中国の朝は豆乳とパオズ(包子)

イロハ
スポンサーリンク

イロハです。みなさん、中国はお好きですか?

私イロハは、中国という国があまり好きではありませんでした。しかし、何度か旅するうちにステキな一面も発見するようになりました。その一つが食です✨

中国の方は朝食には温かい物を好みます。胃にやさしいからだと言います。なので、街角では温かい朝食を売る屋台や小さな店に列ができており、これに並ぶとはずれがありません。

私たちの合言葉は…『中国の朝は豆乳とパオズ(包子)』これは完璧な答えです。

↓ 左から麻婆豆腐、豚肉(うずら卵入)、下はニラです✨

↓ この肉まんたちと一緒に買ってほしいのは豆乳ですね(^^♪

こういった大概のお店で販売していますし、屋台でもありますが、皆が買う人気商品なので売切御免なのです✨

温かくて甘くって、本当にオイシイ😋。

豆水は、日本の豆乳と違って砂糖が入っていてあまいの♡

日本でも売ってくれないかしら。。

この包子(パオズ)。要するに肉まん豚まんのことです。

でも種類が色々と豊富♡ サイズが小さく、多種類食べることができます。

メニューの看板は漢字の表記なので、具材まで理解できます。

しかし注文できません!

なぜだかわかりますか?

中国を旅すればわかりますが、意味はわかるけれど、発音できないのです。

中国旅行につきまとう宿命です。意味はわかるのに、注文(発音)できない。。。

今こそ筆談です。紙とペンが大活躍する国が中国です。

欲しい商品名と個数を紙に書いて店員に見せます。

はい。注文できました!

お客の中には白人さんもいて、私たちの発注の仕方をうらやんでいました。

私たちがアラビア文字を書けないように、彼らは漢字なんて書けないのです。

「なんだよ。字、読めないの?」

ちょっとした優越感をあじわえますよ。

中国人、台湾人、日本人だけが筆談で意思疎通することができます。特別な同胞という感じがします。北京ペキンに来ると、東京トンキンから来たということが、何か特別な意味を持っているような気がしてくるのです。

豆水と包子のおかげで、中国に親近感を感じることができました。

ぜひご賞味あれ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
イロハ美味飲食-健康-体のケア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました