女は食べ物

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

男性のみなさんは、海外旅行して帰国後、何を思い出しますか?

海外の思い出話を女性と話して、面食らったことはないでしょうか。

たとえばヨルダンやカンボジアやギリシアから帰国したとして、男性側はぺトラ遺跡やアンコールワットやパルテノン神殿の話をしようと思っているのに、女性側は「ヨルダン人って何を食べてるの?」「カンボジアにおいしいものってあるの?」「ギリシア料理ってイタリア料理とどう違うの?」と食い物のことばかり聞かれることが。

円谷幸吉の遺書か!?

(東京オリンピックのマラソン銅メダリスト。食い物のことばっかり書いた哀しい遺書で有名)

つくづく女性というのは食べ物なんだなあ、と思います。

次にファッションとかお土産品。遺跡とかは、二の次、三の次の人が多いと思います。

人間というものは、それぞれ違うものだと思っていますが、それにしても男女というのは、全然違う生き物なのだなあ、と旅先の感想ひとつとっても思うのでした。

★~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

自由と社会との折り合いを模索するブログです。

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!?

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人

精一杯でいいから走ろう
ソウル日本人学校の出身です。応援おねがいします
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました