「合法ドーピング」ダイエットサプリメント

その他
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

アリクラ・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。
ブログURL=
ユーチューブ=grandma-cuisine

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

体重計=健康計と思っている人はたくさんいると思います。

しかし体重計=走力計と思っている人はどれだけいるでしょうか?

ここでは秒単位を削ることに心血を注いだサブスリーランナーが真剣にダイエットに取り組んだ「合法ドーピング」ダイエット・サプリメントについて書いています。

マラソンも、人生も、私はゲームだと思っています。ありとあらゆる手段を講じて攻略する「この世でもっとも面白い」「この世でもっともやりがいのある」「あなただけの」ゲームです。

人間には自分の命を自分の望む場所に賭ける権利があります。

ダイエット・サプリメントは私にとってゲーム攻略の有効な手段のひとつだったのです。

スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
コロナ禍で「家ごもり」の今だからこそ、家でできる副業・ブログ・アフィリエイトをはじめませんか? おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

スポンサーリンク

太りやすい体質かどうかは思春期までの脂肪細胞の数で決まる

著書『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』のまえがきで、私は「小・中学校の長距離走では学校でいちばん速くて走れば褒められる子だった」と書きました。そのこと自体、ウソではありません。しかし「長距離走の才能あるなしでいえば、あきらかにある方」と書いたくだりはもしかしたら間違っているかも知れません。

というのは高校時代の受験勉強で太ってしまったからです。脂肪細胞というのは人生の中で増殖する時期が決まっているそうです。その時期のひとつが高校時代。その時期に太って脂肪細胞を増やしてしまったことは、長距離ランナーとしては大きなマイナス要因を抱えたといってもいいでしょう。

思春期18歳ぐらいまでのあいだで人間の身体は概ね出来上がります。その人の脂肪細胞の数も思春期までにほぼ決定されて、そして一度増えてしまった脂肪細胞の数は減ることはないと言われています。つまり単純に脂肪細胞の少ない人は痩せやすく、脂肪細胞が多い人は太りやすいわけです。

思春期の受験生時代に脂肪細胞を増やしまくってしまった私は、水を飲んでも太るような体質になってしまいました。

シリアス市民ランナーの歴史は体重との格闘でした。

太っていると宙に浮くのも難儀ですし、着地の衝撃も大きくなります。思春期までに脂肪細胞を増やしてしまった私は逆にまったく長距離の才能がなかったともいえます。小・中学校での才能を、高校時代に太ることでなくしてしまったということです。

それでも私は大人になって走り始めました。小中学校時代の成功体験が影響していないと言えばうそになります。

スポンサーリンク

月間走行距離を増やすよりも、体重を減らした方が速く走れる

しかし太っちょランナーは2年連続で「あと数秒」というところでサブスリー挑戦に失敗します。

私が本気のシリアスランナーになったのは、この「あと数秒」がきっかけでした。

ありとあらゆる手をつかって、何が何でもサブスリーを達成してやろうと本気になったのです。

「サブスリーのためならドーピングも辞さず」と公言していました。

実際に筋肉増強剤のようなものを調査したこともあります。使用しなかったのは簡単に手に入らなかったで、手に入ったら躊躇せずやっていたと思います。

富と栄光が手に入るオリンピアンが使用するなら世間の非難を浴びても、自己満足でしかない市民ランナーが何をやっても文句はいわせません。人間には自分の命を自分の望む場所に賭ける権利があります。

フィジカルでダメならメンタルで、肉体で無理なら脳ミソでサブスリーという関門を突破やろうと思いました。

この時の体験から「マラソンは関門突破ゲーム」だと認識していました。「遊びだからこそ真剣にやらないと面白くない」と感じるようになります。今では人生もゲームのようなものだと思っています。ゲームだからこそ真剣に取り組まないと面白くない。

ダイエットにも真剣に取り組みました。あと数秒縮めればサブスリーです。体重をあと数百グラム減らせばサブスリーランナーになれると真剣にダイエットに取り組みました。

長年走ってきたことで、データの蓄積があります。市民ランナーは月間走行距離を更に100km増やすよりも、体重を更に1キロ落とした方が速く走れるようになるというのが私の実感でした。

そのような取り組みの中で、私は体重計=走力計だと思い知りました。体重を知れば、現在、どれぐらいの走りができるのか、だいたい想像がつくようになりました。

しかし体重も減らしきったところで挑戦してきたのです。去年の勝負レースの時の体重まで戻すのだって容易ではありません。容易に体重は減りませんでした。

そして私は「合法ドーピング」と称し、ダイエット・サプリメントに手を出します。

使用したのは、普通に近くのドラッグストアで手に入るものです。

αリポ酸。ミトコンドリアを活性化し、細胞の代謝を助ける効果をもつ。

コエンザイムQ10。ミトコンドリアのエネルギー産出を助ける補酵素。

Lカルニチン。ミトコンドリアへ脂肪酸を運ぶ。

アスタキサンチン。抗酸化作用がある。

以上、合法ドーピング4点セットです。

10~2月のマラソンシーズン中ずっと飲み続けていましたので、けっこうな金額を使ったと思います。

しかしサブスリーの関門突破のためなら金に糸目をつけないつもりでした。スマホのゲーマーが課金を重ねるのに似ています。

脂肪燃焼のためにはビタミン類が必要だと聞き、マルチビタミンも摂取していました。

そして筋肉増強のためにプロテンを常用していました。

みんなドラッグストアで普通にかえるサプリメントです。

スポンサーリンク

「合法ドーピング」ダイエット4点セットは超おすすめ

ご紹介したαリポ酸、コエンザイムQ10、Lカルニチン、アスタキサンチンの「合法ドーピング」ダイエット・サプリメント4点セットの効果は絶大でした。

シーズンオフは67キロの体重が、レース直前は59キロぐらいまで落ちました。平均すると8キロも体重減です。

もちろん練習もおろそかにしていません。月間600km走ったこともありましたが、ダイエットサプリなしでは、ここまで落ちなかったのではないかと思います。

究極のダイエット法。努力なし、運動いらずの「外気温ダイエット」(超簡単)
和泉雅子さんの南極エピソードから学ぶ外気温ダイエットについて説明します。 究極のダイエット法「外気温ダイエット」とは外気温と体温との差は燃焼で補うしかない恒温動物の宿命を逆手に取ったダイエット法です。 このとき、燃焼材はあなたの体脂肪です。 食生活、日常生活さえ変えなければ、努力なし、運動いらずで、冬になれば勝手に痩せられるダイエット法です。
スロージョギングによるLSDダイエットの効果・やり方
ダイエットの飢餓モルヒネを、ランナーズハイのランニングモルヒネに置き換えてしまうのがスロージョギングによるLSDダイエットのポイントです。 一度エンジンをかけてしまえば、快楽という原動力によって、ずっと回り続ける。これがスロージョギングによるLSDダイエットです。 体の中を熱い血が駆け巡り、生きている限りは青春時代なのだと実感できることでしょう。

ダイエットサプリメント4点セットは、食品にも含まれているものを抽出しただけなので、厳密にはドーピングではありません。

しかし勝つために寿命を削ることも覚悟でドーピングに手を出したランス・アームストロングのような気持ちで、私はこれを「合法ドーピング」と称し、錠剤を飲みこみながらサブスリーへの決意を日々確かめていたのです。

ちなみに私は膝を休めるために、シーズンオフをとっていました。3月~9月はジョギングのみで、レースの予定も入れませんでした。その時期にはダイエットサプリメントもやめていました。

オフシーズンには体重はすぐに戻りました。体重が戻ったのは、運動強度が減ったからなのか、ダイエット・サプリメントをやめたからなのか。私の実感ではダイエット・サプリメントをやめたことが大きいと感じました。

ダイエットを助けてくれる補酵素は、主に体内での燃焼を促してくれる働きをもっています。若い頃は体内で豊富に生産されるのですが、年をとると生産量が減ってしまうのだそうです。これが中年太りの原因だといわれています。脂肪が燃焼しにくくなってしまうためです。

ダイエット・サプリメントはオフにやめるからこそ、使うと効果が絶大だったのだと思っています。カフェインもそうですが、常時使っていると慣れて効かなくなります。

体重減が本番レースの一瞬だけの瞬間芸であったように、サブスリーというのは、私にとっては「瞬間芸」のようなものでした。いつでもどこでもできるようなことではありませんでした。

レース当日のために、ピーキングをして、すべてを高めていったのです。体重減もそのなかのひとつです。合法ドーピングはそのための儀式のようなものでした。

マラソンも、人生も、私はゲームだと思っています。ありとあらゆる手段を講じて攻略する「この世でもっとも面白い」「この世でもっともやりがいのある」「あなただけの」ゲームです。

ダイエット・サプリメントは私にとってゲーム攻略の有効な手段のひとつでした。

みなさんも、参考にして、ゲーム攻略にお役立てください。

スポンサーリンク

関連記事

※雑誌『ランナーズ』の執筆者にして市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』発売中です。
プロフィールページ等をご確認ください。

https://arikura.com/nike/


https://arikura.com/shower-running/

ランニングシューズはAmazonでお探しください

※ランニング雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』についての詳細はプロフィールページをご確認ください。

◎サブスリー養成講座の核心部分

https://arikura.com/how-difficult/
https://arikura.com/grand-slam/

マラソンの極意。複数のフォームを使い回す
本稿のようなランニング講座では、速い人ほど求道者的で「理想のフォームはこれだ!」みたいに断言することがほとんどです。しかし『アリクラのサブスリー養成講座』では「フォームは決めつけない。臨機応変に変える」ことを提唱いたします。これは、本講座の最大の特徴のひとつだと思っています。
【究極の走り方】あなたが一番速く走れる方法はあなたの肉体が一番知っている。
肉体に命令するのではなく、リラックスして「まかせる」のです。肉体を解放しよう。自由に走ろう。 あなたよりも、あなたの肉体のほうが賢いのです。心臓ひとつ、あなたは自分の意志で動かせないではありませんか。

https://arikura.com/how-to-sub3-sole-jet/


スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
体ごと体重を前に投げ出して、普通だったら倒れるものを、足を送ることでギリギリのバランスで支える。前に進んでいないとフォームを維持できないフォーム。これを「動的バランス走法」と呼んでいます。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」
ストライド走法では、地面を蹴るのではなく、宙に振り出した方の脚に意識を向けます。 片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。 なぜならハサミは両方に開かれるからです。

走りの技術。ヤジロベエ走法。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。

https://arikura.com/balance-scale-running/

著者
お探しのものはありませんか?
その他ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました