スロージョギングによるLSDダイエットの効果・やり方

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん今日も楽しく走っていますか?

ここではフルマラソンのベストタイムを4時間12分から2時間58分まで縮めた元デブ市民ランナーが、スロージョギングによるダイエットについてのノウハウを語ります。

コツは「ダイエットのために走る」のではなく「快楽のために走る」ことです。

結果(ダイエット)は後からついてきます。

快楽が極大であれば、結果なんてむしろどうでもよくなっているかもしれません(笑)。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「豪脚自慢に工夫で走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

スロージョギングによるLSDダイエット講座

みなさんはLSDというのをご存知でしょうか。

LSDというのはロング・スロー・ディスタンスの頭文字で、「長い距離をゆっくりと走る」という長距離走独特の練習方法のことです。

決してランニング中毒野郎が摂取しているドラッグの類ではありません。

ゆっくり走ることで、膝に負担をかけずに体重を減らしたり、毛細血管を発達させる効果があると言われています。

走るスピードが出ていないということは、あまり宙に浮いていないということです。

着地の衝撃で膝を痛める可能性が出てくるわけですから、スピードが遅いということは膝にやさしいということです。負荷が軽いゆえに長時間の有酸素運動を可能にします。

長時間の運動ということがキーワードになります。

でもダイエットに成功しない人はたいてい「運動ぎらい」です。ではどうすれば「苦もなく運動することができる」のでしょうか?

ここでは「おもしろくもおかしくもない義務的な運動」ではなく、むしろ「走りたくてたまらない快楽のランニング」を提唱していきます。

スポンサーリンク

毛細血管を発達させて脂肪を溶かすLSDダイエット

血管というのは太い血管と細い血管があります。決して全部同じ太さではありません。道路交通網でいうと、高速道路と生活道路みたいなものです。当然、が流れやすいのは、太い血管です。

短時間の激しい運動では、血液は太い血管をドバっと流れて終わってしまいます。それではダイエットには成功しません。あなたが減らしたいと思っている皮下脂肪に太い血管は走っていません。皮下脂肪は下町みたいなものです。細い路地こそありますが、高速道路は走っていないのです。

下町の住人(皮下脂肪)に出て行ってもらうためには、細い路地を使う必要があります。

そもそも短時間の激しい運動では保存食(皮下脂肪)を燃料としてまで運動することにはなりません。手持ちの豪華メシ(血糖)だけで高速道路をすっ飛ばして、運動は終了してしまいます。

ダイエットが成功するためには、細い血管(毛細血管)にまで血流を行きわたらせて、脂肪を運動の燃料として使ってもらう必要があるのです。

生活道路に車(血)がハンドルを切るためには、ゆっくり走る必要があります。猛スピードで高速道路を走っていてはインターチェンジで降りることは難しい。曲がり切れません。

負荷の大きい運動では筋肉が硬くなっています。硬くなった筋肉は固く収縮しています。その状態では血を行きわたらせるのは難しい。血は筋肉がゆるんだ時に流れます。

リラックスして走ることが大事です。リラックスというのは全身にが巡っていることを意識した状態のことです。筋肉を弛緩させると、ゆるんで柔らかくなった膨らんだ筋肉にが流れます。

その状態を長く続けることで毛細血管が発達します。踏み固められて「けもの道」ができあがっていくようなものです。

毛細血管を発達させるためには時間をかけたじわーっとした軽い運動が必要なのです。体の隅々の普段使われていない部位が目覚め、部位が血を欲していることを自覚し、部位が渇望のシグナルを送るためには、「時間」がどうしても必要になってくるのです。

スポンサーリンク

ダイエット中には飢餓状態に耐えるための脳内モルヒネが分泌されている。だからダイエットはクセになる。

スロージョギングほどダイエットに適したものはありません。なぜならクセになってやめられなくなるからです。

発達した毛細血管が、脂肪の塊を浸食していきます。

が浸潤し、時間をかけてゆっくりじっくりと脂肪を溶かしていきます。太い血管を猛スピードで血が流れるだけでは溶けなかった脂肪ですが、奇跡のようにやがて溶けてなくなっていきます。

スロージョギングによるLSDダイエットは、やればやるほど体重が軽くなっていきます。

すると宙に浮くことが容易になります。

この浮遊感は病みつきになります。

フワッと浮くことで筋肉が弛緩し、ゆるんだ体の毛細血管を流れたがますます脂肪を溶かしていきます。

するとますます運動するのが楽になり、ダイエットするのが楽になります。まさに相乗効果です。

またランナーズハイと呼ばれる脳内モルヒネも出やすくなります。

ダイエット中には飢餓状態に耐えるための脳内モルヒネが分泌されています。だからダイエットはクセになるのです。

またこのダイエットの脳内モルヒネというのは、初心者ほど出にくく、熟練者ほど出やすいものです。

スポンサーリンク

もうじゅうぶんに痩せている人が「ダイエットしたい」と思うのは、もはや美容効果を狙ったものではなく、ダイエットの快楽が欲しいため

そしてダイエットの脳内モルヒネと同様に、ランニングの脳内モルヒネも、初心者ほど出にくく、熟練者ほど出やすいものです。

「やればやるほど」の相乗効果に加えて、ダイエットとランニングの脳内モルヒネが二重分泌されるのです。

もうじゅうぶんに痩せている人が「さらにダイエットしたい」と思うのは、もはや美容効果を狙ったものではなく、ダイエットの快楽が欲しいためではないでしょうか?

それはランナーでも同じです。

走り始めたきっかけはダイエットのためだったかもしれませんが、走り続ける理由はもはやダイエットではなく、よろこびにみちあふれた人生を生きるためです。

走り続ければ、否が応でも快楽は増していきます。

もはや中毒です。やめられません。

スポンサーリンク

スロージョギングで体と心を整えよう

ランニングには禅にも似た精神統一、癒しの効果があります。

【禅・瞑想ランニングのやり方】今この瞬間の歓喜のために走る
瞑想ランニングのやり方を文字で書くと、座禅の瞑想のやり方と完全に一致します。信じられないかもしれませんが、走ることが幸福につながるのです。それが【世界が美しく見える魔法】走るために生まれた、ということの意味なのです。幸福を追求しなければ「走るために」生まれた甲斐がありません。瞑想ランニングは幸福追求のためにするのです。

しかし速く走りすぎると、高揚感は得られても、癒されません。

仕事や人間関係などの悩みの解決方法が走りながら見つかることはよくあることです。

これもスロージョギングの効果のひとつです。

案外アイディアというのは身体を動かしながらの方が湧いてくるものなのです。

テニスのようなアクションが複雑な運動は集中していないとプレーできませんが、スロージョギングのような単純な運動だと頭は別のことを考えながらプレーすることができます。

しかし速く走りすぎるとダメです。

単純な繰り返し運動であることは変わらないのに、速く走りすぎるとモノが考えられないのは脳に血が行きわたらないせいです。

脳というのは体重比の割に過剰に酸素を要求する器官なのです。全体重の2~2.5%の重さしかない脳が、全身の酸素消費量の約20%を消費するといわれています。

スピードを出せば出すほど、脳には酸素が行き届かなくなり、モノが考えられなくなります。

フルマラソンの本気のレースの時は、かんたんな引き算ができずに、目標タイムまでの残り時間が算出できませんでした。引き算なんかしている余裕があったら、その分、速く走った方がいいと割り切って計算を諦めました。残り時間がわかったところで、タイムが縮むわけではありませんからね。

このように、同じ「走る」でも高速レースペースと、スロージョギングでは、全然次元が違うのです。

ダイエットにおすすめなのは、もちろんスロージョギングです。

瞑想や思索にもスロージョギングは向いています。

足の裏は「第二の心臓」といいます。走ることは第二の心臓のポンプを強制的に作動させるようなものです。

心臓と、第二の心臓がポンプを動かし、全身の血流を巡らせましょう。

ああ。快楽!

スロージョギングで、あれこれ自由に発想しながら、時には無心で、ゆっくり長時間走ることが、あなたを確実に痩せさせます。心と体を整えてくれます。

厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。
靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『脳ミソで脚力自慢に走り勝つ方法』については、プロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました