世界一の市民マラソン。ニューヨークシティマラソン。

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの旅する人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

当ブログの写真はご自由にダウンロードして二次使用していただいて結構です。

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

走歴は15年を越え、フル100回楽走会に入会できそうなほど走ってきた私ですが、世界一のマラソン大会は何かと聞かれたら、躊躇なく答えます。

それはニューヨークシティマラソンだ、と。

スポンサーリンク

ニューヨークシティマラソンを走りたい!

ニューヨークシティマラソンの前日にはフレンドシップランという親睦ジョギング大会があります。

フレンドシップランはレースとは関係ないため自由参加ですし、タイムも取りません。

基本的には外国人は母国の格好をして走る人が多いように思います。たとえば北欧の人はバイキング帽子を被るなど。

私たちは柔道着で走りました。あきらかに中国、韓国人ではないとわかるので「ヘイ。ジャパニーズ」と、いろんな人たちから一緒に写真におさまってくれるように求められました。

NYCMは世界で一番人気がある市民マラソンといっても過言ではありませんので、世界中からランナーが集まります。やっぱり日本人は和風の格好するとモテますよ!

その人たちとの交流も忘れられません。

NYCM本番では、道幅のわりにランナーが多すぎるなあと思ったのも、忘れられませんけれど。当時はまだ4時間切るぐらいのランナーだったので、大渋滞で前に進めませんでした。

レース本番、私は真っ白のランニングTシャツに日の丸のシールを前後に貼りつけて出走していました。日の丸のシールは成田空港の売店で簡単に手に入ります。つまり日の丸のコスプレで走っているようなものです。気分は日本代表です。

「がんばってー」

日本語の声援が耳を突き刺します。あきらかに、あまたのランナーの中から私を見つけ、私に向けて発せられた声援でした。

私は体をよじって振り返り、声の方を振り向きました。目が合って、手を振り、声援に応えます。相手は学生のような男の子でした。語学留学生でしょうか。

「おまえも頑張れよ」

口に出せませんでしたが、心からそう言いたかったです。

帰国子女である私は、外国で暮らすということがどういうことか、他の人よりもずっとわかります。そんな苦労があるのか、どんな思いになるのか、そういうことが自分のことのように感じられます。

ましてや世界一の大都会ニューヨークで暮らすことがどういうことか、他の人よりは想像できるつもりです。

ニューヨークシティマラソンには、旅行会社のマラソンツアーを利用して行ったので、オプションで「完走パーティー」がありました。別料金でしたが、どんなに疲れていても、これだけはぜひ参加してください。

今日の辛かった話しに花が咲きます。こんなに面白い宴会は、生涯でそうそう味わえるものではありません。

ニューヨークシティマラソン(=NYCM)ではレースの途中で、自由の女神ヤンキースタジアムが見られるんだそうです。

私はその時、はじめて気づきました。自分が必死に走りすぎて前の人の背中しか見ていなかったということを。

「こんなに何も見てないなら国内走っても同じじゃないか」

このときの体験がきっかけになって国内マラソンを走るようになり、サブスリーをめざすようになるのですが、それは後の話です。

スポンサーリンク

ランナーはみんな友だち。

こういう完走パーティーはそうそうありません。世界中を走っている人たちがいます。市民マラソン大会は世界中にあるのです。

そして友達ができます。

後年、ラスベガスの砂漠を旅している時に知り合った人はランナーでした。そして彼もニューヨークシティマラソンをこよなく愛していました。一緒にホースシューベントやザイオンやアンテロープキャニオンを回って、別れの時、

「こんな砂漠でニューヨークシティマラソンを愛するランナーと出会えて嬉しかった。これは記念です」

そういって私にモニュメントバレーの赤い石をくれました。

「いつかまた会えるといいですね」

「NYCMで会いましょう」

そんな言葉を交わしたことを覚えています。

厚さは速さだ。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブルクリストファー・マクドゥーガル著『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の大逆襲劇を描いています。
雨の日にも走る。シャワーランニングのすすめ
オフィスワークしている濡れない日々からすると、雨に濡れて走るだけでも非日常になります。考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 真冬以外、はじめから濡れてもいいような格好で走っています。

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『脳ミソで脚力自慢に走り勝つ方法』については、プロフィールページをご確認ください。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
マラソン・ランニング
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました