つくば万博巨大スクリーン事件。入賞と特別賞の関係

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの旅する人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

当ブログの写真はご自由にダウンロードして二次使用していただいて結構です。

世の中には賞レースというものがある。優勝、2位、3位と順位がつけられる。

それだけならわかりやすいのだが、審査員特別賞とか、開催地の〇〇知事賞、✖✖会長賞とかいうものが別に授与されることがある。

こんにちは、ハルト@sasurainorunnerです。

成績上位の副賞よりも特別賞の副賞の方が「いい副賞」だったら、成績なんて低くてもいいと思いますよね?

ここでは、通常の賞と特別賞の関係について考察します。

スポンサーリンク

つくば万博には「世界一巨大なスクリーン」と「日本一巨大なスクリーン」のパビリオンがあった

みなさんは「つくば万博Expo’85」を知っているでしょうか。

1985年に開催された国際博覧会で、正式には「国際科学技術博覧会」といいました。

「人間・居住・環境と科学技術」を博覧会統一テーマとした特別博で、48ヵ国と37機関が参加して、総入場者数は2033万人だったそうです。

この中に述べ2人として私ハルトもカウントされています。家が近かったので2回も行ったんですね。ばんぱくバンザイ。

まだWindowsもスマートフォンもなかった時代のことです。それでも各パビリオンごとに科学技術を一生懸命にアピールしていました。

私はこの万博で生涯はじめて3D立体映像や、リニアモーターカーを体験しました。観覧車も当時としては世界一巨大なものだったそうです。どの企業もみんな精一杯科学技術をアピールしたのです。

ところが、その中に「ん?」と私が思った出し物がありました。

「日本一巨大なスクリーン」で映像が見られます、というのが売りのパビリオンがあったのです(もう何館だったか忘れましたが)。

スクリーンに映像を映すのはありふれています。しかし日本一巨大なスクリーンで見せるといえば科学万博に出展する価値があるでしょう。

現在でも巨大なスクリーンを売りにしているIMAXのような施設があります。

だから文句を言う筋合いはないのですが、私は「なんかへんだなあ」と思いました。というのは、その直前に見たシアターが「世界一巨大なスクリーン」で映像を見せる、というものだったからです。

いやいやいや、おかしいでしょ!

ツッコミを入れます。同じ日本国内なのに世界一と日本一があるなんて。しかも同じ会場内に。

みなさんも変だと思いませんか?

それぞれの企業が出し物の調整をしていなくて秘密裏に計画を進めた結果、出し物が被ってしまい、しかたないので1位を世界一巨大、2位を日本一巨大にしたのかな、と私は想像しました。

それにしても、詭弁だよなあ、そう思っていたのです。これを「つくば万博巨大スクリーン事件」と命名します。

スポンサーリンク

ボクシングには「世界チャンピオン」と「日本チャンピオン」が国内に存在している

「つくば万博巨大スクリーン事件」のことは、ずっと頭の中にありました。

同じ会場内に世界一があるなら、もう一方は日本一じゃないじゃん。日本二位じゃん。

正論ですよね(笑)?

なんだか両者に賞をあたえるための詭弁というか、大人の事情で両方を賞するため方便という感じでずっともやもやした印象に残っていたのです。

ところがこのもやもやを吹き飛ばしてくれる事例がありました。

それはボクシングです。

ボクサーの頂点は世界チャンピオンです。その下に世界ランキング1位、2位、3位……がいます。

ところがその下に東洋太平洋チャンピオンというのがいて、さらにその下に日本チャンピオンというのがいます。

世界チャンピオンが日本人でも、日本チャンピオンというのが別にいます。

世界チャンピオンに日本人Aがなった途端、日本人Bの日本タイトルは剥奪されてAのものになる、ということはありません。

これはよく考えてみれば、つくば万博巨大スクリーン事件と同じことではありませんか(笑)?

(同じ日本人で世界チャンピオンと日本チャンピオンがいてもいいように、同じ万博会場内に世界一巨大スクリーンと日本一巨大スクリーンがあってもいいのだ)

積年のもやもやをボクシングの事例によって解消させたのでした。半ば無理やり(笑)。

スポンサーリンク

賞レース。順位が下の特別賞の方が「いい副賞」だった場合の価値紊乱

ところが先日、またしてもモヤモヤした出来事がありました。ある賞レースのことです。

その賞レースでは、プレゼンテーションが審査員に審査されて、優秀賞、2位、3位と上から順に表彰されます。

その他に特別賞が授与されるのですが、1位~3位とは別のプレゼンテーションが選ばれました。

そこまでなら別に何の問題もないのですが、問題は副賞です。

3位の副賞よりも、明らかに特別賞の副賞の方が金銭的価値が高いのです。

「これはどうなのかな。価値紊乱だなあ」と私は思いました。

だって3位の方が評価が高いんですよ。それなのに下位の方が「いい副賞」をもらえるなんて、3位の人は納得できるでしょうか。

私だったら「3位じゃなくて特別賞をください」と言いたいところです。

エリート進学校で下の成績でいるよりは、2流高でも成績トップでいた方が心は晴れやかです。

副賞は金銭ではなく物品であったため、表立って揉めることはありませんでしたが、これが賞金だったら問題になったのではないでしょうか。

3位の賞金が30万円なのに、その下の特別賞の賞金が40万円だったら、特別賞の方がいいと思いませんか?

ただの国会議員でいるよりも県知事でいた方がいいというようなものです。

どうも釈然としないなあ。順位と副賞にちゃんとした基準をもうけろよ。

その時、私は昔の「つくば万博巨大スクリーン事件」のことを、ふいに思い出したのです。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました