市民ランナーのランニングシューズの選び方(ちんば練習)

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

市民ランナーのランニングシューズの選び方はどうすればいいでしょうか?

「弘法筆を選ばず」という考え方もありますが、1秒でもいいから速く走りたいと考えるならば、ランニングシューズのことは、熟慮する必要があります。

ここでは市民ランナーのランニングシューズの靴底ソールの問題をとりあげています。

はっきりいって最適のシューズはいくら頭で考えてもわかるものではありません。実際に履いてレースペースで走ってみるしかありません。

最適のシューズは、理屈でなく、おのれの肉体に訊いてください。

【究極の走り方】あなたが一番速く走れる方法はあなたの肉体が一番知っている。
肉体に命令するのではなく、リラックスして「まかせる」のです。肉体を解放しよう。自由に走ろう。 あなたよりも、あなたの肉体のほうが賢いのです。心臓ひとつ、あなたは自分の意志で動かせないではありませんか。

どのシューズが自分に合うか、わからなかったら左右別シューズを履いて走る「ちんば練習」をして、レース前に確かめることをオススメします。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「豪脚自慢に工夫で走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

日曜劇場『陸王』。靴底ソールの差は確実にある

ひとりの市民ランナーとして、テレビドラマ日曜劇場『陸王』を、パートナーのイロハと一緒に面白く視聴していた。イロハはランニングはシロウトであるため、時々、ランニング雑誌の連載コーナーを執筆していた私ハルトにテクニカルなことを質問してくる。

イロハ「へえ。陸上競技って靴で決まるんだね~」

ハルト「いやいやいやいやいや!! 決めるのはアスリートの肉体で、靴じゃ決まらんよ。でもラスト数秒の決め手にはなってくれる。アシックスアディダスといった大企業が威信をかけてアスリートに提供しているフラグシップモデル同士で、片方が故障を誘発し、片方が故障しにくいというほど性能差があるなんてことは現在ではありえないよ。でもソールの差ってものは確実にあるから、その差を拡大して『陸王』のように表現にすることはありだと思う」

イロハ「やっぱり靴底の差はあるんだ」

ハルト「たとえば、クライミングシューズって知ってる? フリークライミングの時に使用する専用靴なんだ。
中国の纏足女性の靴みたいに足を丸めて小さくして履くシューズなんだけど、ランニングシューズとは比較にならないぐらい靴底がカチカチに硬いんだ。どうしてだかわかる?」

イロハ「壁の上で小さな突起物につま先部分だけで乗っかってる時に、靴底がぐにゃりと曲がると困るから?」

ハルト「正解! 靴底が柔らかすぎると体重でグニャっと曲がって突起から落っこちちゃう。靴底っていうのはそういう役割を担っているのさ。同じように陸上選手にも、彼のフォームにふさわしいソールっていうのがあるんだよ

イロハ「ハルトにもそういうのがあった?」

ハルト「ドラマ『陸王』の場合、ニューイヤー駅伝レベルのトップアスリートの世界の話しだから、選手個人の足型があって特注で作られているんだ。

市民ランナーは市販の量産シューズの中からもっとも自分に適している靴を選んでいくわけだけれども、やっぱり速く走れる靴、長く走れる靴、ジョギングが気持ちいい靴、いろいろあったよ

スポンサーリンク

ちんば練習。左右別シューズでの試走のすすめ

イロハ「そういうのって履いて全然違うの? どうやって選べばいいの?」

ハルト「おれは左右別のシューズを履いて試してた。右はアシックスの『ターサー』。左はアディダスの『REN』という具合に」

アシックスのターサージャパン。主力シューズのひとつ。

同じくアディダスのアディゼロシリーズ。戦力拮抗しすぎて、どちらを選べばいいのか、いくら考えてもわかりません。

イロハ「うわっ。カッコ悪い! 左右別々の靴で走ってたの?」

ハルト「それが一番、自分に合うシューズがわかるんだよ。お米の種類を味でわかる人がいるけど、同時に一緒に食べないと判別するのは難しいんじゃないかな?

イロハ「たしかにイチゴ狩りに行っても一種類しか食べないと違いがわからないけれど、同時に数種類を食べると明らかに違いがわかるね。シューズも同時に履くからこそ微妙な違いがわかるのか。でも…恥ずかしくなかった?」

ハルト「夜ラン派だから大丈夫。暗くなってから走ってたから、誰もおれの足元なんて見ていないよ」

イロハ「そっか。左右別々のシューズで走ってたのか。女子ランナーにはちょっと微妙なところね。恥ずかしすぎる」

ハルト「微妙な接地の感触を確かめるための練習だよ。左右別々の靴で走る練習。これを『チンバ練習』と名付けよう」

イロハ「ちんばって何?」

ハルト「あれ? 関東じゃ言わない? 靴の左右をはき違えることをチンバっていうんだけど、名古屋あたりの方言かな?

スポンサーリンク

決戦用シューズはチンバ練習トーナメント戦のすえに選ぶ

ちんば練習で大事なのはレーススピードで走ってみること。

走るスピードで体の前傾具合や、靴底が接地する位置などは変わってくるから、レースシューズはレーススピードで走って選ばないとダメなんだ。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
体ごと体重を前に投げ出して、普通だったら倒れるものを、足を送ることでギリギリのバランスで支える。前に進んでいないとフォームを維持できないフォーム。これを「動的バランス走法」と呼んでいます。
走りの技術。ヤジロベエ走法(旧名・天秤走法)。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。
戦闘速度のフォーム。「ヤジロベエ走法」(天秤走法)+「ハサミは両方に開かれる走法」
「天秤走法」とは脊柱を直立・中立させて、支柱前後の筋肉を交互にピストン運動させる走法のことです。「ハサミは両方に開かれる走法」と組わせると、必殺走法が完成します。

ハルト「スポーツショップで軽くジャンプしたり、店内を軽くジョギングしてみてランニングシューズを決める人がいるけれど、秒単位で削る気持ちでシューズを選ぶなら、めぼしい靴を数足買って左右別シューズでの試走チンバ練習をすることだよ

イロハ「試走は夜にね(笑)」

ハルト「チンバ練習には、走る感覚が変わって練習が退屈しないというメリットもあるよ。

起伏のない市街地に住んでいる市民ランナーの練習はどうしても単調になりがちだから、左右違うシューズを履いて走るのは、イベントみたいなものだ。左右のシューズの何が違うのか、どうして違うのか、それを研究することは、自分の走りを研究することでもあるんだよ」

イロハ「なるほど。非ランナーの私にもよくわかった」

ハルト「秒単位で勝負する最適のランニングシューズを選びたいのならば、数足買って、チンバ練習トーナメント戦の末に選ぶことだよ。

人間は本当は足の長さだって違うし、路面だって雨水が溜まらないように路肩側が低くなっているのだから、左右別のチンバシューズでレースに出るという手だって本当はあるはずなんだ。

左は27センチの靴、右は27.5センチの靴が最適だったら、二足を組み合わせるしかないじゃん。

やれることはすべてやる。それが秒単位でタイムを縮めるということの本質なんだよ」

イロハ「チンバかあ。恥ずかしいけど、自己ベストのためになりふり構わず、だね!」

厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

ランニングシューズをお探しなら

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『市民ランナーのためのグランドスラム養成講座~豪脚自慢に頭で勝つ方法を教えます~』については、プロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました