Everyday Christmas の極意『就寝時間のこと』

スポンサーリンク

ハルトです。みなさん、今日も楽しい旅を続けていますか?

このブログは主に深夜に書いていますが、たいてい仕事が終わったら本格的に寝て、好きな時に起きて、走って、それから書いています。

しかし旅先の朝ランのときは朝5時でも起きられるのに、どうして仕事だと朝起きるのが辛いのかねえ。

正直に言って「旅先での非日常」より「仕事中の日常」の方がラクチンですよね。肉体的にも、精神的にも。それなのに、どうして朝は「仕事中の日常」の方が辛いのか?

これは「まだ寝ていたいのに起床しなければならない」という無理やり感のせいではないか、とハルトは考えました。それで思い切って眠る時間を「帰宅してすぐ」にシフトしてしまいました。「起床時間はとくに決めていません」

すると「また寝ていたければ、寝ていられる」状態になります。「起きたくなければ、起きなくていいんだ」状態になります。さすがに朝までずっと眠れませんから、起きたい時に起きればいいのです。

するとどうでしょう。まるで毎日が休日のようではありませんか。『毎日がクリスマス』『Everyday Christmas』に工夫次第で一歩近づくことができます。

この自由さが、放浪のバックパッカーには向いている気がしています。みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

★~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

自由と社会との折り合いを模索するブログです。

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!?

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人

精一杯でいいから走ろう
ソウル日本人学校の出身です。応援おねがいします
感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました