『星の王子さま』サン=テクジュペリ

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

美女は他にも山ほどいます。それなのに自分の恋人だけがどうして特別だと言えるだろうか。女房だけが女じゃないと気づいてしまったら、あなたならどうしますか?

こんにちは、ハルト@sasurainorunnerです。

ここではサンテクジュペリ作『星の王子さま』を通じて、友情や愛の秘密について解き明かしていきます。

スポンサーリンク

子供の頃はわからなかったことが大人読書だとわかることがある。

作品冒頭、砂漠に不時着したパイロットが王子様に出会うところから作品は始まる。

本の著者はサンテクジュペリ。聖テクジュペリみたいなネーミングだけど、いいのかしら。

飛行機乗りとしても有名で、1935年に当時植民地だったベトナムまでフランスから最短時間飛行に挑戦した際、サハラ砂漠に不時着した時の体験が、「星の王子さま」に反映されているそうだ。フランス語の現代は「小さな王子さま」。

ベトナムを目指して飛んだのにサハラ砂漠って。。。近いな。。。(笑)

1943年に「星の王子さま」は発行された

王子さまはB612という小さな星からの来訪者。小さな星は「家」の寓意かな。いっそBf109という星だったらミステリーだったのに。Bf109はサンテクジュペリを地中海に撃墜したドイツ空軍機の名前である。メッサーシュミットと呼ばれている。

王子さまは「子供心」の象徴で、子供心は大人に対して無垢は疑問をぶつける。疑問は容赦のない大人社会の批判となっているのだが、無垢な子供の疑問という体裁のおかげで毒はない。

王子さまの小さな星には小さな赤い花が一輪だけ咲いている。おそらくこの花は「女性。妻。パートナーの象徴」であろう。花は弱く、何も知らない。4本のトゲをもっていて、王子さまは花を愛し、何でもしようと思っているが、花の言葉をいちいち真に受けて苦しむ。

サンテクジュペリも女性には苦労したんだろうな。完全に女性に対する接し方を書いていると思います。

子供の頃はわからなかったことが大人読書だとわかることがある。これもその一つだな。「花はただ眺めて、香りを楽しんでいればいいんだ。意味のない言葉をいちいち聞かないほうがよかった」と王子さまは後悔していた。

同じ男として「やあ、ご同輩」とサンテックスに声をかけたくなるよ。そして王子さまは女性を家に残して……おっと花を星に残して、脱出するのである。離婚、家出です。はっきり言って。もうここには戻ってこないだろうと思っていた。花に「さよなら」というと、花は彼を愛していると告げた。

「私を許してね。あなたの幸せを見つけてね」彼女は泣くところを見られたくなかった。それが花の自尊心だった。

離婚劇が展開される。子供の頃はさほど面白いとおもわなかった「星の王子さま」だが、大人読書するとなんだかワクワクドキドキ面白いじゃないの。

スポンサーリンク

自分の恋人だけが女じゃないと気づいてしまった!

離婚後、家を出た王子さまは、旅の途中で、さまざまな他の家を見て回る。

自分の家も変わっていたが、世の中は変わった家ばかりだった。

小さな家の中でいばってばかりいる人。崇拝されたい人。酒を飲むことを忘れたくて飲むという人。

自分を重要人物だというビジネスマンはお金持ちになるために計算ばかりしている。「何のためにお金持ちになりたいの?」と王子が尋ねると「所有してお金持ちになれば、そのお金でもっと所有し、もっとお金持ちになれる」と答える。際限がない。大人というのは変だな、と王子さまは思う。

いっさい現場を知らない地理学者。規則に盲目的に従う点灯夫。友だちになってもいいと思ったのは彼だけだった。彼だけは自分以外のものの世話をしているから。。。

地球で王子さまはヘビと会い、花と会い、バラ園のたくさんのバラたちと会った。

バラたちは「彼の花」とそっくりだった。この際、バラは女性と読み替えましょう。

「特別な花を一本持っているから自分は豊かだと信じていたけれど、僕が持っていたのは普通の花だった」女の園を見て、自分の恋人だけが女じゃないと気づいてしまったんですね。美女は他にも山ほどいます。それなのに自分の恋人だけがどうして特別だと言えるだろうか。

スポンサーリンク

最重要キャラクター、キツネの登場

そして作中、もっとも重要なキャラクターであるキツネに出会う。

キツネは言う「今は10万人のよく似た少年の一人である君がいなくなったって別にかまわない。でも友だちになれば別だ。他の人が来たら地面の下に逃げるけれど、きみが友だちになってくれたならきみの足音はきっと音楽みたいにおれを穴から誘い出す」

「人間は愛したことしか学べない。今は意味のない小麦の黄金色が、きみを好きになったら、君が小麦のような金色の髪をしているから、おれは小麦を見るときみを思い出すようになる。小麦畑を渡る風を聞くのが好きになる」

もう一度、王子さまはバラ園に戻ると、自分の星のバラと、バラ園のバラは全く違うことに気づいた。以前は同じに見えたのに。

「10万匹のどれとも違わないただのキツネが世界でただ一匹のキツネになったように、ぼくの星のバラはバラ園のバラ全部をあわせたよりももっと大事だ。なぜってあれが僕が世話した、僕の花だから

とうとう愛の秘密に王子さまは気づいた。世の中にいくらでもいる女たちよりも、自分の恋人の方が大事だということがわかったのだ。

「時間をかけて一緒に過ごしたことが重要なんだ」

「心で見るんだ。大切なことは目には見えない」

王子さまはキツネと別れた。

スポンサーリンク

大団円

王子さまはヘビに噛まれて死ぬ。死なないと来た場所に戻れないからだ。着た場所には「あの花」が咲いている。その花のためには死ねるのだ。

「星の王子さま」は戦争と無縁に書かれた作品ではない。戦場で死んだ兵士たちは、誰のために、何のために死んだのか?

私が読んだのは池澤夏樹の訳である。大昔に読んだ他の人の訳だと「坊ちゃん。行かないで」とパイロットが泣いていたような気がするが、池澤訳はあっさりとしたものである。

「5000本のバラを育てても自分たちが探しているものは見つからない。探しているものはたった一本のバラやほんの少しの水の中に見つかるのに」

死んで肉体が消えても、心は残っている。その方が重要だ。肝心なことは目では見えないのだから。

サンテクジュペリを撃墜したメッサーシュミットのパイロットは彼の愛読者だったそうだ。搭乗しているのがサンテクジュペリだと知っていたら撃たなかったという言葉が残っている。

星の王子さま (新潮文庫)

新品価格
¥518から
(2019/8/20 20:24時点)

これにて読書マラソン5、完走!

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました