は、ランナーには重要な腸腰筋の起点となっています。そのため歩くのさえ困難となり……あやうく島から出られなくなるところでした。

「神様、さっきのは取り消し! どうか、無事にこの島から出してください」

「どうか日本に帰れますように」

と、都合よく再び地中海の神様にお祈りしたのは言うまでもありません。ウソのようなホントのお話しです。

スポンサーリンク

一休さんのとんち話のような本当のお話しです

ギリシア神話のミノス王は「黄金大好き! 神様どうかこの手に触れるものすべてが黄金に変わるようにしてくだされ!」と神に祈ったら、食べるものも、飲むものも、愛する家族まで、手に触れたものすべてが黄金に変わってしまい、泣きを入れて先の祈りを訂正したんだとか。

カプリ島で私が祈った神様も、ミノス王が祈った神と同じだったのかもしれません。この読解力不足でKYなイジワル神め。。。

地中海あたりの神様は怖いです。「死ぬまでここにいたい!」と神に祈ったら、その場で雷に打たれて死んじゃったりして。一休さんのとんち話かよ……

皆さんも気を付けてくださいね。

その後、ハルトは病床で植物人間のような日々を過ごすことになるのですが、それはまた別の機会にお話しします。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
このブログ著者の書籍
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 「アトムのジェット走法」「ハサミは両方に開かれる走法」「踵落としを効果的に決める走法」「動的バランス走法」「ヤジロベエ走法」「ヘルメスの靴」「逆くの字走法」「ばあちゃん走法」等々。 言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 「今、走っていない人を、走らせることができるか?」を執筆に関しては意識しました。 上級者にも、これから走りだそうとしている初心者にも、役に立つ内容となっています。 ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。 作品には魂を込めました。ぜひお読みいただきたいと思っています。
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 「アトムのジェット走法」「ハサミは両方に開かれる走法」「踵落としを効果的に決める走法」「動的バランス走法」「ヤジロベエ走法」「ヘルメスの靴」「逆くの字走法」「ばあちゃん走法」等々。 言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 「今、走っていない人を、走らせることができるか?」を執筆に関しては意識しました。 上級者にも、これから走りだそうとしている初心者にも、役に立つ内容となっています。 ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。 作品には魂を込めました。ぜひお読みいただきたいと思っています。
【この記事を書いている人】

アリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました