夢枕獏『神々の山嶺』。山のあしたのジョー

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

イロハ「ハルトはいつも語るよね『神々の山嶺』。大好きなんでしょ?」

ハルト「言ってしまえば、ただの山の『あしたのジョー』なんだけどね」

イロハ「どんなところが?」

ハルト「あなたにもらってほしいんですって遺品(手記、グローブ)を渡すところ。足をくじけば膝で這い、指をくじけば肘で這いと、燃え尽きるまで命を燃やすところ」

イロハ「ツンデレか!! いきなりディスってない?(笑)」

ハルト「ついでにいうと山のアルベール・カミュの『シーシュポスの神話』これは初めから山がテーマで、そのまんまか」

イロハ「どんなところが?」

ハルト「何の意味もないのが人生で、何かの途上であっても、命を燃やすことこそが人生という哲学が」

イロハ「ツンデレか!」

ハルト「おれたちがカトマンドゥに行ったのも、エベレストを見たのも、ダクシンカーリの血の儀式を見に行ったのも、すべてこの作品があったからなんだよ」

イロハ「やっと素直になったか。それほど影響されてるんだ」

ハルト「小説読んで泣きそうになったのは久しぶりだったから」

イロハ「山ヤの端くれだもんね、ハルトも(笑)」

思え。

ありったけのこころでおもえ。

想え――

タイトルとURLをコピーしました