おとな読書『星の王子さま』。特別じゃない人を特別だと感じる魔法

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク

あなたの恋人は美しい人でしょうか?

きっと美しい人なのだと思います。

けれどあなたの恋人以外にも美しい人は山ほどいます。それなのに自分の恋人だけがどうして特別だと言えるでしょうか。

恋人だけが異性じゃないと気づいてしまったら、あなたならどうしますか?

ここでは『星の王子さま』を通じて、友情愛の秘密について解き明かしていきます。

特別じゃないものを特別だと感じる魔法のことをサンテクジュペリが教えてくれます。

スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コロナ禍で「家ごもり」の今だからこそ、家でできる副業・ブログ・アフィリエイトをはじめませんか?
「あなた」だけが知っているお宝アイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬ゲットできます。
おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

おとな読書『星の王子さま』。特別じゃない人を特別だと感じる魔法
スポンサーリンク

子供の頃はわからなかったことがおとな読書だとわかることがある。

作品冒頭、砂漠に不時着したパイロットが星の王子さまに出会うところから作品は始まります。

本の著者はサンテクジュペリ。プロの飛行機乗りとしても有名で、1935年に当時植民地だったベトナムまで、故国フランスから最短時間飛行に挑戦した際、サハラ砂漠に不時着した時の体験が「星の王子さま」に反映されているそうです。ベトナムを目指して飛んだのにサハラ砂漠って。。。近いな。。。(笑)

1943年に「星の王子さま」は発行されました。フランス語の現代は「小さな王子さま」。

王子さまはB612という小さな星からの来訪者です。小さな星は「家」の寓意だと考えることもできます。

王子さまは「子供心」の象徴です。子供心は大人に対して無垢な疑問をぶつけます。疑問は容赦のない大人社会への批判となっているのですが、無垢な子供の疑問という体裁のおかげで気分を害するような毒はありません。

王子さまの小さな星には小さな赤い花が一輪だけ咲いています。この花は「女性。妻。パートナーの象徴」と読むこともできます。花は弱く、何も知りません。4本のトゲをもっていて、王子さまは花を愛し、何でもしてあげようと思っていますが、花の言葉をいちいち真に受けて苦しむのです。

サンテクジュペリも女性には苦労したんだろうなあ、と思います。ここでは完全に女性に対する接し方を書いているとわたしは思います。

子供の頃はわからなかったことがおとな読書だとわかることがあります。これもその一つですね。「花はただ眺めて、香りを楽しんでいればいいんだ。意味のない言葉をいちいち聞かないほうがよかった」と王子さまは後悔しています。

結論のない会話、方向性のない会話、噛み合わない会話、何が言いたいのかわからないトーク……喋ることそのものが目的だということがわからずに、男は女性の会話とまともに向き合って困惑するのです。

古今東西、同じ悩みなんですねえ。同じ男として「やあ、ご同輩」とサンテックスに声をかけたくなります。

そして王子さまは女性を家に残して……おっと物語上では花を星に残して、小さな星を脱出するのです。

離婚、家出です。はっきり言って。

王子さまはもうここには戻ってこないだろうと思っていました。花に「さよなら」というと、花は彼を「愛している」と告げたのです。

「私を許してね。あなたの幸せを見つけてね」

彼女は泣くところを見られたくありませんでした。それが花の自尊心でした。

離婚劇が展開されます。子供の頃はさほど面白いとおもわなかった「星の王子さま」ですが、大人読書をするとなんだかワクワクドキドキ面白いじゃないの。

スポンサーリンク

自分の恋人だけが特別じゃないと気づいてしまった!

離婚後、家を出た王子さまは、旅の途中で、さまざまな他の家を見て回ります。

自分の家も変わっていましたが、世の中は変わった家ばかりでした。

小さな家の中でいばってばかりいる人。崇拝されたい人。酒を飲むことを忘れたくて飲むという人。

自分を重要人物だというビジネスマンはお金持ちになるために計算ばかりしていました。

「何のためにお金持ちになりたいの?」と王子が尋ねると「所有してお金持ちになれば、そのお金でもっと所有し、もっとお金持ちになれる」と答えます。際限がありません。大人というのは変だな、と王子さまは思う。

まるで欲望に自分を見失ってしまった人のようです。こういう人は現代日本にもいますよね?

いっさい現場を知らないという地理学者。

そして規則に盲目的に従う点灯夫。友だちになってもいいと思ったのは彼だけでした。彼だけは自分以外のものの世話をしているから。。。

そして地球で星の王子さまはヘビと会い、花と会い、バラ園のたくさんのバラたちと会うのです。

バラたちは「彼の花」とそっくりでした。もうこの際、おとな読書で、バラは女性と読み替えましょう。

「特別な花を一本持っているから自分は豊かだと信じていたけれど、僕が持っていたのは普通の花だった」

バラの園(すなわちたくさんの女たち)を見て、自分の恋人だけが女じゃないと気づいてしまったんですね。

すてきな女性は他にも山ほどいます。それなのに自分の恋人だけがどうして特別だと言えるでしょうか。

スポンサーリンク

「時間をかけて一緒に過ごしたことが重要なんだ」

そして作中もっとも重要なキャラクターであるキツネに出会います。キツネは言います。

「今は10万人のよく似た少年の一人である君がいなくなったって別にかまわない。でも友だちになれば別だ。他の人が来たら地面の下に逃げるけれど、きみが友だちになってくれたならきみの足音はきっと音楽みたいにおれを穴から誘い出す」

「人間は愛したことしか学べない。今は意味のない小麦の黄金色が、きみを好きになったら、君が小麦のような金色の髪をしているから、おれは小麦を見るときみを思い出すようになる。小麦畑を渡る風を聞くのが好きになる

これが特別でないものを特別なものにしてくれる魔法でした。それをキツネが教えてくれたのです。

もう一度、王子さまはバラ園に戻ると、自分の星のバラと、バラ園のバラは全く違うことに気づくのです。以前は同じに見えたのに。

「10万匹のどれとも違わないただのキツネが世界でただ一匹のキツネになったように、ぼくの星のバラはバラ園のバラ全部をあわせたよりももっと大事だ。なぜってあれが僕が世話した、僕の花だから

とうとう愛の秘密に王子さまは気づきました。世の中にいくらでもいる女たちよりも、自分の恋人の方が大事だということがわかったのです。

「時間をかけて一緒に過ごしたことが重要なんだ」

「心で見るんだ。大切なことは目には見えない」

スポンサーリンク

「心で見るんだ。大切なことは目には見えない」

王子さまはヘビに噛まれて死んでしまいます。死なないと来た場所に戻れないからでした。来た場所には「あの花」が咲いているのです。その花のためには死ねるのでした。

「星の王子さま」は戦争と無縁に書かれた作品ではありません。戦場で死んだ兵士たちは、誰のために、何のために死んだのでしょうか?

「5000本のバラを育てても自分たちが探しているものは見つからない。探しているものはたった一本のバラやほんの少しの水の中に見つかるのに」

死んで肉体が消えて目に見えなくなっても、サンテクジュペリの心は今でも残っています。

戦争でサンテクジュペリの偵察機を撃墜したメッサーシュミットのパイロットは彼の愛読者だったそうです。搭乗しているのがサンテクジュペリだと知っていたら撃たなかったという言葉が残っています。

肝心なことは目では見えないのです。

星の王子さま (新潮文庫)

新品価格
¥518から
(2019/8/20 20:24時点)

著者
記事がよかったらポチっとお願いします
記事がよかったらワンポチ
記事がよかったらワンポチ
記事がよかったらポチっとお願いします
お探しのものはありませんか?
漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました