twitter

パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

スポンサーリンク

土浦全国花火競技大会。事故で中止に

イロハ「先日の土浦全国花火競技大会(2018年)は残念だったね」

ハルト「日本三大花火大会だというのではじめて行ったのだが、中止とは…クッ(泣)」

イロハ「しょうがないよ。競技中、風に流された花火玉が落下してケガ人が出たんだから」

ハルト「事故で中止はしょうがないと思うけど、一時間近くも放置された挙句、中止のアナウンスもないままだったことが納得いかないな」

イロハ「うーん。ちゃんと中止のアナウンス、なかったよね。対岸だったけど、けっこう本部近くで見ていたから、中止の放送があったら聞こえてたはずなんだけどな」

ハルト「公式アナウンスではなくて、周囲の噂話で中止を知ったんだよね。おかしいだろ!」

イロハ「周囲の人たちは公式ホームページから中止を知ったみたいだったね」

ハルト「HP更新している暇があったらアナウンスしろ。アナウンス! 隣にいる人にメールで会話するオタクかっつーの!」

イロハ「ははは。その情報がツイッターで拡散して、三々五々みんな帰っていったよね」

スポンサーリンク

事件現場のtwitter

ハルト「そういえば事件の現場でtwitterで情報収集・発信したのってはじめてだったな」

イロハ「電車が止まったりすると、同じ車内の人たちで、何でこの電車が止まっているのかtwitterで情報交換したりするっていうよね」

ハルト「中止のアナウンスは聞かなかったけど、安全確認しているというアナウンスは聞いたよね。でもどうして花火が上がらず放置されているのかわからず、Twitterみたら、現場に放置された人たちのツイートですごい盛り上がってた」

イロハ「中断理由は何? っていうツイートで溢れかえっていたよね」

ハルト「おれもちょっとバズった。「ガイジンさんががっかりして帰ったぞ。この放置プレイが日本の花火だと彼は本国で喧伝するだろうな。中断理由を定期的にアナウンスせいよ」とツイートしたらインプレッションが4,555(タイムライン画面に流れて見られた回数)もあった。エンゲージメント(いいね、や、リツイートなど反応があったこと)は7だけど」

イロハ「それって凄いの? ハルトのブログのページビューと比べてどう?」

ハルト「比較になるか! 数字の桁が全然ちがうわ(号泣)。ツイッターの拡散力って凄いよ」

イロハ「東京マラソンで設楽啓太が日本記録を更新した時のツイートは?

ハルト「インプレッション4491。エンゲージメント361だった」

イロハ「事件の現場のツイートってすごいなあ。マラソン日本記録よりも土浦花火の事件現場の方がインプレッションが多いなんて。エンゲージメントが設楽の方が多いのは写真をアップしたからでしょ?」

ハルト「日本記録の栄光の写真ではなく、ゴール後の疲れて一人でトボトボ帰っていく写真だったね。写真の拡散力は凄いよ。文章とは比較にならない」

イロハ「情報量が全然違うもの。やっぱり写真だよ。ハルトのブログももっと写真をアップすればページビューがアップするんじゃない?」

ハルト「写真差し挟んでいるヒマがないんだよ(泣)」

イロハ「文章書く方がずっと時間かかるでしょ?」

ハルト「まあね。写真だけならインスタグラムっていう手もあるよ」

イロハ「私はインスタ派。twitterよりインスタグラムの方がきれいな写真がいっぱいで楽しいよ」

ハルト「イロハは写真コンテストに入賞するほど腕がいいからなあ。インスタグラムのインプレッションってどうなのよ?」

イロハ「事件現場のtwitterほどはいかないなあ」

ハルト「それはそうか。どうして花火が中断していて、どうして自分が放置されているのか、情報が知りたいんだもの」

イロハ「そばに花火が落下した人が偶然撮った動画が77万回も再生されていたよね。芸能人なみの閲覧数よね」

ハルト「文章よりも写真っていう考え方を推し進めると、最終的には動画だってことになるよ

イロハ「ハルトもブロガーをやめてユーチューバーになれば?」

ハルト「何をー。花火のツイートは1週間後には読んでもしょうがないものだけれど、おれは1年後に読んでも価値があるブログを目指しているんだよ」

イロハ「がんばれ。写真も入れてね(笑)」

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました