twitter

パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

スポンサーリンク

土浦全国花火競技大会。事故で中止に

イロハ「先日の土浦全国花火競技大会(2018年)は残念だったね」

ハルト「日本三大花火大会だというのではじめて行ったのだが、中止とは…クッ(泣)」

イロハ「しょうがないよ。競技中、風に流された花火玉が落下してケガ人が出たんだから」

ハルト「事故で中止はしょうがないと思うけど、一時間近くも放置された挙句、中止のアナウンスもないままだったことが納得いかないな」

イロハ「うーん。ちゃんと中止のアナウンス、なかったよね。対岸だったけど、けっこう本部近くで見ていたから、中止の放送があったら聞こえてたはずなんだけどな」

ハルト「公式アナウンスではなくて、周囲の噂話で中止を知ったんだよね。おかしいだろ!」

イロハ「周囲の人たちは公式ホームページから中止を知ったみたいだったね」

ハルト「HP更新している暇があったらアナウンスしろ。アナウンス! 隣にいる人にメールで会話するオタクかっつーの!」

イロハ「ははは。その情報がツイッターで拡散して、三々五々みんな帰っていったよね」

スポンサーリンク

事件現場のtwitter

ハルト「そういえば事件の現場でtwitterで情報収集・発信したのってはじめてだったな」

イロハ「電車が止まったりすると、同じ車内の人たちで、何でこの電車が止まっているのかtwitterで情報交換したりするっていうよね」

ハルト「中止のアナウンスは聞かなかったけど、安全確認しているというアナウンスは聞いたよね。でもどうして花火が上がらず放置されているのかわからず、Twitterみたら、現場に放置された人たちのツイートですごい盛り上がってた」

イロハ「中断理由は何? っていうツイートで溢れかえっていたよね」

ハルト「おれもちょっとバズった。「ガイジンさんががっかりして帰ったぞ。この放置プレイが日本の花火だと彼は本国で喧伝するだろうな。中断理由を定期的にアナウンスせいよ」とツイートしたらインプレッションが4,555(タイムライン画面に流れて見られた回数)もあった。エンゲージメント(いいね、や、リツイートなど反応があったこと)は7だけど」

イロハ「それって凄いの? ハルトのブログのページビューと比べてどう?」

ハルト「比較になるか! 数字の桁が全然ちがうわ(号泣)。ツイッターの拡散力って凄いよ」

イロハ「東京マラソンで設楽啓太が日本記録を更新した時のツイートは?

ハルト「インプレッション4491。エンゲージメント361だった」

イロハ「事件の現場のツイートってすごいなあ。マラソン日本記録よりも土浦花火の事件現場の方がインプレッションが多いなんて。エンゲージメントが設楽の方が多いのは写真をアップしたからでしょ?」

ハルト「日本記録の栄光の写真ではなく、ゴール後の疲れて一人でトボトボ帰っていく写真だったね。写真の拡散力は凄いよ。文章とは比較にならない」

イロハ「情報量が全然違うもの。やっぱり写真だよ。ハルトのブログももっと写真をアップすればページビューがアップするんじゃない?」

ハルト「写真差し挟んでいるヒマがないんだよ(泣)」

イロハ「文章書く方がずっと時間かかるでしょ?」

ハルト「まあね。写真だけならインスタグラムっていう手もあるよ」

イロハ「私はインスタ派。twitterよりインスタグラムの方がきれいな写真がいっぱいで楽しいよ」

ハルト「イロハは写真コンテストに入賞するほど腕がいいからなあ。インスタグラムのインプレッションってどうなのよ?」

イロハ「事件現場のtwitterほどはいかないなあ」

ハルト「それはそうか。どうして花火が中断していて、どうして自分が放置されているのか、情報が知りたいんだもの」

イロハ「そばに花火が落下した人が偶然撮った動画が77万回も再生されていたよね。芸能人なみの閲覧数よね」

ハルト「文章よりも写真っていう考え方を推し進めると、最終的には動画だってことになるよ

イロハ「ハルトもブロガーをやめてユーチューバーになれば?」

ハルト「何をー。花火のツイートは1週間後には読んでもしょうがないものだけれど、おれは1年後に読んでも価値があるブログを目指しているんだよ」

イロハ「がんばれ。写真も入れてね(笑)」

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました