ランニングは単調な運動。単純だからこそ、わずかな違いが大きく効いてくる

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの人生を旅しながら走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

球技などの複雑さとは比較にならないほど、マラソンは単純なスポーツです。

だけど、単純だからこそ研究しようという気になるのです。

脚を出しては戻す反復運動に過ぎないものに、どうしてここまでハマるのか?

自己研鑽の結果が目に見えてわかりやすいからではないでしょうか。

単調、単純だからこそわずかな違いが大きく効いてくるからです。

スポンサーリンク

ランニングは単調。単純だからこそわずかな違いが大きく効いてくる

ランニングは単調な運動なので、世の中にはマラソンのテレビ中継をゴールまで見ていられないという人がいます。「退屈だー」と言ってテレビの前から離れてしまうのです。

確かにランニングは動きとしては単調です。テニスなどの球技の複雑さとは比較にならないほど、マラソンは単純なスポーツです。

しかし単純だからこそ研究しようという気になるのです。単純なランニングフォームの工夫ひとつで成績が劇的に変化するからです。これはまるで単純な習慣ひとつで人生が劇的に変化するようなものです。

脚を出しては戻す反復運動に過ぎないものに、どうしてここまでハマるのか?

まずはその秘密から解説します。

モチベーションの科学では、実現可能なところに目標はセットしろ、と言われています。

ハーバード大学合格とか、宇宙旅行とか、目標が遠大すぎると「やる気」は湧いてこないというのです。

ちょっと頑張れば自分にもできそうな実現可能な目的だからこそ「やる気」は出ると言われています。

これはマラソン研究にハマる理屈をまさに説明しています。

自動車ぐらい複雑になってしまうとエンジンの中はブラックボックスで、ちょっとやそっと勉強したってどうせわからないから、ハマって研究しようという気には到底なりません。

しかしロードバイクぐらいコンポーネントがむき出しで単純明快だと、ペダルを回すとどうしてタイヤが回るのか、すごくよくわかります。

極論すればペダルを回すことだけなのに、それだけでどうして私ごときがウサイン・ボルトよりも速く走れるのか? ギア比の秘密(ストライドの魔法)も目の前に剥き出しになっていて、ちょっと学べば単純な理屈です。

単純だからこそ研究し甲斐があるというわけです。

たとえばテニスだったらサーブの時の筋肉の動きはこう、走りながらレシーブする時はこう、後ろに下がりながらロビングする時はここの筋肉をこのように使う、とかいちいち考えていられません。使う筋肉はその都度違いますし、いちいち頭を切り替えなければなりません。

でもランニングは単調だから、走るときはこの筋肉がこう動くとか、システムが非常に分かりやすく、型にはめることが可能です。単調ゆえに研究しようという気になるわけですね。そして単純だからこそ、わずかな違いが大きく効いてくるのです。

同じ動作の繰り返しですから、わずか1cmのストライドの差が、4万歩以上のレース中のくりかえしのなかで、ゴール地点では大きな差となって返ってきます。同じ動きを3時間も続けるからこそ、わずかな違いが大きく効いてくるのです。

そして矛盾しているみたいですが、単純だからこそ思索的になれるのです。動きが単調だから走りながら瞑想する余裕があります。単純だからこそ、言葉の力で肉体を動かすことができます。

そして究極の走り方は、すべての言葉を忘れて、すべての走り方を意識せずに、自由に、楽に、軽く走ることです。心を無にして。あるいは走る歓びだけを感じて。

するとランニングは禅に似てきます。

【究極の走り方】あなたの走り方は、あなたの肉体に聴け
あなたよりも、あなたの肉体のほうが、走るということをよく知っています。あなたの最適なフォームを知っているのは脳味噌ではなく肉体です。からだが要求することを素直に聞いてあげましょう。心臓ひとつ、あなたは自分の意志で動かせないではありませんか。
【トレーニング意識革命】答えから学ぶ。スピードに教わる。
肉体は天才です。あなたの脳ミソよりも、あなたの肉体のほうがランニングの天分をもっています。あなたは心臓ひとつ自分の意志では動かせないではありませんか。 陸上の常識を外れたどんなおかしなフォームでも、速ければそれが正解です。だから「スピードを出すことだけに集中する」のはゴールへ最短の練習法なのです。

無我の境地を理想とするところも同じだと思っています。

禅ランニング・瞑想ランニングのやり方
瞑想ランニングのやり方を書いていたら、はからずも「幸福とは何か?」を追求することになってしまいました。幸福を追求しなければ生まれた甲斐がありません。瞑想ランニングは幸福追求のためにするものです。

※雑誌『ランナーズ』の執筆者にして市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』発売中です。
プロフィールページ等をご確認ください。

https://arikura.com/nike/


https://arikura.com/shower-running/

ランニングシューズはAmazonでお探しください

※ランニング雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』についての詳細はプロフィールページをご確認ください。

◎サブスリー養成講座の核心部分

https://arikura.com/how-difficult/
https://arikura.com/grand-slam/

マラソンの極意。複数のフォームを使い回す。フォームは決めつけない。臨機応変に変える
本稿のようなランニング講座では、速い人ほど求道者的で「理想のフォームはこれだ!」みたいに断言することがほとんどです。しかし『アリクラのサブスリー養成講座』では「フォームは決めつけない。臨機応変に変える」ことを提唱いたします。これは、本講座の最大の特徴のひとつだと思っています。
【究極の走り方】あなたの走り方は、あなたの肉体に聴け
あなたよりも、あなたの肉体のほうが、走るということをよく知っています。あなたの最適なフォームを知っているのは脳味噌ではなく肉体です。からだが要求することを素直に聞いてあげましょう。心臓ひとつ、あなたは自分の意志で動かせないではありませんか。

https://arikura.com/how-to-sub3-sole-jet/


スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
「動的バランス」とは、動いていることでかろうじて維持できるバランス状態のことをいいます。自転車は進み続けている限り倒れませんが、止まると倒れてしまいます。「動的バランス走法」とは動いていることでかろうじて維持できるバランス状態のまま前に走りつづける走法をいいます。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」
『ハサミは両方に開かれる走法』とは支脚よりも遊脚を意識する走法です。走っている時の二本の脚はまるでハサミのようなものです。片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。なぜならハサミは両方に開かれるからです。

走りの技術。ヤジロベエ走法。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
みなさん今日も楽しく走っていますか? ここでは、私ハルトのサブスリー養成講座の核の理論のひとつ「ヤジロベエ走法」について書いています。 昔は「天秤走法」と呼んでいましたが、よりしっくりくる「入力ワード」を求めて、いまではヤジロベエ走法...

https://arikura.com/balance-scale-running/

タイトルとURLをコピーしました