神に叛逆した堕天使「暁の明星」悪魔サタン。奴隷生活の平穏無事よりも、苦難に満ちた自由を選ぼう。

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こちらは悪魔サタンを自由のために神に叛逆した英雄のように描いているミルトン失楽園』について書かれたページです。

悪魔を賛美していますので、不快な方、興味の無い方は、ただちに立ち去ってください。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。ボストンマラソン、ニューヨークシティマラソン、バンクーバーマラソン、ユングフラウマラソン、ロトルアニュージーランドマラソン、ニューカレドニアヌメアマラソン、ホノルルマラソンなど海外マラソン歴も豊富。月間走行距離MAX600km。雑誌『ランナーズ』で数々の記事を執筆していた物書きです。「頭のよさで走り勝つことはできるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

【書評】ミルトン『失楽園』とは?

唯一神エホバがイエスを自分の息子というだけで天使たちの首座につけたことに納得できなかった輝ける天使ルシファーは、天使の自由と独立のために戦うが一敗地に塗れる。

明けの明星と呼ばれた輝ける天使は今や悪魔サタンと呼ばれるようになり地獄に落とされてしまった。

サタンはエホバの力に怯える仲間たちを励まし、本当に神は絶対で、天使は神を讃え服従するだけの劣った存在なのかと問いかける。

そして神の絶対性に挑戦するために、神が愛した人類(アダムとイブ)に神を裏切らせてみせる謀略をはかる。

悪魔の計略は成功する。それは勝利とはいえなくても復讐と称するに足りるものだった。

しかしすべては神の想定範囲内のことであり、やがて息子イエスを救世主としてつかわすことを予言する。

アダムとイブは楽園を失い、追放される。

スポンサーリンク

いちばん感情移入できるのは悪魔サタン

ミルトン失楽園はざっとあらすじを述べれば上のようなお話しです。

しかし神話的な叙事詩なので、あらすじをいくら読んでも、失楽園のよさは伝わりません。

神は細部に宿る、ですから。

しかし私が問題提起したいのは「読者として、いったい誰にいちばん感情移入できますか?」というところです。

神エホバ? まさか神すぎます。

息子イエス? 聖人君子すぎます。

アダムとイブ? まあギリギリ感情移入できます。

しかしもっとも感情移入できるのは、叛逆の堕天使ルシファーではないかと思います。

失楽園を会社の現代劇にたとえてみたら、いかがでしょうか?

スポンサーリンク

『失楽園』を現代サラリーマン劇に書き換えてみた

「天国有限会社」の絶対的オーナーのエホバ社長のもとで長年滅私奉公の忠勤に励んでいたルシファー常務は会社の未来は自分の託されるものと信じていたが、突然、次期社長は息子のイエスじゃ」と宣言された。

息子というだけで後継ぎなんて納得できないルシファー常務は、実力を示して会社を乗っ取ろうと叛逆するが、クーデターに失敗して会社を追われてしまう。

能無しの平社員のアダム主査イブ主任はエホバ社長を賛美しひたすら服従することでおとなしく給料をもらっていた。

ルシファー常務は、他社のサタン営業と名を変えて、アダム主査とイブ主任を口説き落とす。

「おたくの社長は従業員にはわずかな給料を出すだけで、ほんとうは莫大な社外秘のノウハウとレシピを会社にためこんでいるんだ。ちょっとぐらいレシピを知ったって文句を言われる筋合いはない」

イブ主査はサタン営業の口車に乗って、会社の社外秘のレシピを知ってしまった。

エホバ社長はアダム主査とイブ主任を首にして、会社を追放する。

スポンサーリンク

偉大な人間には、偉大な敵がいる

イエスが実力を示した後ならともかく、強権発動し、息子というだけで新参者が上司になったら、誰だっていい気はしないのではないでしょうか。

徳川家康の息子だからっていうだけで頭を下げるのか、ちょっと待てと戦いを挑むのか?

実力を示そうとしたルシファー常務は男らしいと思いませんか。まして相手は唯一無二の絶対的な社長です。

負けて会社を追われた後も、復讐の機会を狙っている。

そして社員に裏切りをさせて、離間の策を成功させて、いちおうの復讐を遂げるのです。

ひたすら社長に服従するだけのアダム主査とイブ主任よりも、社長の権力に挑戦するルシファー常務の方がはるかに英雄的です。

ミルトンはキリスト教を賛美する目的で『失楽園』を書いているので、イエスと精霊サイドが主役の書き方をしているのですが、現代のわたしたちは物語の主人公が堕天使サタンであるようにしか読めません。

偉大な人間には、偉大な敵がいる」というユダヤの格言があります。
「偉大な神には、偉大な悪魔がいる」とは言えないでしょうか。

インドラとアシュラ。
ゼウスとテュポーン。
トールとヨルムンガルド。
スサノオとヤマタノオロチ。
そしてエホバとサタン。

全能者エホバと「星の中の星」「暁の明星」と呼ばれた大天使

スポンサーリンク

ルネッサンスの奴隷解放戦士。デビルマンの原型

さて、堕天使サタンの自由の反逆について見ていきましょう。

さすが神の敵。セリフがいちいちカッコいいのです。

「乾坤一擲の希望を等しく賭け、一戦を交えて、至高者と対等たらんことをうかがった彼」

「大胆不敵にも、あえて全能者に向かって武器をとって刃向かってきたこの者」

「威信を傷つけられて生じたあの決意と憤怒こそ、私を駆って最強者と一線を交えしめ、無数の武装の天使らを激しい戦いに赴かせたのではなかったのか」

「一敗地に塗れたからといって、それがどうしたというのだ? すべてが失われたわけではない」

「つい今しがたおのれの主権の失墜を危ぶんだ彼の力を崇めろ、とでもいうのか。それこそまさに卑屈」

「永世を誇る王の心胆を寒からしめ、その至上権を俎上に乗せ、それを支えるものは何か、と追及した」

「天国において奴隷たるよりは、地獄の支配者たる方が、どれほどよいことか!」

「絢爛たる奴隷生活の平穏無事な軛よりも、苦難に満ちた自由をこそ選ぼうではないか。」

「わたしがここに来たのは、天使の軍勢を自由にするため

内部に聖なる活力があると感ずる限りは、何ものに対してもその全能者たることを容認しえないどころか、むしろ自らが神々であることを主張する」

「天とはすなわち自由のこと。しかし多くの天使が奉仕の天使に堕している。この奴隷たちを自由な天使と戦わせたら……」

「行動に訴えてもなお威しえない相手を、言葉だけの空威しで恐れさせようとしても無益というものだ」

「たとえ支配権を握りえなくても、とにかくここで自由に住むつもりだ

ほとんど自由解放戦線のゲリラ戦士のセリフにしか見えません。

悪魔サタン、カッコよすぎます。永井豪の漫画『デビルマン』の原型を見る思いがします。

スポンサーリンク

××はレベルが上がった(まとめ)

神のひとり子イエスの王座を認めることができず、天使たちの自由を賭けて叛逆した悪魔サタンの物語『失楽園』について解説しました。

いかがだったでしょうか?

もちろんキリスト教の正当性を謳う叙事詩としても読むことができます。っていうかそっちの方が正当の読み方だと思います。

でも人権とか自由のために戦うルネッサンス的な人物として悪魔ルシファーをとらえた方が、物語としておもしろいですし、文学的な深みも増すように思います。

『失楽園』のもうひとつ見どころは、アダムがイブを愛するあまり、激しい愛情にかられて、彼女とともに亡びる決意をする場面です。

イブを失って楽園で永遠に生きるよりも、楽園を失ってもイブと一緒に生きて、死すべき運命を受け入れるのです。

自己啓発本とか、お金儲けの本とかを、たまには離れて、はるか天国で行われた幻魔大戦の一大叙事詩に心を遊ばせてみてはいかがでしょうか?

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。
プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました