ランニングは白人の文化

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの人生を旅しながら走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

スポンサーリンク

モーニング・ランニングのすすめ

わたしは旅行先での朝ラン(モーニング・ランニング)を、人生最高の快楽のひとつだと位置づけています。これまでに海外100都市以上を放浪していますが、その多くの場所でモーニングランニングをしてきました。

イロハ「それで結局、これまでで一番テンション上がった朝ランはどこだったのよ」

ハルト「最高はラスベガス。断然、ラスベガス」

イロハ「好きだよねえ。ラスベガス

ハルト「ニューヨークセントラルパークが対抗馬」

イロハ「ふうん。じゃあビーチランに限定したら、やっぱりハワイ? それともパタヤ? ペナン?」

ウェイクアップランニングのすすめ
ライオンであるかガゼルであるかは関係ない。日が昇ったら、走ったほうが身のためだ。走れ、が、生きろ、と聞こえてきます。なぜ走るのか。走りたいのか。走らなければならないのか。一緒に走ろうといざなうのか。 人を走りに誘うのに、これほど力強い言葉を、私は知りません。
清渓川ウェイクアップランニング
みなさん。おはようございます。ハルトです。 ここでは放浪の旅人が旅先でするウェイクアップランニングについて語っています。 旅先のウェイクアップランニングは人生最大のよろこびのひとつです。 知らない街、知らない人たちの中、知...
スポンサーリンク

ランニングは白人の文化。朝ランする東洋人は少なく、黒人は皆無

ハルト「バルセロナのビーチかな。なんとなく市街地を走っていたらバルセロネータビーチに出ちゃって驚いた。ああ、この街はサグラダファミリアだけじゃなくて海もあったのか、という感じ。

きれいないい海だったよ。リゾートビーチでね。ランニングは白人の文化だからたくさんの白人が走ってたよ。まあバルセロナはもともと白人が多いから当たり前だけど、台湾だって、バンコクだって、KLだって、朝ランしているのはほとんど白人。東洋人は少ない。黒人は皆無だね。

ランニングは白人の文化だということを、海外放浪の朝ランでつくづく実感した。日本だけでずっとランニングしている人には気づけないことだよ。

バルセロナでは東洋人が走っていたのが珍しかったのか、走りながらじろじろ見られたりした。そうするとおれもその場その場の日本代表だから気合いを入れて走って、サンダルだったけど最後は白人たちを追い抜いてやった」

イロハ「モンジュイックの丘を走っているのかと思った」

ハルト「おっ。よく知ってるね。バルセロナオリンピックの森下vsファンの伝説の日韓決戦の坂だね。あんなところ走ったらその後の観光に支障がでちゃうよ」

イロハ「軟弱ものめ」

ハルト「朝の観光ランは町の大きさとだいたいの感じをつかめればいいんだよ。できれば誰もいない静かな名所を走ってめぐれればベストだけど。ミラノ大聖堂の朝ランも最高だったな」

ハルト「早起きは三文の得というけれど、観光地での朝ランほどそれを感じることはないなあ」

イロハ「逆に普段はまったく感じないんでしょ」

ハルト「慣れ切ったルートを走るランニングは自動操縦自動運転になってしまうんだよ。だからときには知らない場所、初めてのルートを走ると、脳ミソに刺激になっていいんだよ。路面の状況も日本と外国では全然違ったりするから

【事件】コタキナバルでオオトカゲに遭遇!

イロハ「キナバルだと突然、オオトカゲが現れたりするからね」

ハルト「そうそう。だから旅先でのモーニング・ランニングは人生最高の快楽のひとつなんだよ」

タイトルとURLをコピーしました