負けて引退したアスリートの言葉『走りながら考える』

本-映画-メディア
天才も老い、すべては未完成
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの旅する人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

当ブログの写真はご自由にダウンロードして二次使用していただいて結構です。

このブログ著者の書籍『市民ランナーという走り方』
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 ●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム? ●初心者が習得すべき「アトムのジェット走法」「踵落としを効果的に決める走法」 ●ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? ●ストライドを伸ばすための「逆くの字走法」「ハサミは両方に開かれる走法」って何? ●マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは? ●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」って何? ●戦闘フォーム「ヤジロベエ走法」ってどんなフォーム? ●究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」の本当の意味は? ●スピードに教わる。自分の肉体から学ぶ「オオカミ・ランニング」とは? ●ウルトラマラソンの走り方「ばあちゃん走法」とは? 本書を読めば、「マンガに学ぶ実走」などの言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 ●「世界が美しく見える魔法」とは? 禅ランニング・瞑想ランニングのやり方 カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。
市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)
Amazonでアリクラハルトの市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 ●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム? ●初心者が習得すべき「アトムのジェット走法」「踵落としを効果的に決める走法」 ●ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? ●ストライドを伸ばすための「逆くの字走法」「ハサミは両方に開かれる走法」って何? ●マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは? ●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」って何? ●戦闘フォーム「ヤジロベエ走法」ってどんなフォーム? ●究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」の本当の意味は? ●スピードに教わる。自分の肉体から学ぶ「オオカミ・ランニング」とは? ●ウルトラマラソンの走り方「ばあちゃん走法」とは? 本書を読めば、「マンガに学ぶ実走」などの言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 ●「世界が美しく見える魔法」とは? 禅ランニング・瞑想ランニングのやり方 カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。
市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)
Amazonでアリクラハルトの市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
スポンサーリンク

高橋尚子『夢は叶う』封印された名言

勝ったアスリートの言葉は、よく耳にすると思います。

シドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子選手は「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く」と言いました。レースに勝った後だったと思います。

夢はかなう』という本も執筆されています。

でも東京国際女子マラソンで負けた時には、黙っていましたね。

たぶん勝った時には何かまた名言を言おうと考えていたと思うけれど、その後、彼女は勝てず、幻の迷言は発言されないまま封印されてしまいました。

封印されたということは「頑張れば、夢は叶う」的な言葉だったのでしょう。でも負けたから言えなかったのです。頑張れば夢は叶うと発言することは、勝った人にしか言えないことです。勝つためのレースに負けたということは、私は努力しませんでした、といっているのと同じことだからです。

スポンサーリンク

頑張り抜いたけれども勝てなかったアスリートの言葉を聞くことには大きな意味がある

勝ったアスリートの言葉はよく聞きます。インタビューされるし、マスコミに取り上げらえるからです。

でも負けたアスリートの言葉を聞くことはあまりありません。「今日は調子が悪かった」そんなことは聞きたくもないし興味もありません。でも本当は、頑張り抜いたけれども勝てなかったアスリートの言葉を聞くことには大きな意味があります。

なぜなら、すべての人の人生は、最後は負けで終わるからです。その負けと死を若いうちに肌でヒリヒリと感じているのがアスリートです。

最後までオリンピックで金メダルを獲ることがなかったアスリート、彼がそれを目指していたとすれば最後まで勝てなかった人、為末大さんの言葉を聞いてみましょう。

赤字は『走りながら考える』という為末大さんの本からの引用です。仮説状態でも動いて動きながら修正していくという為末大の生きる哲学が本のタイトルになっています。

気になった方はぜひ全文を読んでいただきたいと思います。引用したのは私が引っかかった言葉です。あなたが引っかかる言葉はきっと別でしょうから。

ちなみに赤字で引用するだけでは引用だけの薄っぺらい記事になってしまうので、私のこれまでの記事、主に書籍『市民ランナーという走り方』から似たような内容のものを引用しています。

為末さんは短距離、私は長距離、為末さんはオリンピアン、私は市民ランナー。全然違いますが、考えていること、感じていることは非常に近いものがあります。それを「面白いね」と感じてもらえれば、この記事は成功といえるでしょう。

スポンサーリンク

為末大。夢が叶わなかった男の言葉

勝ってきたというよりも、必死で生き抜いてきたという感じ。

やってもできないこともある。叶わぬ夢もある。

自分の負けと直面し続ける精神。下り際のむなしさ。

市民ランナーに引退はないって本当か?
自分の限界を追求した。ベストバージョンの自分になれるように努力した。そういう市民ランナーにはきっと引退の時が来ます。 人は老い、やがては消えていきます。それなのにこの一瞬の輝きにすべてを賭けられるのは、悠久の宇宙にくらべたら人間の命なんて瞬間の瞬きにすぎないことをわたしたちが知っているからです。

限界があるからこそ、今日という瞬間を駆け抜けることができた。

私のマラソン人生論。人生にもゴールが必要だ
ゴールがなければ、走れません。そして人生のゴールは自分でつくるものなのです。自分なりのゴールを決めることが生きていくうえで重要なのです。 この講座で学んだ「走るためのテクニック」が、あなたの人生を輝かせてくれますように。

何かが終わるということは、何かが始まるということ。

失敗をすべてではなく一部ととらえる。

自分の全力を出し切っておくこと、そのことが後悔を整理することや、ものごとをきっぱり終わらせるためにすごく重要な気がしている。

どうしたら胸を張れなくなるのか? レースを途中で止めること、ほどほどに生きることだった。

太平洋戦争に負けた日本の「敗戦の美学」。敗戦にも意義はあったとする独特の価値観
大平洋戦争に日本は負けましたが、敗戦にも意義はあったとする独特の価値観を育ててきました。敗者に価値なしとするのか、敗れてもなお価値があったとするのか? どうせいつか負けるんだったら、真っ向勝負で力の限り戦って、堂々と負けて帰ってこい! こういうカタチのエールがあってもいいのではないでしょうか。 こういうカタチのエールを、日本代表におくりたいと私は思っています。

勝利そのものは自信にならない。あのとき転んだけれどまた立ち上がったじゃないか。あのとき自分は逃げなかったじゃないかという方が明らかに自信につながる。失敗したけれど、もう一度飛ぼうと思った。その決意した瞬間が、その後にとても大きな影響を与える。

マンガ『ドラゴンクエスト・ダイの大冒険』
どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? パリに行って粉もの屋(たこ焼きとかお好み焼き屋)を開くというイロハの夢を聞いたのは、もう十年近く昔のことになります。 今、フランスのパリでは第三次の日本食のブームが来て...

できるという確証はないけれど、よしやるんだと意志を持って選択する瞬間が大事だと思う。

目指す目標が高い人ほど、ほとんどの努力は無に帰する。

挑んで負けてまた立ち上がる。立ち上がった瞬間、自己肯定感が磨かれる。

やり切ったともうことを積み重ねれていくと、人生における後悔はだいぶ少なくなっていく。

自分で何でもやってみることに尽きる。とりあえず当たりをつけて動いていく。仮説状態で動く。走りながら考える。

正解はない。後から振り返って自分がつけた意味に過ぎない。成功よし、失敗なおよし。

登山家・栗城史多「成功の反対は失敗ではなく、本当の失敗とは何もしないこと」
大切なことは、山に登れるかどうかではなく、人を動かすことができるかどうかである、とわたしは思います。エベレストに登れなかったことは本当の失敗ではなく、本当の失敗は何もしないことなんだ。「あいつはおれだ」そう思った人が栗城史多の死を悼んでいるのだと思います。

「Amazonを創設しない人生」を生きている。今はこっちを選ばないと知りながら生きている。この人生を生きているということは、これじゃない人生は切っているということ。

なりふり構わない自分。どうでもいいこだわりをいかに減らせるか。

カタにこだわりすぎるのが、日本文化のよくないところ。カタを追求するあまり、ダイナミズムを失うことがある。強さを失うことがある。面白さを失うことがある
理想のフォームを維持することに力を使いすぎると、却ってタイムが遅くなります。そもそもフォームはひとつでないから奥が深いのです。飽きが来ないのです。いつまでも発見があるのです。カタを追求するあまり、ダイナミズムを失うことがある。強さを失うことがある。面白さを失うことがある。私はそう思っています。

人にがっかりされることへの恐れ。人からガッカリされるという恐れのハードル。

世の中のほとんどの愛や好みは「条件つき」で構成されている。相手に好かれたいと思えば思うほど、その条件を満たすのに必死になる。

自分を許すとは相手に期待しないこと。他人への期待をやめるとはつまり相手が相手のままでいるのを認めることになる。

「やればできる」は幻。夢がかなっていない人は全身頑張っていないか、頑張りが足りないということになってしまう。

マラソン『ピッチ走法よりもストライド走法』ダメージなんか度外視して走れ
オリンピッククラスの指導者の考え方の本質的ベースにあるのは『オリンピックで、凄いストライドの黒人選手に、短脚の日本人が勝つため』に編み出されているということを見落としてはなりません。 市民ランナーがサブスリーを達成するために考え出された指導方法ではないのです。

やればできる、は結果責任が個人の努力に向かいやすい。本音で夢を語ることを嫌がるようになる。「お前の努力不足なんだよ」という批判が飛んでくるのを知っているからだ。

力を尽くしてやるだけやったら、あとは自分のせいじゃないと思うぐらいがちょうどいい。

人生は関門突破ゲーム。壁は人生をおもしろくするためにある
失意の場所で、今まで以上の幸せを探すことが、運命を生きることです。旅立った先に素晴らしいものがある。走り続けるということの、本当の意味は、人生をこのように生きることなのではないかと思います。走ることは生きること。輝いて人生を生きる人は、誰もがランナーなのだと思うのです。

アスリートも、後年、負けを知り、どうにもならないことを知るのは、人生のバランスであり、とても意味があるように思う。流されて生きれば何も達成できないまま人生は終わる。人生とは極言すれば誰もが皆、同じようなものではないだろうか。

目指すゴールに到達するにはあまりにも時間がないことに気がついた。若者が完璧を信じ、完璧を追い求めるのは、人生はまだまだ先が長いと思えるからだ。

お金よりも時間の方が大切
豊かさとは何なのか? お金よりも時間の方が大切だ、と思うようになったら、あなたは哲学者か、お迎えが近いか、バックパッカーかのどれかでしょう。

人生は時間との勝負。いつか終わる時間との勝負。考え方によっては全部が途中である。志半ばで終わらせなければいけない。そのへんのやるせなさをアスリートはひとあし先に経験している。

ミケランジェロ『ロンダニーニのピエタ』。天才も老い、すべては未完成に終わる
あのミケランジェロだから、悲しいのです。若き日に「神がかった作品」をつくった人間が、人生の最後に、こんなものしか作れなかったのか。時間が足りない。それが人生。未完成でもそれが人生。

こんなものでしかない自分をちゃんと認めて、それでも前を向き続ける人。

自分を最大限生かすには、どこへ行けばいいのだろうか。限界を感じての撤退だったし、そこには敗北感や失望感などいろいろなものがセットになっていた。

何をあきらめて何をあきらめないかという選択にかかってくる。この会社は諦めるけれど、この仕事をすることは諦めない。諦めたものが多い方が、ひとつのことに集中投下できる。それゆえ成功しやすい。

自分の中でのファーストプライオリティを問い続けること。有限の概念がないところに選択はなく、選択がないところに集中もない。

大きな何かに向かって生きている限り、挫折のない人生なんてほとんどない。

関門突破ゲームは楽勝だったら面白くない
世の中にはわたしよりもマラソンが速く走れる人はたくさんいます。けれどわたしほどマラソンを速く走れるようになる方法論について語れる人はそうはいないと思っています。初マラソンであっさりサブスリーを達成しちゃうような人よりも、わたしは何かを知っているし、何かを語れると思っています。

努力と挫折はセット。小さいところで戦っていたら挫折はない。挫折経験がある人がやさしく見えるのは、自分が弱いことを知っているから。相手の弱さに対してまったく他人事ではいられなくなる。

一位以外は全員敗者だし、一番とはしょせん瞬間的な事象にすぎない。残念ながらほとんどの人生は負けで終わる。

いつかこうなりたいと思っていたけれど、どうもこの人生ではなれそうもない。人生は、その穏やかな挫折を受け入れることであり、最後は負けで終わる。でも負けが悪いわけではない。単なる結果であって、その過程を評価するものではないからだ。負けと幸福感は別である。

脳内モルヒネ。快楽のランニング中毒。世界が美しく見える魔法
ランナーはみんなドラッグ・ジャンキーかもしれません。天然由来の、肉体に害のない、ヤク中になっても何ら問題のない、内因性ドラッグですけどね。快楽のランニング、それは世界が美しく見える魔法です。それが市民ランナーという生き方なのです。

スピードを出すには足首は固定されている方がいい。

最速のストライド走法フォームの作り方
ストライドは開脚して伸ばすのではなく、宙に浮かんで伸ばします。なぜ「ハサミは両方に開かれる・ヤジロベエ走法」が、速く走れるのかというと、前傾姿勢の「動的バランス走法」よりも、ストライドが伸びるからです。 骨盤・腰椎を立てれば膝が高く上がります。そして落下するあいだもストライドを稼ぐことができるのです。

勝負は徹底した長所と長所のぶつかり合いだ。欠点は長所の副作用かもしれない。全体のバランスで見始めると、欠点は欠点だけで存在しているのではなく、長所とセットになっていることがほとんどだった。

アンバランスなところで保たれるバランスというものもある。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
「動的バランス」とは、動いていることでかろうじて維持できるバランス状態のことをいいます。自転車は進み続けている限り倒れませんが、止まると倒れてしまいます。「動的バランス走法」とは動いていることでかろうじて維持できるバランス状態のまま前に走りつづける走法をいいます。

人間は本来「かたより」があって、でこぼこしていて、それが魅力になったり、個性になったりする。

「どうやっても駄目だったよね」と自分の負けと直面し続ける精神。ダメなものはダメだったよね、という清々しさがある。自分自身を思いを残すことなく卒業させてあげるために大いに意味がある。

「夢がかなわない現実」をどう生きていくか。たったひとつのきれいごとが人生の価値観をつくる。

悪夢を見て、自殺を考えた夜(ダイヤモンドヘッド232mに登れなかった女のキナバル山4095m登山挑戦記)
途方もない世界が頭上にひろがっている。たかだか100年の人生で悩んだりしてもはじまらない。 賢者の言葉や真理に救われたのではなく、妻の無邪気さ笑顔に私に救われた。 BE THE BEST VERSION OF ME。私なりの最高の私になろう。

できなくてもやる。自分の中の気持ちを奮い立たせるのは知恵しかない。

スポーツ選手は脳筋バカか? マラソンは受験、セックスに似ている
本気でやることを『本腰を入れる』といいますが、この言葉はもともと男性がセックスの時に本気になると、チンコを奥深く挿入するためにぐっと腰を突き出すことが由来だそうです。マラソンも本腰を入れると速くなります。心理的にも、肉体的にも。これは本当です。

何かを乗り越えようと挑むことこそが大事なのだ。信じていられたその毎日こそが、自分への報酬だったのだ。

肉体宣言。生きがいとは何だ? 肉体をつかってこその生き甲斐
たくさんの本も読みました。たくさんの映画も見ました。たくさんの冒険もしました。それでも「この人生に肉体以上の価値あるものを見つけられなかった」のです。 探す旅、はもうじゅうぶんにしたのではないかと思います。これをわたしの結論にしましょう。

幸福は今にしかない。夢はその今を輝かせるためにあると思う。そしてその輝き自体は、その夢がかなう、かなわないなんて関係がない。夢は持った方がいい。たぶんかなわないけれど。

原始的な快楽は、文化的な快楽に勝る
テレビを見たり、音楽を聴いたりするのは人間だけです。それも人間の快楽でしょう。しかし、他のあらゆる脊椎動物に共通する原始的な快楽にはかないません。 遥か昔から、脊椎動物の本質的な生きている歓びとは、脊椎をクネクネ動かして、世界を踊り跳ねることだったのです。原始的な快楽にはかないません。

レベルが上がれば上がるほど、目標が高ければ高いほど、人は一人になっていく。

人間のコンプレックスは、自分が属す社会の基準に沿っている。

自分の心に従いますか? それとも社会のルールに従いますか?
自分の心に従いますか? それとも社会のルールに従いますか? という同じ対立の構図で描かれた『セブン・シスターズ』はハッピーエンドの近代作品、『アンティゴネー』は悲劇です。いつかそういう場面が来たら、勇気をもって私は自分の心に従いたいと思っています。

ハードルを選んだのは、自分が活躍できそうだったから、勝てそうだったから。

一番になるではなく、一番を目指して全力で生きていく。チャレンジしてダメだったこともひっくるめて、ドラマティックな時間を楽しんだな、と思えるといい。

無我夢中、リラックスした集中、でやっている人にはどうしたって勝てない。無我夢中になれるところで勝負することは、成功の最初のステップ。無我夢中を目指すことが、一番を目指すことそのもの。一番を目指している、そのこと自体が幸せなのだ。毎日、夢を求め、目を輝かせて生きている。みなさんの努力はすでに報われているのではないですか。

【肉体宣言】走るために生まれた
退屈なケの日常を、わずかな時間でハレのパーティーに、お祭りに、クリスマスに変える方法を、わたしは知っています。それは走ることです。走ること、それは子供に戻る魔法。青春を取り戻す魔法です。夢中になって追いかけること。無心になって集中すること。自分と対話すること。すべてを忘れること。世界が美しく見える魔法。それが走ることなのです。

勝ちには負けがつきものである。ゲームをやっていること自体が楽しければ、再び負けたとしても、友だちにまたやろうというだろう。

旅はトラブルを切り抜けるゲームのようなもの
旅はトラブルを切り抜けるゲームのようなものです。トラブルを楽しめるようになったら旅の初心者はもう卒業です。そしてもう旅をやめられなくなっていることでしょう。

頂上だと思った場所は、次の山の入り口に過ぎなかった。生きていることと同じで、現役でいる限りずっと道中である。

それが手に入る、入らないは関係なく、目指している状態が幸せなんじゃないかと思う。結果のために努力する人は、恨みやフラストレーションを抱えて生きる。一番を目指すのは人生を楽しくするため。プロセス自体によろこびを見出す。一番を目指していないと、むしろその道中がつまらないという感じ。ゴールに何を設定するかで道中の意味が変わってしまう。

遊民主義・ユーミン主義
サラリーマン生活を貧者の生活と再定義し、遊んで暮らすものを豊かなものと考えるコペルニクス的価値転換を遊民主義・ユーミン主義と呼んで、啓蒙しています。 遊民の豊かさとは金銭的なものでは決してありません。しばりのない豊かな時間こそが遊民の宝ものです。

あれ? もしかしたらこんな状態で終わってしまうのか? これじゃ勝ち逃げできないじゃないか。そもそも勝てないかもしれないぞ。

結果に依存しすぎていると、人生なんてほとんど意味がなくなってしまう。どんな人でも勝ち続けるのは難しく、最後は脳も筋肉も動かなくなって終わるのだから。

メメント・モリ。死を忘れるな
メメント・モリ。死を忘れるな。

どこでもドア、で山頂に着いたら、目標達成の意義が半分以上抜け落ちてしまう。

人間はどのみち死ぬけれど、生きていること自体に意味がある。山頂に旗を立てられそうにないとわかると、だったら山に登る意味がないとなってしまう。何もない日々のむなしさを思うと、何かがある日々、向かうもののある毎日がいかに恵まれているか。

ニイタカヤマノボレ。台湾最高峰・玉山登山。標高3,952m。謝謝台湾。世界一の親日国。Thank you,taiwan
もしもあなたが「親日国を旅してみたい」というのであれば台湾一択でおすすめします。いわば国家レベルでは「日本にフラれた国」だというのに、その親日ぶりはいじらしいほどです。いつでも富士山や槍ヶ岳に登りに来てください。待ってますよ!! Thank you,taiwan

結果とは関係なくプロセスの中にいかに喜びを見出すかは大きな知恵。

結果ありきでは何もできないだろう。研究開発はほとんどが失敗だったりする。だが実験を繰り返すことなく、新発見などできるわけがない。

これをやり遂げよう、何かに挑もう、というコミットメントがなければ、人生には困難も問題も失敗も負けもない。平凡で平和な日々は約束される。結果を欲して挑んだからプロセスがはじめて見えてくる。

映画『300』スリーハンドレット。永遠に生きるがいい
「永遠に生きるがいい」……永遠に生きたのは、長生きしたエピアルテスではなく、若くして死んだレオニダスの方でした。生存率0%だからこそ、長いか短いかではない(しょせんは短いのだから)命の燃やし方が問われるのです。

スポーツの効能は目標設定のセンス。人には可能性があり、そして限界がある。耐えられる範囲で耐えたから成功した。心身相関の原則、自分の崩れ際がわかる。感覚でしか表現できない。

「それって本当に悪い状況なのかな」「逆に考えるとチャンスなんじゃないの?」

ピーキングとは反応の調整。ベストな反応ができるようにもっていく。

リラックスランニング。脱力とピーキングが謎のベストタイムの理由
柔軟運動で体を曲げるとき、曲げる筋肉を引っ張るよりも、伸びる方の筋肉をゆるめる方が、より体を柔軟に曲げることができませんか? まさしくこれが脱力のもつ効力なのです。

イメージとしてちゃんと描けたものは、かなりの確率で実現できる。人が言うことよりも、自分が感じているこの感触の方が正しいんじゃないかと感じていた。

書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』あとがき
走友会の自分の後輩や、これから走ってみたいと思っている人に、本書を見せてあげてください。走る習慣のなかった人を新たにランナーにする力を、私はこの本に吹き込もうと力を尽くしました。 この本は「ハウツーランニング」の体裁をした生き方に関する本です。ひとりでも多くの方がこの本に触発されて、街を走るランナーになってくれることを、願っています。

リアリティがあるイメージがわかると、どの方向には成功があって、どの方向には成功がないのか、感覚としてある程度つかめる。

目標がどんなに困難に見えても、すべては自分から始まっている。

今この場所この瞬間を旅先のように生きる。集団よりも個を優先する生き方【トウガラシ実存主義】
今この場所この瞬間を旅先のように生きる。集団よりも個を優先する生き方のことを【トウガラシ実存主義】といいます。自分を謳歌した貧乏生活の方が、自分を失ったリッチな暮らしよりもずっといい。それがバックパッカーの生き方です。そういうものをわたしたちは旅先で見てきたのです。

「あっという間だなあ」人は皆、老いる。若く健全な頃の理論や感覚が徐々に成り立たなくなるということ。だったら今日という日を一生懸命に生きることしかない。

日々を一生懸命に生きていると、終わりが近づくほど妙な清々しさが出てくる。

挑戦は常に失敗も込み。下っていく中で、若手に負けながら、それでも走るということは、自分にとってとても大きかった。

引退、つまり競技人生の終わりは、競技者としての死を意味していて、その人生の期日を設定すると、時間には限りがあるのだということが急に現実となって押し寄せてきた。目の前の景色が変わって見えた。無駄なことに時間は裂けない。リターンの少ない基礎よりも、リターンの大きい実戦という配分という概念が出てきた。

川内優輝選手はプロランナーに転向しても今より遅くなるだろう(追記あり)
「速く走れる厚底シューズ」を履いての自己ベスト記録更新だったようです。結局、本稿でもっとも主張したかった「ランニングはピッチではなくストライド次第だ」というこの稿の本質は何も変わっていません。

引退という者があるアスリートは、普通の人が送る人生を前倒しにして体験している気がする。まさに仮の人生をひとつ生きたみたいな感覚。そのときにできる精いっぱい、最高を模索する。残された時間の使い方も変わってくる。

たとえ夢がかなわなくても……勇気をくれる金言、格言
幸福になるカギは「現状に満足することを知れ」ということです。その心もちでない限りは心から欲するものを手に入れられたとしても悲劇だということですね。「現状に満足する心」さえあれば、どっちにしても悲劇にはなりません。

死はひどく残酷で、期限がきたら容赦なく強制終了。やりのこしたことはおそらくたくさんあったと思う。

そうはいっても肉体がすべて
弾むようなからだのバネは「生きていることの証」です。ゾンビ走りはバネがないからそう見えるのです。そうはいっても言葉の力(走法理論)でいくらでも速くなるわけではありません。むしろ「肉体がすべて」というのが厳粛な真理です。

僕は今日も走っているじゃないか。

いつかこの感覚がなくなる。

長距離ランナーは細マッチョを目指せ!
何らのテクニックを教わったわけじゃないのに、筋肉がついたら、できなかったことが自然とできるようになっちゃった。体操ではそういうことがあるそうです。長距離走でも同じです。 筋力さえつけば、走れなかった距離が走れる。切れなかったタイムが切れる。ただし体重減は厳禁です。たとえ筋肉であっても重さは重さ。マラソンランナーは細マッチョを目指しましょう。

大切なのは「いつか」の先になるのではなく、今にあるのだ。

禅ランニング・瞑想ランニングのやり方
瞑想ランニングのやり方を書いていたら、はからずも「幸福とは何か?」を追求することになってしまいました。幸福を追求しなければ生まれた甲斐がありません。瞑想ランニングは幸福追求のためにするものです。

コンプレックスはしょせん人との比較の中から生まれる。無人島に流されたら、顔がいいのかわるいのか、モテるとかモテないとか、お金の価値すら存在しない。

『ロビンソン・クルーソー』人生を「買う」という行為だけで終わらせないために
「買う」という行為で人生が終わると、ゲームとしては簡単すぎて、生きている実感を得られない退屈な人生を送る危険性があります。 ロビンソンが不幸でみじめなら、私たちの先祖はずっと不幸でみじめな生き物でした。しかし私たちの先祖がみじめで不幸ではなかったように、ロビンソンもまたみじめで不幸ではいませんでした。 それは生きることを買うことだけにしないで、自らの力で自然の中で自活したからに他なりませんでした。

ネガティブなエネルギーをモチベーションにしているアスリートは、なぜだか揃って急に息が切れる。

余命半年だったら、これまでの人生でやり残したことを「やりきり」にいく。伝えたくても伝えていなかったことを言いに行ったり、人からは平坦に見えてもそのデコボコは自分が見ればすぐにわかる。

ちゃんと終わらせてあげたい。終了ではなく完了。フィニッシュではなくコンプリート。

人生はやり直しがきかなくて一発勝負。自分はちゃんとやり切ったが一生ものの自信になる。

結果が残せないからと挑まずにいたら、何も生み出せない。

そうはいっても肉体がすべて
弾むようなからだのバネは「生きていることの証」です。ゾンビ走りはバネがないからそう見えるのです。そうはいっても言葉の力(走法理論)でいくらでも速くなるわけではありません。むしろ「肉体がすべて」というのが厳粛な真理です。

全速力で走って転んで、自分のすべてを出し切り、選手として本当にもうダメなことがわかったのだ。

いい思い出というのは、必ずしも素晴らしい結果ばかりではないはずだ。

ちゃんとやれたな、と思う経験を積み重ねていくこと。結果うんぬんではなく、むしろ最善を尽くしたのだという履歴を残していくこと。

大人になることと、自分の中の子供の部分を殺すことは違う。モチベーションや直観力、ワクワクする気持ちや、幸福感の源である「子どもの部分」その子が傷つき、何も語らなくなり、自分が何をやりたいのか、本当はどう感じているのかわからなくなっていないか。

本は「おとな向け」より「こども向け」の方が面白い
こども向けの本から学ぶことは必ずあると思います。何よりも「面白く伝えようとしている」し「必要情報だけで無駄がない」のです。時間対効果の面でも、恥ずかしがらずに「こども向け本」を読むことをオススメします。

努力は夢中に勝てず、義務は無邪気に勝てない。自分のやる気が出る場所、モチベーションが上がる場所。

サピエンス全史に学ぶ幸福とは何ぞや?
苦しみの真の根源は、つかのまの感情を果てしなく空しく求め続けること。外なる成果の追求のみならず、内なる感情の追求もやめること。仏陀の悟りは難しいものがあります。 しかし「求めすぎないこと」は誰にでもできます。わたしのやり方をご紹介します。

それは自分らしいか。人間は本来自分が持つ方向にしか成長しない。特に勝負ことになると、本来の自分の方向に突き抜けたヤツだけが強い。

ある感情を抱いても、背景にあるものを説明できなければ、周りから共感が得られない。なぜ嫌いなのか説明できなければ、それはあなたの感情の話しだね、こちらには関係ない、で済まされてしまう。

書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』まえがき
ヘルメスの靴のように、神さまからもらった宙に浮くための装置が、あなたの足には備わっているのです。これからその使い方を教えます……といわれたら、本当に宙に浮くのか、走り出して試してみたいとは思いませんか? これらの表現は、入力ワードです。脳ミソから筋肉への指令が、生き生きとした表現によって活性化して伝わり、速く走ることができるようになります。

何かを選択するときに、それが英断なのか、逃げなのかは当事者にはわからない。

一人でも多くの方がハードルを越えられますように。

スポンサーリンク

本は電子書籍がおすすめです

本を読んで何かを考えた「あなた」。人生には『仕事を辞める』という選択肢があります。

人生を変えたいのならば、仕事を辞めるという選択肢がある。
団体バスの行き先がろくな場所ではないとわかったら、もうバスは降りてしまっていいのではないですか? 仕事を変えれば、生き方を変えることができますよ。 今は退職代行サービスや、転職エージェントがあなたのキャリアアップを助けてくれる時代です。

これからもたくさんの良質な本に出会いたいという「あなた」。本は場所をとらない電子書籍がおすすめです。

kindle unlimitedは、電子書籍kindleキンドルを利用した和書12万冊、洋書120万冊以上の読み放題サービスです。

kindleの使い方

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。

アマゾンプライムの使い方・入会方法

アマゾンプライム会員登録のしかた(無料体験だけして解約する方法)
画像入りで、アマゾンプライム会員登録のしかたと、無料体験だけして解約する方法について解説しています。

オーディブルの使い方

オーディオブックは究極の文章上達法
究極の文章上達法はオーディオブックを聴くことだと思っています。なぜなら言葉というのは語感で覚えているからです。 語学が得意な人は耳がいいのです。

私はオーディオブックは究極の文章上達術だと思っています。

人生を変えた本『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』リアル・ドラゴンクエスト・ガイドブック
いくら旅に時間を費やしたところで、自分と向き合うことに時間を費やさなければ、何の意味もありません。どれだけ何かが変わっても、それに対処するのは自分しかないからです。 どこに行こうと、何が変わろうと、そこには自分がいます。これは言葉ではありません。生き方なのです。
人生を変えたいのならば、仕事を辞めるという選択肢がある。
団体バスの行き先がろくな場所ではないとわかったら、もうバスは降りてしまっていいのではないですか? 仕事を変えれば、生き方を変えることができますよ。 今は退職代行サービスや、転職エージェントがあなたのキャリアアップを助けてくれる時代です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このブログ著者の小説『結婚』
小説『結婚』
愛とは何か? 結婚とは何か? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。恋人のアスカはツバサのもとを去っていきます。 「離れたくない。離れたくない。何もかもが消えて、叫びだけが残った。  離れたくない。その叫びだけが残った。  全身が叫びそのものになる。おれは叫びだ」 劇団の主宰者であるキリヤに呼び出されて、離婚話を聞かされます。不倫の子として父を知らずに育ったツバサは、キリヤの妻マリアの不倫の話しに、自分の生い立ちを重ねます。 「どんな喜びも苦難も、どんなに緻密に予測、計算しても思いもかけない事態へと流れていく。喜びも未知、苦しみも未知、でも冒険に向かう同行者がワクワクしてくれたら、おれも楽しく足どりも軽くなるけれど、未知なる苦難、苦境のことばかり思案して不安がり警戒されてしまったら、なんだかおれまでその冒険に向かうよろこびや楽しさを見失ってしまいそうになる……冒険でなければ博打といってもいい。愛は博打だ。人生も」 ツバサの母は心を病んで自殺してしまっていました。 「私にとって愛とは、一緒に歩んでいってほしいという欲があるかないか」 ツバサはミカコから思いを寄せられます。しかし「結婚が誰を幸せにしただろうか?」とツバサは感じています。 「不倫って感情を使いまわしができるから。こっちで足りないものをあっちで、あっちで満たされないものをこっちで補うというカラクリだから、判断が狂うんだよね。それが不倫マジックのタネあかし」 「愛する人とともに歩んでいくことでひろがっていく自分の中の可能性って、決してひとりでは辿りつけない境地だと思うの。守る人がいるうれしさ、守られている安心感、自信。妥協することの意味、共同生活のぶつかり合い、でも逆にそれを楽しもうという姿勢、つかず離れずに……それを一つ屋根の下で行う楽しさ。全く違う人間同士が一緒に人生を作っていく面白味。束縛し合わないで時間を共有したい……けれどこうしたことも相手が同じように思っていないと実現できない」 尊敬する作家、ミナトセイイチロウの影響を受けてツバサは劇団で上演する脚本を書きあげましたが、芝居は失敗してしまいました。 引退するキリヤから一人の友人を紹介されます。なんとその友人はミナトでした。 そこにアスカが妊娠したという情報が伝わってきました。 それは誰の子なのでしょうか? 真実は藪の中。証言が食い違います。誰かが嘘をついているはずです。認識しているツバサ自信が狂っていなければ、の話しですが……。 「妻のことが信頼できない。そうなったら『事実』は関係ないんだ」 そう言ったキリヤの言葉を思い出し、ツバサは真実は何かではなく、自分が何を信じるのか、を選びます。 アスカのお腹の中の子は、昔の自分だと感じていました。 死に際のミナトからツバサは病院に呼び出されます。そして途中までしか書いていない最後の原稿を託されます。ミナトの最後の小説を舞台上にアレンジしたものをツバサは上演します。客席にはミナトが、アスカが、ミカコが見てくれていました。 生きることへの恋を書き上げた舞台は成功し、ツバサはミナトセイイチロウの後を継ぐことを決意します。 そこにミカコから真相を告げる手紙が届いたのでした。 「私は、助言されたんだよ。その男性をあなたが絶対に逃したくなかったら、とにかくその男の言う通りにしなさいって。一切反論は許さない。とにかくあなたが「わかる」まで、その男の言う通りに動きなさいって。その男がいい男であればあるほどそうしなさいって。私は反論したんだ。『そんなことできない。そんなの女は男の奴隷じゃないか』って」
小説『結婚』: 愛とは? 結婚とは?
Amazonでアリクラハルトの小説『結婚』: 愛とは? 結婚とは?。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
小説『結婚』
愛とは何か? 結婚とは何か? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。恋人のアスカはツバサのもとを去っていきます。 「離れたくない。離れたくない。何もかもが消えて、叫びだけが残った。  離れたくない。その叫びだけが残った。  全身が叫びそのものになる。おれは叫びだ」 劇団の主宰者であるキリヤに呼び出されて、離婚話を聞かされます。不倫の子として父を知らずに育ったツバサは、キリヤの妻マリアの不倫の話しに、自分の生い立ちを重ねます。 「どんな喜びも苦難も、どんなに緻密に予測、計算しても思いもかけない事態へと流れていく。喜びも未知、苦しみも未知、でも冒険に向かう同行者がワクワクしてくれたら、おれも楽しく足どりも軽くなるけれど、未知なる苦難、苦境のことばかり思案して不安がり警戒されてしまったら、なんだかおれまでその冒険に向かうよろこびや楽しさを見失ってしまいそうになる……冒険でなければ博打といってもいい。愛は博打だ。人生も」 ツバサの母は心を病んで自殺してしまっていました。 「私にとって愛とは、一緒に歩んでいってほしいという欲があるかないか」 ツバサはミカコから思いを寄せられます。しかし「結婚が誰を幸せにしただろうか?」とツバサは感じています。 「不倫って感情を使いまわしができるから。こっちで足りないものをあっちで、あっちで満たされないものをこっちで補うというカラクリだから、判断が狂うんだよね。それが不倫マジックのタネあかし」 「愛する人とともに歩んでいくことでひろがっていく自分の中の可能性って、決してひとりでは辿りつけない境地だと思うの。守る人がいるうれしさ、守られている安心感、自信。妥協することの意味、共同生活のぶつかり合い、でも逆にそれを楽しもうという姿勢、つかず離れずに……それを一つ屋根の下で行う楽しさ。全く違う人間同士が一緒に人生を作っていく面白味。束縛し合わないで時間を共有したい……けれどこうしたことも相手が同じように思っていないと実現できない」 尊敬する作家、ミナトセイイチロウの影響を受けてツバサは劇団で上演する脚本を書きあげましたが、芝居は失敗してしまいました。 引退するキリヤから一人の友人を紹介されます。なんとその友人はミナトでした。 そこにアスカが妊娠したという情報が伝わってきました。 それは誰の子なのでしょうか? 真実は藪の中。証言が食い違います。誰かが嘘をついているはずです。認識しているツバサ自信が狂っていなければ、の話しですが……。 「妻のことが信頼できない。そうなったら『事実』は関係ないんだ」 そう言ったキリヤの言葉を思い出し、ツバサは真実は何かではなく、自分が何を信じるのか、を選びます。 アスカのお腹の中の子は、昔の自分だと感じていました。 死に際のミナトからツバサは病院に呼び出されます。そして途中までしか書いていない最後の原稿を託されます。ミナトの最後の小説を舞台上にアレンジしたものをツバサは上演します。客席にはミナトが、アスカが、ミカコが見てくれていました。 生きることへの恋を書き上げた舞台は成功し、ツバサはミナトセイイチロウの後を継ぐことを決意します。 そこにミカコから真相を告げる手紙が届いたのでした。 「私は、助言されたんだよ。その男性をあなたが絶対に逃したくなかったら、とにかくその男の言う通りにしなさいって。一切反論は許さない。とにかくあなたが「わかる」まで、その男の言う通りに動きなさいって。その男がいい男であればあるほどそうしなさいって。私は反論したんだ。『そんなことできない。そんなの女は男の奴隷じゃないか』って」
小説『結婚』: 愛とは? 結婚とは?
Amazonでアリクラハルトの小説『結婚』: 愛とは? 結婚とは?。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
このブログの著者の小説『片翼の翼』
小説『片翼の翼』
なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。 「演技のメソッドとして、自分の過去の類似感情を呼び覚まして芝居に再現させるという方法がある。たとえば飼い犬が死んだときのことを思い出しながら、祖母が死んだときの芝居をしたりするのだ。自分が実生活で泣いたり怒ったりしたことを思いだして演技をする、そうすると迫真の演技となり観客の共感を得ることができる。ところが呼び覚ましたリアルな感情が濃密であればあるほど、心が当時の錯乱した思いに掻き乱されてしまう。その当時の感覚に今の現実がかき乱されてしまうことがあるのだ」 恋人のアスカと結婚式を挙げたのは、結婚式場のモデルのアルバイトとしてでした。しかし母の祐希とは違った結婚生活が自分には送れるのではないかという希望がツバサの胸に躍ります。 「ハッピーな人はもっと更にどんどんハッピーになっていってるというのに、どうして決断をしないんだろう。そんなにボンヤリできるほど人生は長くはないはずなのに。たくさん愛しあって、たくさん楽しんで、たくさんわかちあって、たくさん感動して、たくさん自分を謳歌して、たくさん自分を向上させなきゃならないのに。ハッピーな人達はそういうことを、同じ時間の中でどんどん積み重ねていっているのに、なんでわざわざ大切な時間を暗いもので覆うかな」 アスカに恋をしているのは確かでしたが、すべてを受け入れることができません。 かつてアスカは不倫の恋をしていて、その体験が今の自分をつくったと感じています。それに対してツバサの母は不倫の恋の果てに、みずから命を絶ってしまったのです。 「そのときは望んでいないことが起きて思うようにいかずとても悲しんでいても、大きな流れの中では、それはそうなるべきことがらであって、結果的にはよい方向への布石だったりすることがある。そのとき自分が必死にその結果に反するものを望んでも、事態に否決されて、どんどん大きな力に自分が流されているなあと感じるときがあるんだ」 ツバサは幼いころから愛読していたミナトセイイチロウの作品の影響で、独特のロマンの世界をもっていました。そのロマンのゆえに劇団の主宰者キリヤに認められ、芝居の脚本をまかされることになります。自分に人を感動させることができる何かがあるのか、ツバサは思い悩みます。 同時に友人のミカコと一緒に、インターネット・サイバーショップを立ち上げます。ブツを売るのではなくロマンを売るというコンセプトです。 「楽しい、うれしい、といった人間の明るい感情を掘り起こして、その「先」に到達させてあげるんだ。その到達を手伝う仕事なんだよ。やりがいのあることじゃないか」 惚れているけれど、受け入れられないアスカ。素直になれるけれど、惚れていないミカコ。三角関係にツバサはどう決着をつけるのでしょうか。 アスカは劇団をやめて、精神科医になろうと勉強をしていました。心療内科の手法をツバサとの関係にも持ち込んで、すべてのトラウマを話して、ちゃんと向き合ってくれと希望してきます。 自分の不倫は人生を決めた圧倒的な出来事だと認識しているのに、ツバサの母の不倫、自殺については、分類・整理して心療内科の一症例として片付けようとするアスカの態度にツバサは苛立ちます。つねに自分を無力と感じさせられるつきあいでした。 人と人との相性について、ツバサは考えつづけます。 ミナトから最後の作品の続きを書くように頼まれて、ツバサは地獄のような断崖絶壁の山に向かいます。 「舞台は変えよう。ミナトの小説からは魂だけを引き継ぎ、おれの故郷を舞台に独自の世界を描こう。自分の原風景を描いてみよう。目をそむけ続けてきた始まりの物語のことを。その原風景からしか、おれの本当の心の叫びは表現できない」 そこでミナトの作品がツバサの母と自分の故郷のことを書いていると悟り、自分のすべてを込めて作品を引きついて書き上げようとするのでした。 「おまえにその跡を引き継ぐ資格があるのか? 「ある」自分の中にその力があることをはっきりと感じていた。それはおれがあの人の息子だからだ。おれにはおれだけの何かを込めることができる。父の遺産のその上に」 ※※本作は小説『結婚』の前編、バックストーリーに相当するものです。両方お読みいただけますとさらに物語が深まる構成になっています。※※
片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか?
Amazon.co.jp: 片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? eBook : アリクラハルト: 本
小説『片翼の翼』
なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。 「演技のメソッドとして、自分の過去の類似感情を呼び覚まして芝居に再現させるという方法がある。たとえば飼い犬が死んだときのことを思い出しながら、祖母が死んだときの芝居をしたりするのだ。自分が実生活で泣いたり怒ったりしたことを思いだして演技をする、そうすると迫真の演技となり観客の共感を得ることができる。ところが呼び覚ましたリアルな感情が濃密であればあるほど、心が当時の錯乱した思いに掻き乱されてしまう。その当時の感覚に今の現実がかき乱されてしまうことがあるのだ」 恋人のアスカと結婚式を挙げたのは、結婚式場のモデルのアルバイトとしてでした。しかし母の祐希とは違った結婚生活が自分には送れるのではないかという希望がツバサの胸に躍ります。 「ハッピーな人はもっと更にどんどんハッピーになっていってるというのに、どうして決断をしないんだろう。そんなにボンヤリできるほど人生は長くはないはずなのに。たくさん愛しあって、たくさん楽しんで、たくさんわかちあって、たくさん感動して、たくさん自分を謳歌して、たくさん自分を向上させなきゃならないのに。ハッピーな人達はそういうことを、同じ時間の中でどんどん積み重ねていっているのに、なんでわざわざ大切な時間を暗いもので覆うかな」 アスカに恋をしているのは確かでしたが、すべてを受け入れることができません。 かつてアスカは不倫の恋をしていて、その体験が今の自分をつくったと感じています。それに対してツバサの母は不倫の恋の果てに、みずから命を絶ってしまったのです。 「そのときは望んでいないことが起きて思うようにいかずとても悲しんでいても、大きな流れの中では、それはそうなるべきことがらであって、結果的にはよい方向への布石だったりすることがある。そのとき自分が必死にその結果に反するものを望んでも、事態に否決されて、どんどん大きな力に自分が流されているなあと感じるときがあるんだ」 ツバサは幼いころから愛読していたミナトセイイチロウの作品の影響で、独特のロマンの世界をもっていました。そのロマンのゆえに劇団の主宰者キリヤに認められ、芝居の脚本をまかされることになります。自分に人を感動させることができる何かがあるのか、ツバサは思い悩みます。 同時に友人のミカコと一緒に、インターネット・サイバーショップを立ち上げます。ブツを売るのではなくロマンを売るというコンセプトです。 「楽しい、うれしい、といった人間の明るい感情を掘り起こして、その「先」に到達させてあげるんだ。その到達を手伝う仕事なんだよ。やりがいのあることじゃないか」 惚れているけれど、受け入れられないアスカ。素直になれるけれど、惚れていないミカコ。三角関係にツバサはどう決着をつけるのでしょうか。 アスカは劇団をやめて、精神科医になろうと勉強をしていました。心療内科の手法をツバサとの関係にも持ち込んで、すべてのトラウマを話して、ちゃんと向き合ってくれと希望してきます。 自分の不倫は人生を決めた圧倒的な出来事だと認識しているのに、ツバサの母の不倫、自殺については、分類・整理して心療内科の一症例として片付けようとするアスカの態度にツバサは苛立ちます。つねに自分を無力と感じさせられるつきあいでした。 人と人との相性について、ツバサは考えつづけます。 ミナトから最後の作品の続きを書くように頼まれて、ツバサは地獄のような断崖絶壁の山に向かいます。 「舞台は変えよう。ミナトの小説からは魂だけを引き継ぎ、おれの故郷を舞台に独自の世界を描こう。自分の原風景を描いてみよう。目をそむけ続けてきた始まりの物語のことを。その原風景からしか、おれの本当の心の叫びは表現できない」 そこでミナトの作品がツバサの母と自分の故郷のことを書いていると悟り、自分のすべてを込めて作品を引きついて書き上げようとするのでした。 「おまえにその跡を引き継ぐ資格があるのか? 「ある」自分の中にその力があることをはっきりと感じていた。それはおれがあの人の息子だからだ。おれにはおれだけの何かを込めることができる。父の遺産のその上に」 ※※本作は小説『結婚』の前編、バックストーリーに相当するものです。両方お読みいただけますとさらに物語が深まる構成になっています。※※
片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか?
Amazon.co.jp: 片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? eBook : アリクラハルト: 本
【この記事を書いている人】

アリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
本-映画-メディア
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました