快楽のダイエット講座。脳内モルヒネ中毒。アドレナリンが血糖値を上げ、食欲を抑えるランニングダイエット

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このページでは快楽のダイエット講座を開講しています。

快楽のダイエット講座とは、脳内モルヒネ中毒患者となり「ンギモヂイイイイィィ!!!!」と叫びながら、ヘロヘロになるまで走ることで激やせするというダイエット法です。

走るとアドレナリンが分泌されて血糖値が上昇するので、空腹を感じない?」

それだけじゃ足りません。

快楽のダイエットでは、ランニングの浮遊感を快楽と感じます。

太ることは、浮遊する快楽を捨てることにもなるのです。

ランニング・ハイの恍惚が強烈であればあるほど、太ることからは距離を置こうという気持ちになります。

ダイエットを我慢と捉えるのではなく、快楽を意識すれば、自然と痩せることができます。

そもそも走ることで膨大なカロリーを消費していますから、食べてもそう簡単には太りませんけどね。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

ランニング・ダイエットの効果は絶大

ダイエットのためにランニングをはじめようとする人がたくさんいます。特に女性に多いですね。

今日はそういう方のために、市民ランナーのグランドスラムを達成している私ハルトが、ランニング・ダイエットについて体験的に知ったことを書こうと思います。

研究者ではなく実験動物の立場で語ります。

そしてなぜそのようなことが起こるのかについて解説します。

ありがちな、誰でも知っている視点、解釈については省略させていただきます。

ダイエットのありきたりな解説というのは、『ダイエットというのは消費カロリーが摂取カロリーを上回ることであり、ランニングは消費カロリーを上げるのに有効です』というやつです。

もう目が腐るほどいろいろなところで見たり聞いたりしていますよね。

もうそんな情報いりませんよね?

そんなことはもう誰でも知っていますし、その差し引きがうまくできないから問題が発生しているわけです。

たしかにランニングはただ座っているよりもカロリーを消費しますからダイエットに効果があります。

でもその分ハラが減って食べてしまったらダイエット効果なんかゼロです。

ランニング・ダイエットの記事を見ると、最後には「ストレス解消になって気分スッキリ」とか「血行が促進されて肌がつやつやになる」とか最後の結論が「体重減とは別の内容」にすり替わっている記事をたくさん見かけます。

私はそういう記事を書くつもりはありません。

ダイエッターが知りたいのは実際に体重減に効果があるのかどうかだと思います。

結論から先に書きますと、ランニングのダイエット効果は絶大です。

なぜって走ると食欲が抑えられるからです。

スポンサーリンク

なぜ走ると食欲が抑えられるのか?

走っていない人は「そんなわけない。運動したら腹が減るに決まっている」と想像すると思います。

ところがやってみればわかりますが、なぜか不思議なことに「走ると食欲が抑えられます」。

想像と実際とは違うのです。

水は飲みたくなりますが、何かを食べたいという気持ちは遠ざかります。

この現象を私はこのように解釈しています。

『有酸素運動によって脂肪が分解されて栄養として利用されるモードに入るため、運動後も脂肪分解モードの間は栄養価の高い血液が維持されるため、腹が減らない』。

もちろん脂肪分解モードが終了すれば腹は減ります。

しかしそもそも「太っている」というのは「腹が減る」→「食べ過ぎる」を繰り返すから起こることです。

極論すれば、腹が減ったら寝てしまえば太りません。

寝ている最中は食べる行為が行えないわけですから。

もしお腹が減っていなければ、無理して食べる必要はありません。

一日三食は絶対のルールではありません。

空腹でないなら一日二食でもいいでしょう。江戸時代以前の人たちは一日二食だったといいます。私もずっと一日二食生活を続けています。その方がずっと体調がいいです。一日三食は食べすぎなんじゃないかな。

名著『BORN TO RUN』に出てくる走る民ララムリ族も、一日二食だそうです。

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。

空腹状態は健康にいいと言われています。

空腹状態になると、免疫細胞は病原菌を積極的に食べるのだそうです。

デブの方が病気になりやすく、体が弱いのはこのせいではないかと思います。

また消化器系が排泄モードになり、お通じがよくなり、宿便の分だけ体重が減ります。

スポンサーリンク

快楽のダイエット。空腹は快楽である。

空腹の効果はそれだけではありません。

空腹には快楽があります。

ダイエッターが何度もダイエットを繰り返すのは、実は空腹の快楽のゆえではないでしょうか?

満腹状態と比べるとわかりやすいのですが、脳がクリアになり、世界が澄んできます。

生存本能がよびさまされて、より生きている実感が強くなります。

腹が減っていると、太鼓の狩猟採取時代の生存本能が目覚めて、獲物を捕えないと死んでしまうモードになり、肉体に活力が満ちてくるのです。

また、何かを美味しく食べたい時は「空腹時」に限ります。

もう同じものとは思えないぐらい腹が減っていると食べるものが美味しいです。

空腹は最高のスパイスと言います。

スポンサーリンク

走ることは快楽。アドレナリンが血糖値を上げて空腹を抑える

走ることは快楽です。とくに「ちょっとキツイ」ぐらい走ると、血中にアドレナリンが分泌されます。

アドレナリンが分泌されると血糖値が上昇するのだそうです。

血糖値が上昇している間は「空腹のサイン」が発っせられません。

アドレナリンは別名、闘争ホルモンと呼ばれています。
走るというのは何かに抗う行為です。重力に抗い、風に抗います。
それだけでなく、ライバルに抗い、年齢に抗い、怠惰な自分に抗います。
そうして分泌されたホルモンが、あなたを力強く走らせ、また食欲を抑制してくれるのです。

走ることは快楽です。ランニング・ハイ(ランナーズ・ハイ)と呼ばれますが、一種の恍惚状態が訪れます。

走ることをやめられなくなるのは、この恍惚状態のゆえです。

この現象を私はこのように解釈しています。

『走り始めは苦痛であるため、その苦痛を消すために脳内モルヒネがドバっと分泌される。走ることにはやがて慣れて苦痛ではなくなるが、脳内モルヒネはひきつづき分泌されるため、恍惚感だけが続く』。

走ることに熟達すればするほど、恍惚状態に達しやすくなります。

またランニングというのはウォーキングと違い「宙に浮く運動」です。

浮遊感があり、これもクセになります。

浮かぶことは、単純に、気持ちがいいのです。

この「気持ちよさ」のためには、軽いことは最重要課題になってきます。

空を飛ぶ鳥などは、身を削って骨までスカスカにして体重を軽くしているのです。

ここまで脳内モルヒネ中毒になると、もう太ってなどいられません。

太ることは、浮遊する快楽を捨てることにもなるのです。

ランニング・ハイの恍惚が強烈であればあるほど、太ることからは距離を置こうという気持ちになります。

そもそも走ることで膨大なカロリーを消費していますから、食べてもそう簡単には太りませんけどね。

ダイエットを我慢と捉えるのではなく、快楽を意識すれば、自然と痩せることができます。

苦痛を味わいながら痩せるのではなく、ランニング・ダイエットで快楽にひたりながら、あなたも痩せてみませんか?

天然由来の脳内モルヒネジャンキーになろうぜ!!

厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

ランニングシューズをお探しなら

※雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『言葉の力で肉体を動かす(市民ランナーという生き方)』(グランドスラム養成講座)についての詳細はプロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました