別れた恋人にもう一度会いたいと思った時に会うべきか否か? サマセット・モーム『赤毛』

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

昔をふと思い出して、切ない思いになっちゃった人に贈ります

ああ。あの人、今、どこで何をしているんだろう。

しあわせだろうか。

会いたい。もう一度。

ふと、そんな風に思うことはありませんか?

ここでは同じようなシチュエーションを描いた文豪の作品を紹介して、どうなったかを見ていきます。

あなたと同じ切なさを、文豪も同じように感じているでしょうか?

共感できるか、受け入れられない結末か。

また、街角などで偶然、別れた恋人に出会ってしまった時、どんなことが起こるか、見ていきます。

この記事は、別れた人をふと思い出しちゃった人に向けて書いています。

テキストはサマセット・モーム赤毛』です。

スポンサーリンク

【書評】モーム『赤毛』風・別れた恋人との再会した時の反応は?

偶然、別れた恋人に出会ってしまった時、どんなことが起こるか、同じようなシチュエーションがモーム『赤毛』に出てきます。

それは衝撃的な結末でした。あなただけにこっそりお教えします。

あらすじに対する私の基本的な考え方は以下にまとめてあります。

物語のあらすじを紹介することについて
あらすじは地図のようなものです。読書のだいご味はディテイルにあります。文学にはあなたが感じたけれどうまく表現できなかった思いが表現されているはずです。あらすじを手に、原著に当たってください

主要登場人物3人。非常に読みやすい

①帆船の船長。肥満した男。この男にも駆け回る少年時代があったのだろうか、若い頃はどんな男だったのだろうと思わせるほどの禿げた肥満。

②白人男ニールソン。25年も珊瑚礁のバンガローに住んでいるスウェーデン人。肺病で余命一年と言われ、珊瑚礁ラグーンで本や音楽に生きている。

同じ白人ということもあり、船長とニールソンをウイスキーを飲んで、話しをする。

「どうしてこんなひと気のない場所に住んでいるのですか」と当然のことを船長に問われてニールセンはこたえる。

この場所がこの世ならぬ美しさをたたえているのは、かつてこの場所に愛が足をとめたことがあったからだ、と。

③原住民の娘サリー16歳。「レッド」20歳と恋に落ちる。

火のような赤い髪の毛のギリシア神像のように美しい白人男レッドがこの場所に棲みつく。サリーは一目で恋に落ちる。

この世界を奇跡となし、人生に深い深い意味をあたえるあの愛……

ここには愛がその足をとめたことがあったのだ。

この世のものとは思えない珊瑚の海。椰子が水に映る自分の影を楽しむ入江。

南海というやつは時々人を奇怪な魅力のとりこにしてしまう。

彼らは一日中何もしなかった。

つつましい食事。焼石の上でバナナを焼く。魚、海老、オレンジ、バナナ、椰子、マンゴーの生活。

月明かりの夜の珊瑚礁ラグーン。時間が止まった世界。

そこに文明の捕鯨船がやってきた。

レッドはタバコがほしくなった。精製された文明の香りのするタバコが。

タバコを手に入れようと捕鯨船に向かう。

そこでしこたまウイスキーを飲んで寝ているうちに船は出港してしまった。

騙されたのだ。人手不足の捕鯨船の契約書にサインさせられた。

レッドを失い、サリーは泣き暮らした。鬱で不感な人間になってしまった。

しかし3年後にいまひとりの白人と結婚した。

ほかならぬ肺病を病んで失意にうちひしがれたニールセンその人だった。

ニールソンはサリーの悲しみの瞳に、霊魂の苦悩、神秘の輝きを見た。

サリーに恋をした。

レッドを、すべてを忘れさせて、女を酔わせてみたい。

悲しみの瞳の奥に見た仄かな魂が欲しい。

しかし望みがかなって結婚しても、サリーは泣いてばかりだ。

レッドが忘れられないのだ。

悲しみの魂なんて幻影にすぎなかった。

恋は牢獄に変わってしまった。地獄の呵責だった。

そしてニールソンは希望も何もない不感症に陥ってしまった。

情火はついに燃え尽きた。

もう何十年かをただ習慣と便宜の絆に繋がれて、ふたりは一緒に暮らしてきたのだ。

「残酷な運命をレッドとサリーはむしろ感謝すべきではないか」

ニールソンはいう。

一日会わずにいても耐えらえないほど愛した人に対して、もうこれっきり会わなくても平気だというような心の変化ほど恐ろしい悲劇はないのだから。

愛の悲劇は無関心だから。

ところがその時、ニールソンは目の前の酒ぶくれの船長の中に、影のように美しい若者の影像をチラと見たのだ。

まさか。まさか、そんなことがあるものか……

「であんたのお名前は?」

「人からはレッドと呼ばれている」

その時、部屋にサリーが入ってきた。

慄然。再会のその時が来た。

しかしふたりは互いに気づかず、ひと目チラと見ただけで言葉も交わさない。

その時は来て、そのまま去ってしまったのだ。

食事の誘いも断って船長は帰ってしまった。

あれほど恋焦がれていたはずなのに、お互いに気づきさえしなかった。

おれの幸福を妨げた男があれだろうか。

残酷な神々の戯れだった。そして残されたのは老いさらばえた彼自身の姿だ。

ニールソンはさっきの酒ぶくれの船長が、恋心をそのまま胸に抱いているお前のレッドだとサリーに言ってやろうかと思った。

恋が報われず自分が傷つけられたように、相手も傷つけてやりたかった昔なら、言ったと思う。

憎しみもまた愛に他ならなかったからだ。

だが今はそれもしたくなかった。

サリーは年をとって太った原住民の女になってしまっている。

おれの魂の一切の宝を、この女の足元に投げ出したのだ。だがそれには一顧すらも与えてもらえなかった。

今サリーに感じるのは侮蔑ばかりだった。

ニールソンはもう我慢も何もできなくなった。

スポンサーリンク

小柳ルミ子さんが天地真理さんを見て泣いていたのを思い出した

いかがでしたか?

文豪サマセット・モームの恋する人との再会は悲劇的なものでした。

老いて醜く肥えてしまったふたりが、互いに気づきもしない、という結末を迎えてしまったようです。

この小説を読んで、私ハルトは、小柳ルミ子さんのことを思い出してしまいました。

「あの人に会いたい」再会系のテレビ番組の中でのことです。

小柳ルミ子さんの全盛期のライバルは天地真理さんだったそうなのですが、当時は天地真理さんの輝きにかなわなくて悔しい思いをしていたそうです。

ところが再会した天地真理さんが醜く肥え太ったオバサンになっていて、歌もまったく歌えないのを見て、小柳ルミ子さんは泣き出してしまいました。

この人が私のライバルだったのかと思うと……。

時の流れは残酷なものです。

人を変え、恋心のかたちを変える。

この切なさ、苦しみはあなたも私も千年前の人も文豪も変わりがありません。

私ハルトも、昔なじんだ人のことをなつかしく思い出すことがあります。

あの時の恋心は変わっていないのではないかと思います。

しかしそれは幻想です。

カタチはすっかり変わっています。

気持ちは去って、二度と戻らないものです。

別れた恋人にもう一度会いたいと思っても、会わないことかもしれません。

ガッカリするぐらいなら、夢は夢のままに。

死の瞬間までうつくしい妄想は永遠に繰り返されます。

文豪サマセット・モーム『赤毛』は、そんなことを教えてくれました。

過去の幻想をはやく捨てて、未来に向けて生きていけということなのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

恋が引き裂かれても、それでも人間は生きていく。

何千年も前から。

そうした人たちの中で、ふとした拍子に再会してしまう人たちがいます。

あるいは実際に会ってしまう人もいるでしょう。

何も変わっていないと想像しがちですが、現実には見てもそれと気づかないほど相手は変わっているかもしれません。

そして相手にとっての自分も。

会わない間に思いつめた恋は、おのれの中で熟成された身勝手な思いかもしれません。

ひとりよがりの幻想に、人生を賭けない方が身のためです。

南洋の珊瑚礁の恋の伝説を無残に打ち砕いて、モームはそのことを私たちに教えてくれます。

https://arikura.com/sarong/
https://arikura.com/moonandsixpence/
https://arikura.com/magician/
tps://arikura.com/lotus-eater/

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました