老後の海外移住を真剣に検討してみる

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

先日、イロハの写真コンテスト入賞の副賞としてもらったオクマプライベートビーチ&リゾートに泊まるために、沖縄に行ってきました。

ホテルの一泊二食のみは無料となりますが、航空機やレンタカーなどは自前で払わなければなりません。しかしせっかくの高級ホテル宿泊券を捨てる手はありませんし、行ってみることにしました。

私たちはまずこんな機会でもないと沖縄には行きません。沖縄に行くぐらいならば台湾やホーチミンに行ってしまおうというのが私たちの考え方です。最寄りの空港が成田だということもあります。

しかし、どうせ飛行機に乗ってしまえば、たいして時間は変わりませんし、現地での費用は安く上がり、しかも旅行ゲームとしての楽しさは、断然海外旅行の方が上だということが、大きな理由となっています。

スポンサーリンク

海外移住を真剣に考えてみる

あまりの物価の違いから、海外での移住生活を真剣に検討したことがあります。しかし物価が安く、食べ物がおいしい国はたいてい英語以外の言葉をしゃべっており、基本的に相手が何を言っているのかさっぱりわかりません。ショートトリップでは言葉が通じないことが楽しさを助長していることもあるわけですが、ずっと暮らすとなるとデメリットが大きくなってきます。

まずテレビですが、外国語のため、何を喋っているのかまるでわかりません。日本の「お笑い」などは世界的にも特殊かつレベルの高いものだと思っていますが、外国に行ったら残念ながらお別れです。映画放映も見ても内容がわからず、アクションものばかり見ることになってしまうでしょう。ローカル・ニュースも何が起きているのかわからず、情報弱者として取り残されることになります。

そして「図書館」。日本に住んでいれば、無料で、日本語の本がいくらでも読めますが、移住したら、読書天国から遠ざかることになります。電子書籍があるじゃないかと考える人がいるかもしれませんが、ディスプレイ読書はスマホ老眼を促進させて結局は本が読めなくなると考えています。おすすめできません。

退職後の膨大な時間を、娯楽の充実という面で見ると、やはり日本人は日本で暮らした方がいいという結論になることでしょう。

また『どんな避暑地もエアコンにはかなわない』論で述べたように、熱帯雨林地方の最高のおもてなしはエアコンの涼しい空間です。いくら生活費の安くても、暮らしやすさとはお金の問題だけではありません。春夏秋冬ずっとエアコン暮らしというのも逆にお金がかかることなのではないでしょうか。

私のようなランナーには、すこしぐらい寒いぐらいの気候のほうがちょうどいいのです。文明は寒い国の方が発展しやすいと言いますが、寒い方が火を使うということもありますが、暑い国だと脳ミソがうだって面倒くさいことは考える気がなくなることも原因のひとつのような気がします。

そしてたいてい日本ほどいい国は他にはありません。もしも人生のよろこびの大きな地位を食べ物が占めているのだとしたら、間違いなく世界一の国は日本です。エジプトとか住んだら悲しい思いをすることになります。タジン鍋にクスクスばかりの人生なんて想像できません。

ところで、沖縄は日本です。かつては琉球王国という一国を成していた時代もありましたが、現在は日本に違いありません。イミグレーションを通らずに入国(おっと! 入島)できます。テレビ放送は日本語ですし、図書館には日本語の本が並んでいます。どうせ家賃暮らしです。どこに払ったって家賃は家賃です。滅多にいかない沖縄に行くのですから、ここは沖縄に移住したらどうだろうか、という目線で旅をしてみたいと思っています。

実際、老後に住むとしたら、沖縄に移住するというのは現実的な選択肢なのでしょうか。ブルーの海を眺めて暮らすというのは、本当に楽園なのでしょうか。

実際に旅しつつ、検討したいと思います。

次に進む

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました