性欲vs禁欲。勝つのはどっち? サマセット・モーム『雨』

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

アリクラ・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。
ブログURL=
ユーチューブ=grandma-cuisine

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

文豪サマセット・モームの南洋ものの代表作。『雨』についてここでは書いています。

人間、とくに若い頃には性欲に悩まされるものですが、性の冒険をやるだけやると、社会や世の賢人たちが禁欲という徳目を訴える理由というものがわかってきます。

名作『雨』に見る性欲vs禁欲、果たしてどちらが勝ったのでしょうか?

※筆者自身による読み聞かせはこちらをどうぞ。

スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コロナ禍で「家ごもり」の今だからこそ、家でできる副業・ブログ・アフィリエイトをはじめませんか?
「あなた」だけが知っているお宝アイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬ゲットできます。
おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『言葉の力で肉体を動かす(市民ランナーという生き方)』(グランドスラム養成講座)を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

筆者自身による読み聞かせはyoutubeでどうぞ。よければチャンネル登録、高評価よろしくお願いします。

スポンサーリンク

物語のあらすじを述べることについて

物語のあらすじを述べることについての私の考えはこちら。

物語のあらすじを紹介することについて
あらすじは地図のようなものです。読書のだいご味はディテイルにあります。文学にはあなたが感じたけれどうまく表現できなかった思いが表現されているはずです。あらすじを手に、原著に当たってください

私は反あらすじ派です。

作品のあらすじ、主題はあんがい単純なものです。

要約すればたった数行で作者の言いたかった趣旨は尽きてしまいます。

たとえば「作者は、死すべき人間だったとしても、運命を受けいれて、短い命を燃焼させて、その中で人間らしく充実して生きることを訴えたかったのです」とか。

世の中にはたくさんの物語がありますが、主役のキャラクター、ストーリーは違っても、要約した趣旨は同じようなものだったりします。

たいていの物語は、主人公が何かを追いかけるか、何かから逃げる話しですよね?
生まれ、よろこび、苦しみ、死んでいく話のはずです。
あらすじは短くすればするほど、どの物語も同じものになってしまいます。

だったら何のためにたくさんの物語があるのでしょうか。

あらすじや要約した主題からは何も生まれません。

観念的な言葉で語らず、血の通った物語にしたことで、作品は生命を得て、主題以上のものになるのです。

作品のあらすじを知って、それで読んだ気にならないでください。

作品の命はそこにはないのです。

人間描写のおもしろさ、つまり小説力があれば、どんなあらすじだって面白く書けるし、それがなければ、どんなあらすじだってつまらない作品にしかならないのです。

しかしあらすじ(全体地図)を知った上で、自分がどのあたりにいるのか(現在位置)を確認しつつ読書することを私はオススメしています。

作品のあらすじや主題の紹介は、そのように活用してください。

この記事がみなさんの読書ライフの良質な旅の地図になることを願っています。

スポンサーリンク

書評サマセット・モーム『雨』主要登場人物は5人

非常に読みやすい本です。主たる登場人物は5人しか出てきません。

宣教師であるデビットソン夫妻、医者であるマクフェイル夫妻、そして売春婦のミス・トムソンである。

禁欲のキリスト教宣教師であるデビットソンと、自由奔放の売春婦ミス・トムソンが、雨に閉じ込められた南の島でかかわりあった結果どうなったのかが、本作のオチになります。

スポンサーリンク

固有の地方文化を残したいですか? 統一したいですか?

宣教師たちは、南洋サモアで原住民をキリスト教化するのが使命です。

マレーシアの国教がキリスト教ではなくイスラム教であることの不思議
ヨーロッパ人は貿易と布教をワンセットで考えていた 日本にいると疑問に浮かばないことであっても、旅をすると不思議に思うことがある。 マレーシア旅行ではふたつ疑問に思ったことがある。 ①ボルネオ島の石油は大日本帝国海軍の軍艦に役に...

その過程で、信仰だけでなく、文化や風俗までも、キリスト教社会のものに変えていきます。

島の原住民たちの踊りの習慣や、肌の露出した服装などを、ぞっとするものとして西洋人が直させます。

直すというのは自分たちの知っているキリスト教国の西洋風の風俗にならうという意味です。

服装とは裸に布一枚のラヴァラヴァのことです。ハワイでいうパレオ。バリ島でいうサロンのことです。

原住民の結婚の習慣も宣教師は撲滅もしようとします。処女性に係る問題ですね。聖母マリアが処女受胎したことがキリスト教国の純潔の価値を高めました。ダンスのあと目に見えて不道徳なことが行われるというのは、結婚や生殖と関係のないセックスのことだと思います。

ラヴァラヴァ、サロン、パレオ、パシュミナ、クローマー、アフガンストール、ベルベルストールとは? 日本の風土で使えるか?(服飾文化輸入)
ラヴァラヴァ、サロン、パレオ、パシュミナは実用というよりは嗜好品だと思います。身につけると気分が全然変わりますよ。

白人文化が正しいという根拠は実際、何もありません。

何を根拠に自分たちの習慣が正しいとしているかといえば、とどのつまりはキリスト教への信仰です。

しかし、サモア人はキリスト教徒ではありません。

宣教師はラヴァラヴァを法律を使ってでも禁止させようとします。

武力を背景とした政治力の行使であり、もはや文化の対峙ですらありません。

ラヴァラヴァはからだに布を巻き付けただけだから、体のラインがみえてしまいます。だから煽情的だというわけですね。

まあ時には乳房まるだしのこともあったでしょうが、乳房が羞恥の対象というのは文化的なもので、日本でもキリスト教伝来以前には乳房に羞恥心はほとんどなかったはずです。

葛飾北斎春画を見ればわかりますが、性器は興味の対象になっているが、乳房は春画の対象から完全に外されています。三段腹の脂肪線と同じようにしか描かれていません。

そもそも服装は温度や湿度と密接に関係してくるものなのに、宣教師はラヴァラヴァのかわりにマザー・ハバードというAラインの妊婦服のようなものを着せるよう強制します。

それは性欲を悪としたキリスト教国の、味気ないおばさんの服装でした。

男にはシャツにズボンをはかせようとします。

こうして世界は面白くなっていくというわけです。

それぞれみんな着ている服が違うからこそ面白いと思いませんか?

『サド侯爵夫人』三島由紀夫の最高傑作
『サド侯爵夫人』は三島由紀夫とサド侯爵の共著といってもいい作品。きわめてキリスト教的な作品です。 神の敵について考えれば考えるほど、神についても考えざるを得ないからです。

葛飾北斎。神奈川沖浪裏の元ネタ。波の伊八
パリのギメ美術館で必死に探した葛飾北斎の浮世絵「神奈川沖浪裏」のモデルになったとされる彫刻、波の伊八の「波に宝珠」を見てきました。
スポンサーリンク

物語のあらすじ。宣教師vs売春婦。禁欲と性欲はどちらが勝つのか?

疫病の感染拡大の予防のために、白人たちは少なくとも十日はサモア島にとどまらなければならなくなりました。ここでの疫病とは麻疹のことです。

検疫のために現地の宿に投宿しますが、そこに同じ船に乗っていた売春婦が同宿することになるのです。

暑苦しい雨の昼、蚊に寝苦しい夜、白人たちにフラストレーションがたまっていきます。

とくに売春婦が楽しみのためにする音楽やダンスが、厳格な宣教師の気に障ってしかたがありません。

宣教師は「彼女の魂はさまよっている」と思いこみます。売春婦の不身持をなおさせるのは宣教師である自分の使命であると、男は女に積極的に干渉していくのです。

「あなたに何も迷惑をかけていないんだから放っておいて」と売春婦は反発しますが、宣教師は「これは神からもらった仕事」だと思い込みます。

医者は宣教師の干渉ををこころよく思っていません。他人のことなんて放っておいてやればいいのに、と思っています。それとなくそう伝えますが、宣教師は売春婦に干渉することをやめません。

彼女が苦しむことは神への犠牲であり、これは罪をつぐなう絶好の機会であり、自分も彼女と同じように苦しんでいると宣教師は主張します。

売春婦は故郷に強制送還されることをおそれていました。家族に今の姿を見られたくありませんでした。帰れば感化院に強制収容されて3年間は監禁されてしまいます。

それが嫌で、宣教師に屈服します。足元にすがり、悔い改めようとするのです。

悔い改めという関係性の中で同じ部屋に男女が二人長時間いることになりました。

罪を告白するものと、それを聞くもの——

雨が降る島に閉じ込められていて、他にやることがありません。

暑苦しくて、息苦しくて、狂いそうになります。

宣教師は売春婦に説法した後も、自分のベッドでずっと神に祈っていました。

売春婦のために神に祈っている姿でしたが、本当は自分の性欲と戦っていました。

ある日、宣教師はネブラスカの山々を夢に見ます。山は女の乳房のカタチをしています。山が乳房の象徴だとすれば、これは性欲の夢であることを暗示しています。

宣教師は性欲に負けてしまいました。売春婦と二人きりの悔い改めの時間の中で二人は男女の関係を結んでしまいます。

そのことに苦しみ宣教師は剃刀で喉を切って自殺してしまいました。

売春婦は元のあばずれおんなに戻ってしまいました。

女の感化は失敗したのです。

スポンサーリンク

おせっかいというのは、嫉妬が変形した自己防衛の感情

宣教師は「現地の人間には(神への)惧れがない」といって、惧れの感情を植え付けようとします。

惧れこそが民衆の教化のために必要な感情だからでした。惧れから救ってくれるのは神だけだ、という宣教の仕方をしていたのです。

実際には布教というのは悪い面ばかりではありませんでした。

たとえば食人習慣をやめさせるとか。

しかしラヴァラヴァまでやめさせようと干渉するのは行き過ぎです。

小説『雨』では、自由を圧迫する「おせっかい」な人々への作者の嫌悪感が表明されているような気がしてなりません。

それはたとえばヒトラーのような人物もまたおのれの価値観を他者や他国に押し広げようとしてついには世界大戦まで引き起こしてしまったからです。

小説『雨』の初版は1956年です。第二次世界大戦終結後11年が経過しています。戦争の時期を生きたモームが戦争の原因を追究しなかったということがありえるでしょうか。

他者をほっとけないのはなぜなのでしょうか。

それは、おそらくその他者が自分を脅かす存在だからでしょう。

その人が自分の生き方を変えてしまうほどの存在だから、気になってしかたがないのでしょう。

自分を迷わせ悩ませる相手の魅力、生き方を潰して、自分の側に引きずり込んでしまえば、もう心をかき乱されることもなくなります。

おせっかいというのは、そういう自己防衛の心かもしれませんね。

嫉妬の変形した感情なのかもしれません。

「イケてる女と修行僧が出会ったら、どっちかが変わるね」とチャールズ・ブコウスキーは言っています。

小説『雨』で変わってしまったのは、宣教師の方でした。

マグダラのマリアは売春婦ではなかったという説があります。

宣教師と売春婦が出会った時、あなたはどちらが変わると思いますか?

性欲と禁欲、どちらが勝つと思いますか?

スポンサーリンク

本は電子書籍がおすすめです

kindle unlimitedは、電子書籍kindleキンドルを利用した和書12万冊、洋書120万冊以上の読み放題サービスです。

kindleの使い方

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。

アマゾンプライムの使い方・入会方法

アマゾンプライム会員登録のしかた(無料体験だけして解約する方法)
画像入りで、アマゾンプライム会員登録のしかたと、無料体験だけして解約する方法について解説しています。

オーディブルの使い方

オーディオブックは究極の文章上達法
究極の文章上達法はオーディオブックを聴くことだと思っています。なぜなら言葉というのは語感で覚えているからです。 語学が得意な人は耳がいいのです。

私はオーディオブックは究極の文章上達術だと思っています。

人生を変えた本『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』リアル・ドラゴンクエスト・ガイドブック
いくら旅に時間を費やしたところで、自分と向き合うことに時間を費やさなければ、何の意味もありません。どれだけ何かが変わっても、それに対処するのは自分しかないからです。 どこに行こうと、何が変わろうと、そこには自分がいます。これは言葉ではありません。生き方なのです。
人生を変えたいのならば、仕事を辞めるという選択肢がある。
団体バスの行き先がろくな場所ではないとわかったら、もうバスは降りてしまっていいのではないですか? 仕事を変えれば、生き方を変えることができますよ。 今は退職代行サービスや、転職エージェントがあなたのキャリアアップを助けてくれる時代です。

※※他のサマセット・モーム作品についての書評も書いています。よかったらこちらもご覧ください。

『月と六ペンス』サマセット・モーム
『月と六ペンス』。傑作が燃えて灰になっても、すばらしい世界は今も目の前にある。ストリックランドは大自然とか世界にインスパイアされて傑作を書き上げたけれど、彼の傑作がなくなっても、傑作を生みだした母体である自然や世界は目の前にまだ残っています。何ら損なわれたものはないのです。傑作は他の誰かの手でいつかまた再現されます。
別れた恋人にもう一度会いたいと思った時に会うべきか否か? サマセット・モーム『赤毛』
時の流れは残酷なものです。気持ちは去って、二度と戻らないのです。
性欲vs禁欲。勝つのはどっち? サマセット・モーム『雨』
名作『雨』に見る性欲vs禁欲、果たしてどちらが勝ったのでしょうか?
アレイスター・クロウリーと賢者の石。『魔術師』サマセット・モーム
現代人もそれを「錬金術」とは呼びませんが、昔の人たちと同じことを望み、同じことを日々追求しているのではないでしょうか? あるとはいえない。でもないとはいいたくない。それが錬金術、人の希望でした。
サマセットモーム『ロータス・イーター』
ロータス・イーターとは、ギリシア神話から「安逸をむさぼる人」を意味しています。ロータスとは蓮。イーターとは食べる人。 タイトルは、極楽浄土の花、蓮を食って生きている人という意味です。 浮世離れした放浪のバックパッカーのような人種のことを指しています。
エドワード・バーナードの転落。サマセット・モーム
「旅に出たくなる小説」というものがあるように、「仕事を辞めたくなる小説」というものがある。 ここでは文豪サマセット・モームの「エドワード・バーナードの転落」の魅力に迫ります。 物語、小説における語り手。 人の心が、誰かに影...
『女ごころ』とはどういうものか。モテない君が文豪の名作に学ぶ
女が、20歳も年上の厳格な公務員に嫁ぐか、危険な匂いのする秘密を共有する同年代の男と一緒に生きていくか? もちろんいい女ってやつは、秘密を共有する危険な男を選ぶのですよ(断言!) 乗るかそるかでやってみる。それでこそ人生ですよ。
お菓子と麦酒。人間の滑稽さを描いた作品
世界的な文豪の夫よりも、こけおどしの服装(見た目)で男を選んでしまう女というものの愚かさ。 そしてその女の愚かさに惚れてしまってかなわない男という者の愚かさ。 そんな人間の滑稽さを描いている作品
ラヴァラヴァ、サロン、パレオ、パシュミナ、クローマー、アフガンストール、ベルベルストールとは? 日本の風土で使えるか?(服飾文化輸入)
ラヴァラヴァ、サロン、パレオ、パシュミナは実用というよりは嗜好品だと思います。身につけると気分が全然変わりますよ。
著者
お探しのものはありませんか?
漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました