大腿骨で走る走法・膝蹴り走法(走るときには膝を意識する)

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

アリクラ・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。
ブログURL=
ユーチューブ=grandma-cuisine

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

あなたのランニングコーチに、質問してみましょう。

「フォアフット着地、ミッドフット着地、ヒールストライク着地、結局のところ、どの着地を選択すべきなのですか?」

あなたの読んでいる「マラソンの本」には、フォアフット着地がいいとか、ミッドフット着地が正解、とか書いてあるかもしれません。

しかし私にいわせれば、この問いにはこう答えるべきなのです。

「足のどの部分で着地するかを意識してもしかたがありません。意識を向けるべきは膝であって足裏ではないからです」

禅問答のようですが、どういう意味か解説します。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

足裏ではなく膝を意識する

「フォアフット着地、ミッドフット着地、ヒールストライク着地、結局のところ、どの着地を選択すべきなのですか?」

あなたの読んでいる「マラソンの本」には、フォアフット着地がいいとか、ミッドフット着地が正解、とか書いてあるかもしれません。

しかし私にいわせれば、そのような答え方をしているランニング本を選ぶべきではありません。

なぜならこの問いにはこう答えるべきだからです。

「足のどの部分で着地するかを意識してもしかたがありません。意識を向けるべきは膝であって足裏ではないからです

ランニングシューズのソールのどの部分で接地するかを意識するということは、意識が足の裏に向いています。そもそもそれが問題なのです。

走るときは足裏よりも膝に意識を向けましょう。

速く走るためには、膝は折り曲げた状態で着地する必要があります。

速く走るための技術『踵落としを効果的に決める・走法』
『効率的なランニングのメソッド』は、『かかと落としの効果的なきめ方』を考えることで見えてきます。『かかと落とし走法』とは、振り出した前足を空中をひと掻きして戻してきて、スピードが乗った状態で着地する走法です。その方が地面に加えるエネルギーが大きいことがわかると思います。『かかと落としの効果的なきめ方』の理屈と同じです。

踵落としを効果的に決めるように、上死点で着地するのではなく、振り戻してきたスピード破壊力のある状態で接地しなければ速く走ることはできません。

走るときには膝を意識する(膝蹴り走法)

走るときには膝を意識して走りましょう。

膝蹴りをするように膝を曲げて膝を突き出します。膝を曲げるのは大腿骨をすばやく動かすためです。大腿骨の先に重たい下腿がブラブラしていては、太ももを素早く動かすことはできません。

膝を折って余計な「まとい」を振り払った大腿骨が戻ってきたときに膝で大地をプッシュするように反力を得ます。

大地は足裏ではなく膝で押す意識です。膝で押すためには膝を曲げている必要があります。膝が伸びていては膝で大地をプッシュできません。ブレーキがかかった走りになってしまいます。

力を込めて地面をプッシュするためには膝が曲がっていないとならないのです。

足裏のどこで設置するか問題(フォアフット走法、ミッドフット走法、ヒールストライク走法のどれを採用すべきか?)は、あまり考える必要はないのです。むしろ膝に意識を向けましょう。足裏のどこで着地するかは「結果」です。

実験ですが、膝と足首を直角で固定して走ったら踵着地するのは難しいでしょう。そう考えるとどちらかといえばフォアフット走法、力を込めるべきなのは前足部ということになります。しかしそれも「結果」として、です。

むしろ大腿骨が大きく動いて膝から強く大地をプッシュできていれば、足裏のどこで設置したって構わないと思います。

足裏で走るのではなく、大腿骨で走るのです。大地は足裏ではなく、膝で押す意識の方が大切です。

(ヘルメスの靴「アキレス腱をはじく走法」については別章で説明します)

ヘルメスの靴。足についた宙に浮くためのバネ(足底アーチとアキレス腱)
ギリシア神話にはヘルメスという神様が出てきます。ヘルメスはハネが生えた靴を履いていて宙に浮くことができます。 ヘルメスの靴ほどではありませんが、人間の足にも二種類の宙に浮くためのバネが備えつけられています。 足底アーチと、アキレス腱です。

重心の真下あたりを後ろに押し出すように着地できていれば、足裏のどの部分から着地しているかなんて意識する必要はないのです。そのためには勢いをつけて膝(大腿骨)が振り戻ってきている必要があります。

膝を折った状態(蹴り出した膝が戻ってくる状態)で着地できていれば、足裏はフォアフット着地、ミッドフット着地になっていることが多いでしょう。膝を折ってなおかつ踵着地するのは難しいからです。

走りながら私はいつも農家が鋤で大地を耕しているのを連想します。

【フォアフット着地】長距離マラソンのフォアフット着地では、踵も前足部に遅れて接地する
ランニングというのは歯車がかみ合って回る機械のようなものです。フォアフット着地という意識(歯車)が、大腿骨を振り上げて膝を曲げて着地するという歯車を知らないうちに回してくれるのです。ランニングの歯車を回してくれるイグニッションキーとして、フォアフット着地があるのです。

大地を鍬で耕す走法といえるかもしれません。

ランニングシューズのソールに真っ先に意識を向けて、フォアフット着地が正解とか、ヒールストライク走法は間違っているとか言ってもしかたがありません。

足裏は結果論です。結果としてそうなっているだけであって、足裏からランニングフォームを考えるのは本末転倒だからです。

膝さえ意識できていれば、足裏なんか自然に落ち着くところで接地することでしょう。それが正解であって、足裏を意識してランニングフォームを足裏から改造すると、正しいフォームをミスリードしてしまいます。

そういう指摘を正しくできるランニングコーチが書いた本を参考書には選ぶべきなのです。

スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
コロナ禍で「家ごもり」の今だからこそ、家でできる副業・ブログ・アフィリエイトをはじめませんか? おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』について

本コラム執筆者アリクラハルトの『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』はこちらからどうぞ。

マラソン・グランドスラム養成講座|アリクラ・ハルト|note
「脚力自慢に脳ミソで走り勝つ方法」を教えます。 市民ランナーのグランドスラムの達成者アリクラハルトが、才能のない人が才能のある人に勝つ方法を教えます。脚力自慢に脳ミソで走り勝つ。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えるマガジンです。本書を読めば実行力とスピードがつきます。 ランニングを通じた禅、瞑想、幸福を追求します...

関連記事

マラソンの極意。複数のフォームを使い回す
本稿のようなランニング講座では、速い人ほど求道者的で「理想のフォームはこれだ!」みたいに断言することがほとんどです。しかし『アリクラのサブスリー養成講座』では「フォームは決めつけない。臨機応変に変える」ことを提唱いたします。これは、本講座の最大の特徴のひとつだと思っています。

https://arikura.com/grand-slam/


靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。

https://arikura.com/shower-running/

ランニングシューズはAmazonでお探しください

※ランニング雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『言葉の力で肉体を動かす(市民ランナーという生き方)』(グランドスラム養成講座)についての詳細はプロフィールページをご確認ください。
サブスリー養成講座


速く走るための技術『踵落としを効果的に決める・走法』
『効率的なランニングのメソッド』は、『かかと落としの効果的なきめ方』を考えることで見えてきます。『かかと落とし走法』とは、振り出した前足を空中をひと掻きして戻してきて、スピードが乗った状態で着地する走法です。その方が地面に加えるエネルギーが大きいことがわかると思います。『かかと落としの効果的なきめ方』の理屈と同じです。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
体ごと体重を前に投げ出して、普通だったら倒れるものを、足を送ることでギリギリのバランスで支える。前に進んでいないとフォームを維持できないフォーム。これを「動的バランス走法」と呼んでいます。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」
ストライド走法では、地面を蹴るのではなく、宙に振り出した方の脚に意識を向けます。 片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。 なぜならハサミは両方に開かれるからです。

走りの技術。ヤジロベエ走法。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。

https://arikura.com/balance-scale-running/

著者
お探しのものはありませんか?
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました