マラソン初心者が気を付けるべき走り方

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

スポンサーリンク

後ろ足を折りたたむ『アトムのジェット走法』(ソールジェット)

みなさん、鉄腕アトムはご存知ですよね。世界に冠たる日本のアニメの始祖です。

鉄腕アトムは、足底にジェットエンジンがついていて、空を飛ぶことができます。

本日はこの鉄腕アトムにちなんだ走法『アトムのジェット走法』『ソールジェット走法』をご紹介します。

この走法は『自分には鉄腕アトムの足底ジェットがついているとイメージして走る』これだけです。これだけで魔法のように速く走れるようになります。

もちろん、どうして速く走れるようになるのかは、理論的に説明することができます。

でもまずは『自分が速く前に進むのは、足底のジェットが後方に噴射されているからだ』というイメージで走ってみてください。

スポンサーリンク

足裏ジェットは真後ろに噴射する

足裏(ソール)のジェットは真後ろに噴射します。

ジェット・エンジンの力を借りて前に進むのですから、足裏のジェット噴射口は真後ろまでもってこなければなりません。

下腿を地面と水平にするイメージを持つと、急に楽に速く走れることが実感できると思います。

アトムのジェット走法(ソールジェット走法)だと、なぜこんな魔法のようなことが起こるのか、コマ送りで解説します。

①ジェット噴射口(足裏)を真後ろに持ってくることで、膝が曲がります。

②後方で折りたたまれた短い脚は、折りたたまれない長い脚よりも、物理学的に「速く・省エネ」で前に戻すことが可能です。

・メトロノームや振り子をイメージしてください。支点(骨盤)からの距離が短いほど、振り子は速く戻ってきます。

サッカーのキックを連想するとわかりやすいでしょう。膝を伸ばしたままで強いシュートを打つことはできません。膝を曲げて後方に振りあげなければ、凄いシュートを打つことはできないのです。シュートというのは脚を前に戻すことです。ランニングで言えば次の脚の動きがそれにあたります。「膝を折らないと、膝を前に強く出すことはできない」のです。

スポンサーリンク

前に振り出すのは「足首ではなく膝」。膝蹴りを決めるように鋭く尖った膝が空中を切り裂く

③アトムのジェット走法によって脚は折りたたまれていますので、ジェット噴射によって前に運ばれるのは「膝」です。K1ファイターが膝蹴りを決めるように鋭く尖った膝が空中を切り裂きます。

③強烈な膝蹴りの勢いで下腿(足裏)は前に振り出されますが、次の「アトムのジェット走法」を決めるために、振り出した前足は空中を掻いて「効果的な踵落としを決める・走法」を決めるように戻ってきます。

④「効果的な踵落としを決める・走法」によりスピードゼロの地面に対して破壊力のない着地ではなく、可能な限りの運動エネルギーを秘めた破壊力をもった着地をします。そして着地した足は次の「アトムのジェット走法」を効果的に決めるために、必然的にフォアフット(前足部)着地になっていることでしょう。踵から着地したのでは「アトムのジェット走法」をつくるのに効率的ではありません。

⑤フォアフット着地したことにより、踵が接地するまでのわずかの間に、着地の衝撃を弱め、同時にアキレス腱にバネ・エネルギーを貯めることができる。アキレス腱がバネのように弾かれることにより体は宙に浮くことができる。すると「足底ジェット」が無理なく再現できる。

⑥ ①に戻る。

この走法を『アトムのジェット走法』(ソールジェット走法)と命名します。

この走法のもうひとつのいいところは、広すぎるストライドが強制されることにあります。

うまく膝を後方で折りたたもうとするためには、前脚を戻してこなければなりません。

ハルト流に言えば、うまく「アトムのジェット走法」を決めるためには「効果的な踵落としを決める・走法」をしなければななず、必然的に「天秤走法」となるのです。

この魔法の走法。ぜひお試しください。

※最後までお読みいただきありがとうございました。ハルトの効率的な走法解説(サブスリー養成講座)は、走る技術の向上に役に立ったでしょうか。

他にも走るテクニックについてこちらのまとめサイトから飛べるようにリンクが貼ってあります。参考になったという方はこちらのサイトもご覧ください。

・箇条書きはこちらから

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました