『プレイボーイ~創刊者ヒュー・ヘフナーの物語』から。普遍的な成功の法則について

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このページではプライムビデオ・サーフィンをしていて見つけた『プレイボーイ~創刊者ヒュー・ヘフナーの物語』について感想を書いています。

Amazonオリジナル作品です。

作品の中で女優さんの胸もお尻もまる出しです。やるね、プライムビデオ!!

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。ボストンマラソン、ニューヨークシティマラソン、バンクーバーマラソン、ユングフラウマラソン、ロトルアニュージーランドマラソン、ニューカレドニアヌメアマラソン、ホノルルマラソンなど海外マラソン歴も豊富。月間走行距離MAX600km。雑誌『ランナーズ』で数々の記事を執筆していた物書きです。「頭のよさで走り勝つことはできるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

夢は海外移住。希望移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

マリリン・モンローのヌード写真から

プレイボーイと書いただけでエロいシーンが目的で見たんだろうと思う人が大半だと思います。
しかしそんなことはありません。だってエロいだけならもっと過激なものがいくらでもあるじゃないですか。

プライムビデオなんかよりも、インターネット見たほうがずっといいですよ。

(このことは本作のラストシーンに関係してきます。ヌードで雑誌が売れる時代はインターネットの普及で終わったからです)

さて、雑誌『プレイボーイ』の創刊号がマリリン・モンローのヌード写真からスタートしたことを、私は知っていました。さすが天下のプレイボーイの創刊号は出だしから違うなあと感想をもったことをおぼえています。

しかし情報はそれだけだったので、お金持ちがマリリンを脱がせて、雑誌を始めたのかと思っていました。

でも実際にはマリリン・モンローではなく、売れない女優ノーマ・ジーン(マリリンの本名)がヌードカレンダー用に撮影したものを転載しただけだったのですね。

本作で初めて知りました。

プレイボーイの創刊者ヘフナーはただの編集者でお金持ちではありませんでした。彼が大金持ちになるのは雑誌プレイボーイが成功した後のことです。

スポンサーリンク

時代を超えた成功の法則

創刊号で大女優マリリン・モンローを載せてしまったことから、次のヌードモデル(プレイメイト)にヘフナーは困り果てます。

誰を持ってきてもマリリン・モンローのインパクトを超えられないからでした。

そこでヘフナーは学生時代に大学の学内誌の編集をしていた頃のみずからの経験を思い出します。

「今月の女学生(キャンパスのカワイ子ちゃん)」企画が学内誌ではウケたのです。その経験から、輝かしいスターではなく、身近な女の子をプレイメイトに起用することを思いたつのです。

ここらへん普遍的な成功の法則を見るような心地がします。

現在大成功をおさめているFacebookザッカーバーグは、大学時代の「カワイ子ちゃん年鑑・顔出し情報」からスタートしたといいます。ヘフナーと全く同じではないですか。

我が国でも「AKB48」や「おニャン子クラブ」で大成功をした秋元康さんの「輝かしいスターじゃなく身近な女の子」戦略は、ヘフナーのプレイメイト戦略と同じです。

プレイボーイのヒューヘフナーの成功事例をザッカーバーグや秋元康がマネしたかどうかは知りませんが、遠くの美女より身近な女の子作戦は洋の東西、時代を問わず通用するようですね。

成功には時代を超えた法則があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

プレイボーイはただのポルノ雑誌ではなかった

プレイボーイがどれだけオピニオン系雑誌として役割を果たしたといっても、ヌードが売り物の雑誌だったことは間違いありません。その証拠に後続誌ペントハウスが誕生すると読者を奪われています。

エロスで大儲けしてハーレムをつくった村西とおる(全裸監督)とヘフナーはひじょうに似たところもあるのですが、ヘフナーが村西氏と違うのは、ヌードの節度を守ったことと、やはりヌード以外の文化的な活動が社会に評価されたところでしょう。

もちろん売れるだろうという計算はあったでしょうが、性の抑圧からの解放も、そうすべきだという信念があってのことでした。1950から1960年ごろの話しです。人間は、抑圧ではなく、自由を選ぶべきだ、と。こう訴えられたら、エロスだけで済ませる問題にするわけにはいきません。

やがては女性の中絶賛成のキャンペーンまでプレイボーイは張ることになります。中絶できないと望まない子に縛られる人生を女性が送らざるを得なくなるからですね。プレイボーイはヒューマニズムを訴えた雑誌でした。

やがてプレイボーイは性だけでなく、一流の独身男性のライフスタイルの見本を志向する雑誌に変化を遂げていきました。文学、ジャズ、おしゃれなどの記事を特集し、独身男性のトレンドをつくるようになっていったのです。

更には女性を口説く方法を教えるようにもなりました。女性を口説くためのスーツ、ワイン、音楽を教えました。

シャネルやマルボロ、バドワイザー、ダイナーズなど広告も一流のブランドとしか組まず、そのことでプレイボーイ・ブランドが確立していきます。

広告主を説得し、経営を安定させて、記事に専念しました。独身男性のライフスタイル、すべてのページがプレイボーイライフスタイルで統一されました。服、靴、ネクタイ、そしてデートプランまで。

雑誌の中で編集者兼ライターとして、とにかくヘフナーは自分の好きなこと、やりたいことを雑誌の中で訴えました。

プレイボーイフォーラムで読者に意見を述べる機会をあたえ、プレイボーイ基金を設立、ベトナム戦争反対や、死刑反対など、差別とたたかい、抑圧とたたかいます。

それはヘフナー自身が自由だったからできたことです。人を苦しめる価値観に疑問を投げかけました。自分が嫌いなことに我慢がならなかったのでしょう。

雑誌の推奨する価値観も時代とともに変化を見せます。

黒人と一緒にテレビ番組をやりました。いいジャズをやっているのが黒人でした。いいと思うコンテンツを紹介しただけ。肌の色なんて気にしなかった。

ジャズからサイケデリックロックンロールヒッピー文化ポップカルチャーに記事は変わっていきます。
ときに時代を見つめ、ときに時代を先取りしていました。

ヘフナー自身が雑誌のライフスタイルを体現したプレイボーイになろうとしました。

自社ビルを買い、いい雑誌作りの環境を整えました。

豪邸を購入して、プレイボーイハウスとしました。
雑誌の夢を現実に体験させようとしたのです。

黒人の人権を積極的に認め、公民権運動に協調し、マルコムxなどを雑誌でとりあげた。

そんな中、わいせつ出版として突然逮捕されたりもします。

サド裁判、チャタレー裁判、そしてプレイボーイ裁判、世界はずっとわいせつをめぐって争ってきたのですね。

ヘフナーはこれを、わいせつの定義をめぐる闘争ではなく、表現の自由を勝ち取る闘争として闘います。

そこでプレイボーイのライフスタイル提案をはじめとするヌードピンナップ以外の部分が生きてきます。

ただのポルノ雑誌ではなかったため、裁判でプレイボーイを潰すことはできませんでした。

スポンサーリンク

雑誌以外の活動に進出

ヘフナーはシカゴにプレイボーイクラブを設立します。
ホステスはプレイメイトで、彼女たちをバニーと呼びました。
バニーは若さが条件、客とのデートは禁止です。
こういうところも秋元康っぽいよね。

雑誌の世界を一般にも体験させるというお題目はありましたが、完全なクラブ事業です。

酒を販売するライセンスを得るためにニューヨークの役人にワイロを配ったりもします。

やがてクラブはカジノ化します。

本業の雑誌販売の利益を凌ぐほどの儲けをカジノはもたらします。

ヘフナーは世界を飛び回り、プレイボーイジェットと名付けた飛行機で暮らしはじめます。

秘書が麻薬捜査にはめられて自殺したり、プレイメイトが他殺されたり、カジノ経営のライセンスをはく奪されたりする中、プレイボーイは有線放送などに営業を切り替えて経営危機を乗り切ります。

そしてプレイボーイ・ブランドとしてブランドを確立していくのでした。

スポンサーリンク

「最高の人生だった。やりなおすとしても句読点を打ちかえるぐらいだ」

本作の主人公ヒュー・ヘフナーはもう亡くなっています。

雑誌『プレイボーイ』も、紙媒体としては、もう発行されていないようです。

すでにインターネット上の存在となっているのですね。

苦労も多かったんでしょうが、いい時代を生きた人だなあと思いました。

令和のこの時代にヌードで「プレイボーイ帝国」を築くことはもうできないでしょう。

1960年だからできたことです。

そしてヌードで売れた雑誌でヒューマニズムの論陣を張ることができました。たくさんの著名人にインタビューをすることができました。

やりがいがあっただろうな、と思います。

まだ社会が未熟で敵が多かったからこそ、主張にも力がこもりました。

性の自由も、中絶の自由も、公民権も、令和のこの時代に同じ主張をしても、当時ほどの意義も力も持ちえないでしょう。

雑誌『プレイボーイ』は時代がつくりだしたものでした。アメリカ人の性の解放には最大の功績があったとされています。

ヒューヘフナー本人も言っています。

「最高の人生だった。やりなおすとしても句読点を打ちかえるぐらいだ」と。

いやあ。最高です。いいね。こういう人生を見ると、こっちまで幸せになれます。

『プレイボーイ~創刊者ヒュー・ヘフナーの物語』は、Amazonプライムのオリジナルビデオです。

プライム会員にならないとみることができません。

こちらから登録してぜひ見てみてください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※プライムビデオの無料体験を新規登録する※

ご紹介した作品はプライムビデオで見ることができます。

アマゾンプライム会員に登録するとアマゾン通販の送料が無料になるほか、約10,000本のプライムビデオ(無料特典・購入)を視聴することが可能になります。

ビデオ視聴サービス(ネット配信)の中でもっともおすすめなサービスです。

まずは30日間の無料体験からどうぞ。

アマゾンプライム(プライムビデオ)を無料体験してみる

Amazonプライムの申し込みはこちらから

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

アマゾンプライム会員登録のしかた(無料体験だけして解約する方法)
画像入りで、アマゾンプライム会員登録のしかたと、無料体験だけして解約する方法について解説しています。
プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました