【走友会の代走ルール】代走入賞! すいませんでした!!

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ここでは地元の小さな走友会の三代目リーダー、私アリクラ・ハルトが、走友会の中にあった代走ルールについて述べています。

走友会に入るメリットはこちらをごらんください。

走友会に所属しよう。切磋琢磨、競争して強くなった
よくスポ根マンガで「あいつがいたから強くなれた」と言いますが、あれは本当です。ライバルがあなたを強くする。これは間違いありません。走友会は、記録を伸ばすだけでない、豊かなものをあたえてくれます。みなさんも豊かなランニングライフのために、走友会に入ることを強くお勧めします。

また、走友会に所属すると、元箱根駅伝選手に出会って、自分が井の中の蛙であることを思い知らされたりします。

箱根駅伝を走った走友会の後輩。体幹の筋肉を使ったフォアフット着地が強さの秘訣
走友会に所属すると思い知ることになります。上には上がいると。箱根駅伝を走った後輩は、ランニングシューズのアウトソールが小指球側が擦り切れていました。腰を痛めてオリンピックコースから引退したそうです。これは彼が体幹の筋肉を使って、フォアフット着地していたことを意味しています。

そして代走して入賞してしまうようなアカン経験をした人がいたら、顔を見てみたいですよね。

はい。私がそいつです。すいませんでした!!

その時の「あちゃー」な心境についても書いています。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。小さな走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

市民マラソン大会に出られないときは、走友に代走してもらう

市民ランナーのみなさんは、マラソンシーズンになると、次から次へと市民レース大会を走っているものと思います。

私の友人にも、毎週日曜日はどこかのレースに出ているという人がいました。

こういう人はレースが練習、という感じで走っています。

実戦でつよくなる、という川内優輝選手の強化方法でお馴染みですが、別に彼の発明ではなく、昔から市民ランナーのあいだでは伝統的な強化法のひとつであります。

川内優輝選手はプロランナーに転向しても今より遅くなるだろう
問題はストライドなんだよ。スピードはストライドでしかカバーできない。老いて衰えるということは、ストライドが維持できなくなるということだ。若くバネがあるやつにストライドで勝てなくなるんだ。だからすべてのアスリートに引退の時が来るんだよ。川内選手には奇跡を見せてほしい

ところで毎週レースの予定を入れと、どうしても、急遽予定が入ってしまう時があります。

そんなときどうしたらいいでしょうか?

急に用事ができて市民マラソン大会を走れなくなってしまった時、私は走友に代走してもらいました。

代走したこともありますし、代走してもらったこともあります。

代走は日常茶飯事でやっていました。

スポンサーリンク

せめて参加賞をもらいたいから、代走を頼むことになる

私ハルトは一世代前(東京マラソン以前から走っていた世代)なので、しょっちゅう代走していました。

エントリーしていた市民マラソン大会に急遽出られなくなった時には、走友に代走をお願いしていました。

そのかわり、彼が急遽出場できなくなった時には、私が代走していました。

走りたかったのに走れなかったのは残念ですが、せっかくエントリー代を入金した以上、せめて参加賞(地元の名産品をおみやげにくれることが多い)はゲットしたいものです。

それがエントリー代を支払ったものの人情です。

参加賞を自宅まで郵送してくれればいいのですが、ほとんどの大会は郵送なんかしてくれません。

唯一、家族や友達が、大会会場まで足を運んだ場合のみ、エントリーカードを見せると参加賞を受け取ることができます。

しかし実質、参加賞の受領のためだけにわざわざマラソン大会会場まで行ってくれる人などいるはずがなく、参加賞を受け取る権利は事実上放棄することになってしまいます。

しかし誰かに代走を頼めば、問題は解決です。

走ることが三度の飯より好きというランナーズハイ脳内モルヒネ中毒者ですから、よころんでホイホイ大会まで走りに行ってくれます。

だから走友会では代走がはびこっていました。

スポンサーリンク

走友会の代走ルールをご紹介します

私は走友会に所属していたので、走友会のあいだでは、市民マラソンのエントリーカードがしょちゅう回されていました。

うちの走友会では代走のルールが決まっていました。それを紹介します。

代走してもらう人=A。代走する人=B。とします。

①(BはAに)エントリー代は払わない。

自己都合で走ることを棄権する羽目になったのですから、代走をたてても返金しません。

②(BはAに)参加賞(お土産)を持ち帰って渡す。

走る前後にもらった参加賞のTシャツやタオル、食料品や地元名産物はAに帰属します。

要するにBは走らせてもらうだけ。その条件でよければ誰か代走してください、という走友会ルールでした。

それでも代走チケットは人気で、すぐに数人の手があがりました。

誰も行けずに諦めたエントリーチケットはほぼなかったのではないかと思います。

走れない人、走った人、双方にメリットがある走友会の代走ルールでした。

スポンサーリンク

市民マラソン大会で代走入賞してしまったらどうするか?

このように代走を繰り返していると、自分でも思いもよらなかったトラブルに巻き込まれることがあります。

なんと代走で入賞してしまったのです。

入賞といっても地方のハーフマラソンの大会で、年代別の入賞です。

当時、私は四十代前半だったのですが、五十代の走友の代走をして、年代別で入賞してしまったのです。

年代別といっても普通はありえないことです。

五十代の市民ランナー(のトップクラス)がどれだけ速いか、みなさん知っていますよね?

トップ選手となると元実業団選手とか、箱根駅伝の経験者とかが普通に走っている世界です。

私はゴールまで全力で走りました。ハーフマラソンの大会で入賞なんてありえませんから、何の心配もしていませんでした。

ところがレースを終わって帰り支度をしていると、「入賞者の●●さん。至急大会事務局までお越しください」と呼び出しのアナウンスが数回にわたってあったのです。

「●●さん」というのは私が代走した五十代の選手です。

私は唖然とすると同時に焦りました。

代走はいいとしても、代走入賞はぜったいにやってはいけないことです。

本来、賞を受けるべき人が、押し出されて悔しい思いをすることになるのですから。

若い人が年寄りクラスで入賞するなんてダメ、絶対、です。

じゃあ何で全力で走ったのかって?

繰り返しますが、入賞なんてありえないと思っていたからです。

もし入賞するかもと思っていたら、手を抜いて走りました。ん? 手じゃなくて足を抜いて走りましたというべきか??

複数回アナウンスで呼び出しされましたが、もちろん無視です。

おめおめ出ていけるわけがありません。

ごめんなさい、ごめんなさい、と心の中で唱えながら、ただ時間が過ぎ去るのを首をすくめて待っていました。

さいわい優勝したわけではなかったので、事務局もそこまで熱心に探すこともなく、つつがなく表彰式は終了しました。

後日、入賞の症状と副賞メダルが代走した「●●さん」宛に送られてきたそうです。

くわばらくわばら。

スポンサーリンク

時代とともに代走禁止に

あとあと考えると同じ日に近くで大きなフルマラソンの大会があったので、実力者はみんなそちらに出ていたのでしょう。

いわゆる裏の大会だったのです。

その数日後、テレビや新聞で代走のニュースが大きく出ました。

とある大会で優勝した人が代走だったということがわかり、大問題となってしまったのです。

私が代走入賞した日と同じ日に行われた別の大会でのことでした。

市民マラソン大会というのは開催地の市町村が後援していることが多いのですが、優勝したのはその市役所の職員でした。

しかも彼の場合は年代別入賞という生やさしいものではなく、総合優勝でした。

表彰式に総合優勝者がいないわけにもいかず、事務局も必死になって探したのでしょう。

私のように無視して隠れているわけにはいきませんでした。

そしてルール違反の代走であることが発覚してしまったのです。

替え玉受験みたいなものですから、問題になるのは当然です。

そのうえ後援している市の職員が代走優勝ですから全国ニュースになってしまったのです。

この事件以降、代走はいけないという風潮が社会に大きく出てきました。

スポンサーリンク

東京マラソンがプレミアチケット化して代走禁止に

大会に優勝するぐらいの実力者です。自分が先頭を走っていることぐらい周囲を見渡せばわかることではありませんか。

ニュースを聞いたとき、私は憤慨しました。

ゴール手前で、ばてたふりして他の人に抜いてもらえばいいものを。

馬鹿なやつのせいで、代走が禁止になってしまう。

アドレナリン全開でゴールまで突っ切っちゃったんだろうな。

脳ミソ筋肉のバカのせいで、周囲のみんなが迷惑するんだ。

これまで代走の恩恵を享けに享けていた私が愚痴ると「お前も片棒を担いでる。人のことは言えない」と走友会でたしなめられました。

しかし私の場合は年代別の入賞です。

ゴールした時点で自分が何位にいるかなんて全然わかりませんし、ましてや年代別の順位なんてわかるはずがありません。

わからないからそのままゴールしてしまったのです。わかっていればゴール前で力を抜きました。

しかし優勝は別です。自分が先頭だということは絶対にわかってたはずです。わかっていながら、そのままゴールしてしまったということでしょう。確信犯です。

そのゴールがどういう結果をもたらすか、想像力が足りないのです。

私は脳筋じゃありません。勝てるわけないレースにたまたま勝ってしまっただけです。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

東京マラソンが超人気で出走権がプレミアムチケットとなったため、代走禁止の風潮は助長されました。

エントリーチケットが金銭売買されるようになったら、ランナーじゃなくてダフ屋の世界です。

今ではうちの走友会でも代走は禁止となっています。

こうして代走しほうだいだった、おおらかで自由な時代は過ぎ去ってしまったのです。

本当にごめんなさいの思い出でした。

厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『脳ミソで脚力自慢に走り勝つ方法』については、プロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました