妖精ココペリ。笛を吹いて大地に実りをもたらす自然の象徴

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

知っていますか。アメリカのココペリ

イロハ「うわあ、ココペリだ。アメリカのマザーロードと呼ばれるルート66を通ってアリゾナ砂漠を横断している時、はじめて出会ったんだよね。ココペリ」

ハルト「ディズニー映画の『カーズ』は当初『Route 66』というタイトルで制作されていたんだとか。そういえばやたらとルート66が作中に出てくるよね」

ハルト「ココペリはネイティブアメリカンのイメージしたアリゾナ砂漠の自然の化身だね。こういう存在、大好き。笛を吹いて大地に実りをもたらすとされているんだ」

イロハ「目に見えない鳥の鳴き声とか、自然の音はすべてココペリの笛の音に仮託したのかもね。すてきな擬人化だね。女性には子宝をもたらすとか」

ハルト「コウノトリみたいなやつだな

イロハ「大地に恵みの雨を運ぶともされているのよ」

ハルト「中国の龍か。キリスト教伝来以前の原始的な大地の精霊だね。ネイティブアメリカンの原始宗教の名残だな」

イロハ「民族が征服されると同時に滅んでしまう霊的存在も多い中、かわいくデフォルメされて、今もマスコット的に残っているのね。よかった」

ハルト「自然は不滅だからね。ココペリは自然の化身だから。ココペリの笛の音は風の歌のような気がするよ。アリゾナの砂漠で風の歌を聞いた人が、ココペリのような存在を思い浮かべたんじゃないかな」

イロハ「チチカカとか、チャイハネとかのお店に、よく探すと必ずいるから、探してみて。今ではディズニーランドにも出没しているらしいわよ」

ハルト「イロハはケータイのストラップにもしていたよね。かわいらしい自然の精霊がそばにいてくれるなんて、こんなにシンボリックなストラップもないね」

日本人は自然に神を見ていたから、ココペリのような存在は感情移入しやすいと思います。

汎神論です。太陽はアマテラス、カミナリは天神様、風は風神、風の歌はココペリ。

ココペリはアリゾナ砂漠そのもののような気がします。

ネイティブアメリカンの豊穣の象徴なのです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
感動・ライフ・お金・仕事旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました