ツアーコンダクターの使命感

スポンサーリンク

心の放浪者アリクラハルトの人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

書籍『市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー養成講座)』『結婚』『片翼の翼』(無料公開中)キンドル書籍にて絶賛発売中です。ぜひご一読ください。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

イロハ「ハルトはどういうつもりでブログの旅行記を書いているの?」

ハルト「メインコンテンツは『トラベルはトラブル』シリーズ。実際におれが直面したトラブルを通じて、トラブルを避ける教訓を得たり、面白おかしく読んでくれたらいいなあって思っている」

イロハ「ハルトほどいろいろな国でトラブルまみれな人もいないもんね」

ハルト「そんなことないよ。昔、おれはツアーコンダクター(アテンダント)の女性と付き合っていたことがあるんだ。その時は、さすがにおれも聞き役だったよ。トラブルネタなんていくらでも持っているし、彼女の押し入れにはありとあらゆる「地球の歩き方」シリーズが、本屋さんもびっくりするほどたくさん並んでいたよ」

イロハ「そういう人がこういう旅行記を書けばいいのに」

ハルト「数は多くないね。旅行記を書いているツアコンの人」

イロハ「仕事になっちゃうと、思い出すのも嫌なんじゃないの? 忘れたいのかも。彼女はどんな人だったの?」

ハルト「どちらかというと普段は控えめで気の弱そうなタイプだった。

ホテルの部屋でお湯が出ないとか、トイレの水の流れがよくないとか、お客様から苦情があるじゃない?

そういうときどうするんだろうと心配になるようなタイプだったんだけれど、そういうときはちゃんと言えるんだって。

自分のためには言えなくても、お客様のためならば言える。自分のためなら我慢しちゃいそうなことでも、自分の後ろにお客様がいると、勇気をもらって強く主張することができるって言ってた」

イロハ「いい話だね。人間、そういうものなのかも」

ハルト「彼女の言ってた言葉でそれが一番印象に残っている」

イロハ「ハルトも誰かのために勇気をもらって戦ったことってある?」

ハルト「おれ、君のためにラスベガスで用心棒と戦ったじゃん

イロハ「ああ、あのときね(苦笑)」

自分のためには闘えなくても誰かのためには闘える。とてもいい言葉だと思いませんか?

タイトルとURLをコピーしました