沖縄旅行 イロハ編Ⅱ ~リッチホテルステイと染物体験~

イロハ

イロハです。
沖縄旅の美味しいものは前回ご紹介しました。
今回はオクマプライベートビーチ&リゾート宿泊沖縄サンゴ染め✨体験をご紹介します!

私達は世界の色々な所を見ようという想いで、年に何回も旅をします。ですから、少しでも経費を浮かそうと(笑)普段は安宿泊のバックパック旅が基本形。
でも、今回は第4回JALカードと行った思い出の旅コンテスト」でいただいた宿泊券を使って、リッチホテルに滞在してきました〜(//∇//)嬉しい!

沖縄滞在2日目(初日はもちろん安宿)レンタカーを借り、ポー玉おにぎりを持って奥間へ。まずは高速にのり、許田ICの道の駅を目指します。
道の駅許田は「旅行好きが選ぶ日本全国道の駅トップ20」というランキングで見事1位に輝いていますので、必ず寄らねば✨那覇を11時に出発し、2時間程で許田ICに到着。

店内には、サーターアンダギーなどが売られているパン屋さんや商品の充実したお土産コーナーがあります。国際通りよりも少し安かったので、私達のお土産はほぼここで買いましたし、美ら海水族館のチケットもディスカウントしていたので、もちろん購入!

欲しかった油みそもGET(*´∀`)♪

買い物が済んだら2階に上がり、ぜんざいをいただきます。

ここから更に国道58号で走ること30分💨で、オクマプライベートビーチ🏖到着♡

チェックインを済ませると、今日のお部屋、パームコテージに案内してもらいます。

可愛らしいコテージ❣ベランダから海が望めます。

フリーの端末もありました。

本当はアクティビティでS D P B(スタンディングパドルボート)に挑戦したかったのですが、風が強く黄色旗🏳でして‥❌ また、今度ね。。(涙)

さて、イロハもビキニ👙に着替え、ビーチにGO❣

なかなか広いプライベートビーチ

心地良い風が吹いており、陽射しは強いのに汗をかきません💦湿度が低いんだなぁ。
パラソルの下、ベッドに寝転んでお昼寝デス♡

日本人は日焼けを気にして、女性はだいたい全身ラッシュガードを着ていますね〜若い子以外は‥。

しかし、海外に行くと結構な年齢でも、どんな体系であろうとビキニ👙など露出度の高い水着を着てますd( ̄  ̄)
まあ、文化の違いと言ったらそれまででしょうが、あれはあれでカッコイイです。本人の度胸と周りの寛大な心が必要ですが‥。
ですから、私も着たい水着を着ます!(周囲の皆様ごめんなさい)

私は自分がおばあちゃんになっても、自分で自分の事を「歳だから‥」なんて思うようにだけはなりたくない。いくつになっても着たいものを着ればイイ♡そう思ってます❣

久しぶりに燦々と降り注ぐ太陽☀の陽射しを浴びて、気持ち良かった~。自然に癒される静かなビーチでした。また、プールもあるので、海がダメな小さいお子さん連れなどでも楽しく遊べます。でも、大人はやっぱりビーチかな〜

部屋に戻り、シャワーを浴びたら夕食デス♡
ホテル内にはレストランが4箇所と居酒屋、カフェがあります。宿泊券に食事が付いていましたので、私達はブュッフェスタイルのレストラン(サーフサイドカフェ)を選びました。室内と外に席がありましたが、もちろん外✨(虫には要注意!)

沖縄の郷土料理はもちろん、中華や点心など品数も多く、アルコール以外のドリンクは料金に込み。デザートも充実なので‥お腹いっぱいです(^^)v

食事後、ホテル内を散策していたら、ショップでステキなアロハに遭遇❣オクマの想い出として‥ハルトにプレゼント ♡

せっかくの七夕様🎋なので、ビーチまで星を観に行きます。誰もいないビーチでベッドに寝転び、沢山の細かい星たち🌟を眺めます。

そして、たわいもないおしゃべりの贅沢な時間♪こうして夜は更けていきました。

翌朝はお散歩から。オクマにはチャペルも併設されています。そういえば昨日、ウェディングしてたかも? 七夕だものね〜♡

チャペルからはビーチが望めて、素敵♡

朝の日差しの下、朝食です。昨日あんなに食べたのにお腹空いてる(笑)

お粥やサーターアンダギーなど、軽めにね(^_−)−☆ここでもポー玉ありましたよ~。

のんびりとリゾートさせてもらったホテルをチエックアウト。美ら海水族館へ向かいました。

那覇へ帰る前にアセローラフレッシュで、ビタミン補給し、那覇へと戻ります。

サンゴ染め体験でお土産を手作り

沖縄でやりたい事の1つが紅型染めでした!タイトな日程でしたので、予約はしなかったのですが、どうやら時間がありそう✨当日電話予約を首里琉染さんでしました。

高速の渋滞を切り抜け、指定の4時30分にギリギリ到着💧作業に1時間、説明や片付けが30分程かかります。紅型で予約しましたが、サンゴ染めも出来るとの事。風呂敷とトートバックを選びました。他にTシャツもあります。

これはHPで見ていましたが、実物はもっと美しい❣

つい、予定変更です。

サンゴは現在、採捕等が禁止されています。海辺のカケラを持ち帰ることも。実際、ここで使用するサンゴは50年前の物だそうなのです。

黄色・赤・青・紫の4色を重ねる事で異なる色を作り出し、自分の好きなサンゴに布を被せてを模様を写し取っていきます♫サンゴによって模様が違いますから、迷いまくりデス(汗)

色や形、そして配置!頭の中で構図を描きながら、一発勝負‼脳のいつも使っていない部分を使い、集中して行うので、1、2時間はあっという間です。終えると達成感と疲労が押し寄せます(笑)作業はここまで。後は持ち帰って自宅で色止めのアイロンをかけて出来上がり♡


こんな感じに仕上がりました。世界に1つの沖縄サンゴ染め♪素敵でしょう❣

以上、こんな私達の沖縄旅。いかがでしたか?
海外に出ずとも、近場でこんなにステキな旅ができるとは‥٩(^‿^)۶

なかなか大満足の沖縄ステイ✨ありがとう、JALさん!

プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

イロハ
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました