「骨格走法」筋肉ではなく骨で走る。疲労しない走り方

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このページでは市民ランナーがマラソン2時間台で走るための工夫の走法「骨格走法」について書いたページです。

筋肉ではなく、骨格を意識することで、疲労を軽減し、マラソンのタイムを劇的に向上させることができます。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

サブスリーフォーム「骨格走法」とは、どんな走法か?

まず大前提として、筋トレしながら走ることはありません。

『楽に、軽く』が究極の正解。なにも本番レースで筋トレすることはない。筋肉でなく骨格を意識する
ランニング・サブスリーランナー達成講座『楽に、軽く』が究極の正解。何も本番レースで筋トレすることはない。脱力して宙に浮いている感覚を重視

筋肉が動いていることを意識するために最も有効なのは負荷を感じることです。

だからボディビルダーはバーベルの重みで不自然な負荷をかけて鍛える筋肉を常に意識しています。

しかしスピード勝負のタイムレースの本番まで、なにも筋トレすることはありません。

全身運動というのは骨格の動きによって成立しています。

立った姿勢は筋肉ではなく、骨格で維持しています。

骨格がそれ自体で動けばいちばんいいのですが、それができないために二対の筋肉がついています。

ひっぱる筋肉(主動筋)と緩む筋肉(対抗筋)です。

この筋肉が強力であるほどパワーが出せるために、マラソンの教本では筋肉を鍛えることばかりに注意を向けがちですが、骨格走法はそもそも発想が違います。

むしろ「骨格に意識を向けるあまり、筋肉のことは忘れる」走法が骨格走法です。

スポンサーリンク

筋肉ではなく骨で走る。骨格走法の走り方

 

筋肉ではなく骨で走る骨格走法の走り方ですが、具体的にはこういうイメージを持って走ります。

いきなり全身骨格をイメージするのは難しいので、まずは膝から下(下腿)を例に説明しましょう。

みなさんは、下腿の中心は文字通り下腿のど真ん中を走る線をイメージしています。そして下腿にはふくらはぎという走るために重要な推進装置が着いていて、ふくらはぎをフル活用して走らなければ速く走れないと思っています。

それに対して骨格走法というのは、骨以外は「ないもの」と意識から追い出してしまいます。すると、下腿の中心は従来の考え方よりもすこし前方にあることになります。下腿の骨(脛骨と腓骨)は中心線よりもずいぶんと前の方に在ることがわかるでしょう。

従来の走り方では、たとえば太ももの場合、ハムストリングの筋肉で足を後ろに引っ張ることを意識しますが、骨格走法では大腿骨を太鼓のバチのように動かすことをイメージします。その際、どの筋肉を使っているかなどは一切考えません。ただ「大腿骨が動いているかどうか?」だけに注目します。

脳からの命令の相手がハムストリングから大腿骨にかわったことで、意識すべき線がすこしだけ前方になりました。

すると自然とフォームが少し変わってきます。

従来の走法よりも骨格走法の方が、意識するラインが前に来た分、実際にはすこしだけ後ろまで送らないと脳内イメージと実際のフォームが合致しないことになります。

脳からの指令が「すこし前方」になったことで、イメージするフォームを実現するためには、すこしだけ骨を後ろまで送ることになります。

そうすると速く走れるようになるのです。

スポンサーリンク

筋肉を鍛えるのではなく、骨で走る。骨運動に過剰な筋肉は要らない

筋肉を意識して走る従来型の走りでは「楽に、軽く」走れていないかもしれません。

『楽に、軽く』が究極の正解。なにも本番レースで筋トレすることはない。筋肉でなく骨格を意識する
ランニング・サブスリーランナー達成講座『楽に、軽く』が究極の正解。何も本番レースで筋トレすることはない。脱力して宙に浮いている感覚を重視

楽に、軽く走ると、筋肉を意識しにくいからです。

逆に、自重トレーニングするような不自然なフォームをとれば、筋肉は負荷を感じて、存在を意識しやすくなります。

筋肉を意識すると崩れたフォームになってしまうかもしれません。

この弊害はひじょうに大きいのです。

骨格走法では、骨しか意識せず、筋肉のことは「無かったこと」にしますので、筋肉を意識することはありません。

骨が骨だけで立つ時、筋肉のサポートは極限まで必要としないはずです。

それと同様に骨が骨だけで走ろうとするとき、筋肉のサポートは極限まで必要としないのです。

筋肉をただ意識しないだけではなく、物理的にも筋肉のサポートを極小化しているのが骨格走法です。

いちばんいい走りを骨格にさせようとイメージする時、あなたはいいフォームで走れているはずです。

スポンサーリンク

骨格走法は疲労しない走り方。骨は疲れない。

骨格走法は疲労を軽減させる走りです。

筋肉は疲れますが、骨は疲れません。

骨格走法は、筋肉のサポートを極小化して意識の外に追いやる走法です。

疲れにくいからこそ、マラソンを速く走ることができるようになるのです。

筋肉が動いているか、をチェックしながら走るのではなく、骨格がいいフォームになっているかチェックしながら走ってみてください。それが骨格走法です。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

このページでは筋肉ではなく骨格を意識して走る「骨格走法」について解説しました。

下肢と太ももを例に、筋肉走法と骨格走法の違いをわかりやすく解説したつもりですが、わかりましたか?

ちなみに上半身ですが、骨格走法ではどうなるでしょうか?

骨格が自ら動くかの如く、筋肉のサポートを極限まで不必要とする骨格走法を推し進めると、上半身は動的バランス走法ではなく、ヤジロベエ走法になるはずです。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
体ごと体重を前に投げ出して、普通だったら倒れるものを、足を送ることでギリギリのバランスで支える。前に進んでいないとフォームを維持できないフォーム。これを「動的バランス走法」と呼んでいます。
走りの技術。ヤジロベエ走法(旧名・天秤走法)。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。

また骨格走法は脱力した走りも自然と実現してくれることでしょう。

リラックスランニング。脱力とピーキングが謎のベストタイムの理由
ブレーキを踏みながらアクセルをふかす状態にならないように、拮抗筋の力の抜き方を知っておくことが重要です。脱力も技術のうちなのです。

本番レースではすべての走法を総動員してゴールを目指してください。

なりふり構わぬ走りをすると、やがては骨格を意識することさえ忘れてしまうかもしれません。

でもそれでいいのです。

最後は無心。それが正解です。

カタにこだわりすぎるのが、日本文化のよくないところ。カタを追求するあまり、ダイナミズムを失うことがある。強さを失うことがある。面白さを失うことがある
ランニング・サブスリーランナー達成講座『カタを追求するあまり、ダイナミズムを失うことがある。強さを失うことがある。面白さを失うことがある』なりふり構わず前に進みましょう。ただし、力を抜いて

https://arikura.com/nike/


https://arikura.com/shower-running/

ランニングシューズをお探しなら

※雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『言葉の力で肉体を動かす(市民ランナーという生き方)』(グランドスラム養成講座)についての詳細はプロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました