モバイルライフ。キャリア変更の違約金『インターネット回線とケータイ電話通信の違約金を両方とられちゃった話し』

スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

ハルト「オオイ。オイ。オイ」

( ノД`)シクシク…

ダイ「どうしたんだよ、ハルト。何を泣いているんだ?」

ハルト「ドラえもんか、お前は。2年たったのでソフトバンクからauにケータイ会社を変えたら、違約金を2万円以上取られたんだ」

ダイ「えっ? 詳しく話してみろよ」

ハルト「ソフトバンクの携帯電話とソフトバンク光(パソコンのインターネット回線)を同時に申し込んで使っていたんだけど、ソフトバンク光から2年間の更新月が来たというハガキが来たから解約しに行ったんだよ」

ダイ「ソフトバンクに不満でもあったのか?」

ハルト「いや、全く。ただそのひとつ前のandroidケータイを大事に何年も使っていたのに、会社を変えて新機種に変更した方が、通信料は安いし、本体は新しく高性能になるし、何でずっと使っていたんだろうって後悔した経験があったから、2年たったら機械的に機種とキャリアを変えようと決めていたんだ」

ダイ「お前、そういうところ、ダメだもんな」

ハルト「うるさい。そもそも古いものを大事に使っている人よりも、どんどん新しいものに買い替える人の方が安あがりっておかしくないか? 自転車でも、ランニングシューズでも、古いものを大事に使っている人の方が倹約家で、新しいものにどんどん買い替える人の方が浪費家と相場が決まっているんだよ。それなのに知らなかったばかりにケータイだけ浪費家のように金を使っていたんだ」

ダイ「携帯キャリアは通信料で儲けているから、電話本体を売って儲けているわけじゃないんだよ。そこがミソだな」

ハルト「もう絶対2年でケータイ機種とキャリアと変えるわって決めてたから、ソフトバンク光の更新月のお知らせが届いたときに、機種変キャリア変を申し出たんだよ」

ダイ「ふむふむ。事情はわかった。それで?」

ハルト「そうしたらパソコンのインターネット回線(ソフトバンク光)の更新月は今月だけれど、携帯電話の更新月は来月だと言われたんだ。それっておかしくないか? 同時に申し込んだのに

ダイ「そういうシステムになっているんだから仕方ないだろ」

ハルト「二つのサービスを一緒に使うことで安くなっている契約だから、これじゃあどちらかの違約金は必ず発生するってことだろう? だって片方だけやめられないじゃないか。

だから仕方なく、ケータイの違約金を払って、ソフトバンクからauに乗り換えたんだよ。

やっぱりauもインターネット通信とケータイ通信を一緒に使用すると安くなるサービスがあるから、パソコンもケータイもauに乗り換えたの。

そうしたら、パソコンのインターネット通信の違約金も払う羽目になった」

ダイ「なんでだよ。契約更新の月にやめたんだろう?」

ハルト「更新の月にやめたのはケータイだけで、パソコンの方はやめていなかったんだ。電話して、別途解約の手続きをしなければいけなかったらしい

ダイ「それは電話しなかった、お前のミスだな」

ハルト「なんで申し込むときは両サービス同時に申し込めるのに、解約するときは一方だけなんだよ。おかしくないか?

ダイ「そういうシステムになっているんだから仕方ないだろ」

ハルト「仕方ないで済むか! だいたい更新月が違うところから「そらもう納得いかへんなー」だ。違約金を払いたくないから契約更新の月を待って動いたのに、結局、両方の違約金を取られるなんて。。。悲劇」

( ノД`)シクシク…

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました