実年齢よりも若く見られる理由は小食習慣とランニングのおかげ。アウトドア・スポーツと白髪について

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

ここではアウトドアスポーツと日焼けによる白髪の発生について考察しています。

You look young.

いつまでもそういわれるために走り続けることは、正しい選択なのでしょうか?

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「豪脚自慢に工夫で走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

エイジング(老化)のことは、若いアスリートにはわからない

わたしは長年走り続けているので、ランニングのプラス効果とマイナス効果については、箱根駅伝出場経験があるアスリート大学生選手よりも詳しく知っています。

自分の身を長年、実験台にしているからです。22歳の大学生にはわからないことが世の中にはたくさんあります。とくにエイジング、老化のことには、若者にはわかりません。興味もわかないでしょうし。

わたしは、年齢よりも10歳ほど若く見られます。その理由は小食であることと、走っていることにあると思っています。走ることで毎日汗をかいてデトックス毒素排出)されるからでしょう。強制的に新陳代謝が促されていることも大きな要因だと思っています。

走ると心拍数もあがり血行促進されて、体温もあがります。毛細血管が発達して太りにくく痩せやすくなります。

また走る快楽は宙にフワッと浮かぶ快楽なので、その快楽に病みつきになると、カラダが太って重たいことを禁忌するようになります。ランナーズハイの快楽が大きければ大きいほど、小さな快楽は犠牲にできるようになります。走ればアドレナリンなどの脳内モルヒネがドバっと分泌されます。食欲の快楽を走る快楽のために我慢できるようになるのです。

快楽のダイエット講座。脳内モルヒネ中毒。アドレナリンが血糖値を上げ、食欲を抑えるランニングダイエット
ランニング・ハイの恍惚が強烈であればあるほど、太ることからは距離を置こうという気持ちになります。 ダイエットを我慢と捉えるのではなく、快楽を意識すれば、自然と痩せることができます。 痩せるために、天然由来の脳内モルヒネジャンキーになろうぜ!!
スロージョギングによるLSDダイエットの効果・やり方
ダイエットの飢餓モルヒネを、ランナーズハイのランニングモルヒネに置き換えてしまうのがスロージョギングによるLSDダイエットのポイントです。 一度エンジンをかけてしまえば、快楽という原動力によって、ずっと回り続ける。これがスロージョギングによるLSDダイエットです。 体の中を熱い血が駆け巡り、生きている限りは青春時代なのだと実感できることでしょう。
究極のダイエット法。努力なし、運動いらずの「外気温ダイエット」(超簡単)
和泉雅子さんの南極エピソードから学ぶ外気温ダイエットについて説明します。 究極のダイエット法「外気温ダイエット」とは外気温と体温との差は燃焼で補うしかない恒温動物の宿命を逆手に取ったダイエット法です。 このとき、燃焼材はあなたの体脂肪です。 食生活、日常生活さえ変えなければ、努力なし、運動いらずで、冬になれば勝手に痩せられるダイエット法です。

快楽のランニングのために、肥満はなく、肌はツルツルしています。

スポンサーリンク

白髪はランナーの職業病

しかし、こればかりは若々しくいられない箇所が一カ所あります。それは頭髪です。白髪はランナーの職業病ではないでしょうか。

もしあなたがマラソンランナーだったら、マラソン大会のスタート地点で周囲を見渡してみてください。ふくらはぎの引き締まりや脚の細さばかりに目が行きがちですが、時には周囲のランナーの頭髪にも目を配ってみましょう。

白髪の人が多くないですか?

もちろん人それぞれですが、非ランナーの人たちよりも、ランナーに白髪が多いのは間違いないと思います。どうしてマラソンランナーには白髪の人が多いのでしょうか。

スポンサーリンク

過呼吸による活性酸素(フリーラジカル)よりも、日射が白髪の原因

過呼吸というのを知っていますか? 私は「つくばマラソン」で初めてサブスリーを達成した帰りの電車の中で過呼吸になりました。もう走り終わっているのにまだ走っている時のような呼吸がつづくのです。周囲に恥ずかしいと思っても、ハアハアと大きな呼吸がおさまりませんでした。いくら酸素を吸い込んでも息苦しいのです。自分の意思では止められないのです。この状態を過呼吸といいます。

過呼吸について詳しく知りたい方は専門家のページをご確認ください。

過換気症候群とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル
過換気症候群:不安や極度の緊張などで何度も息を激しく吸ったり吐いたりして過呼吸の状態となり体内にある二酸化炭素が放出されて、炭酸ガス濃度が低くなることで本来は中性であるはずの血液がアルカリ性に偏り、身体にさまざま…

過激な呼吸が過剰に取り込んだ酸素の一部は活性酸素フリーラジカル)になって、細胞を傷つけるといいます。

運動は身体に悪い』という人がたまにいますが、彼らはこの活性酸素の害のことを言っていることがほとんどです。

しかしわたしの人体実験による感覚からいうと、ランナーの白髪の原因は日射(太陽の紫外線)の害の方が活性酸素の害よりも大きいと思っています。内的要因よりは外的要因でしょう。

活性酸素が毛根を傷つけて白髪にさせているのだとすれば、どうして肉体だけがフリーラジカルから自由で若々しくいられるのか、説明がつきません。

そう考えて今度は登山やキャンプ場で周囲の人たちを見回してみました。主に周囲の人たちの髪を(笑)。

やはりアウトドア派の人は、インドア派の人よりも白髪が多い傾向にあると感じます。これもやっぱり太陽の紫外線が原因ですよね。髪が薄い人も……多いよね(笑)。残念ながら。

しかし、白髪になるからといってアウトドアライフをやめるなんてことはできません。それは、老いてしまうから、生きるのはやめるといっているようなものです。

真実とは自然のこと。人が生きていく限り、アウトドアは必然
人は生き方を真剣に考えれば考えるほど、自然と向き合わざるを得ないのです。なぜなら人間は自然の中の一部だから。 自然と向き合うことなしに、真実を探すことなんてできません。なぜなら真実とは自然のことだからです。真実に人が生きることを追求するのならばアウトドアは必然だと思うのです。

白髪を恐れて暗い部屋に閉じこもってはいられません。生きている実感を味わうために外に出ましょう。

スポンサーリンク

超一流の肉体をもつアスリートが、必ずしも長生きしない理由

また『運動は身体に悪い』という人の論拠のひとつに、超一流の肉体をもっていたアスリートが、必ずしも長生きしない、という事実があるようです。

これは命の回数券テロメア)を使い切ってしまうことが原因とされています。細胞が分裂できる回数はあらかじめ決まっていて、それはまるで回数券のようなものだと言われています。それを使い切ったら、もうこれ以上細胞分裂できず、肉体はオシマイなのです。

筋肉はトレーニングによって壊した繊維が修復されるときに前よりも太く強く再生するという超回復のシステムを利用して鍛え上げます。漫画『ドラゴンボール』のサイヤ人が強くなるシステムはこの超回復がモデルですね。

それはすなわち細胞分裂を強制的に行っているようなものです。

また哺乳類の一生心拍数は決まっているという説もあります。運動することでドクドク脈打てば、それだけ残りの心拍数は少なくなるというわけです。

アスリートは、命の回数券を若いうちにたくさん千切って、限りある心拍数を打ちまくって、常人よりも大きな力を手に入れています。

しかし、そのかわり、寿命が短いこともあるのです。残念ながら。

スポンサーリンク

長生きすればそれでいいってわけじゃない

運動が寿命を縮めるといわれたからといって、充実した人生のために運動することはやめられません。

老いが促進されるからといって、外に出ず暗い部屋のベッドに寝転がったままの一生でいいと思いますか?

動物にとっての本質的なよろこびとは、映画やテレビを見る事では決してないと私は考えています。古いタイプの生き物である魚が体をよじって水を掻き分けて泳ぐように、体幹の筋肉を大きく動かして大地を駆けることこそが、生物の本質的な生きるよろこびの姿ではないでしょうか。

ただ長生きすることが生きる目的ではありません。ただたくさん呼吸すればいいと思っているわけではありません。よろこびにあふれながら生きなければ、充実した人生にはならないのです。

走るために生まれた
退屈なケの日常を、わずかな時間でハレのパーティーに、お祭りに、クリスマスに変える方法を、わたしは知っています。それは走ることです。走ること、それは子供に戻る魔法。青春を取り戻す魔法です。夢中になって追いかけること。無心になって集中すること。自分と対話すること。すべてを忘れること。世界が美しく見える魔法。それが走ることなのです。

もちろん長生きしたいとは思いますが、生きている間は、できれば若々しくありたいものです。衰えた筋肉が鍛えれば復活するように、白髪もまた黒髪に戻ればいいのに、と思いますね。

頭髪の敵は日射です。帽子をかぶるなどして、できるだけ直射日光には当たらないようにしてください。

スポンサーリンク

関連記事

マラソンの極意。複数のフォームを使い回す。フォームは決めつけない。臨機応変に変える
本稿のようなランニング講座では、速い人ほど求道者的で「理想のフォームはこれだ!」みたいに断言することがほとんどです。しかし『アリクラのサブスリー養成講座』では「フォームは決めつけない。臨機応変に変える」ことを提唱いたします。これは、本講座の最大の特徴のひとつだと思っています。
【究極の走り方】あなたが一番速く走れる方法はあなたの肉体が一番知っている。
あなたよりも、あなたの肉体のほうが、走るということをよく知っています。あなたの最適なフォームを知っているのは脳味噌ではなく肉体です。からだが要求することを素直に聞いてあげましょう。心臓ひとつ、あなたは自分の意志で動かせないではありませんか。

https://arikura.com/grand-slam/


靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。

https://arikura.com/shower-running/

ランニングシューズはAmazonでお探しください

※ランニング雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』をnoteにて発売しています。こちらからお求めください。

アリクラ・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。 ブログURL= ユーチューブ=grandma-cuisine

サブスリー養成講座


速く走るための技術『踵落としを効果的に決める・走法』
『効率的なランニングのメソッド』は、『かかと落としの効果的なきめ方』を考えることで見えてきます。『かかと落とし走法』とは、振り出した前足を空中をひと掻きして戻してきて、スピードが乗った状態で着地する走法です。その方が地面に加えるエネルギーが大きいことがわかると思います。『かかと落としの効果的なきめ方』の理屈と同じです。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
体ごと体重を前に投げ出して、普通だったら倒れるものを、足を送ることでギリギリのバランスで支える。前に進んでいないとフォームを維持できないフォーム。これを「動的バランス走法」と呼んでいます。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」
『ハサミは両方に開かれる走法』とは支脚よりも遊脚を意識する走法です。走っている時の二本の脚はまるでハサミのようなものです。片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。なぜならハサミは両方に開かれるからです。

走りの技術。ヤジロベエ走法。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。

https://arikura.com/balance-scale-running/

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
マラソン・ランニング
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました