老後の夢はビーチで読書だと? やってみた! 夢は今すぐかなえるべきもの

感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

私が『楽園探求の旅人』を自称して何年もの月日が過ぎようとしています。

「あなたにとって楽園とは?」

そう聞かれて自分なりの答えを語ることはできますが、それが世間に納得してもらえる答えになっているかどうかはわかりません。

それはひとまず置いておいて、

「あなたにとって楽園とは?」

この質問に、多くの人が納得してもらえるような答えを考えてみましょう。

「ハワイのような南の島こそが楽園」

一般的には楽園と聞かれたら「場所」を答えないと、答えになっていないと見なされてしまいます。

美しい海、眩しい太陽、さわやかな風、そして健康的な水着の若い女性の笑顔、ビーチパラソルの日陰、ベンチで読書。。。映画に出てきそうな幸福なシーンです。これなら納得してもらえそうです。とくに老後、お金の心配もなく、仕事もやめた後で、ビーチパラソルの下やプールサイドで読書をするというのは、絵に描いたような夢のような時間の過ごし方に思えます。

老後の夢は美しいビーチで読書。いいですね。

仕事に追われている日常では、今日は仕事に行かずにビーチで時間を忘れて読書三昧できたらどんなに素敵だろう、と私も夢に見ることがあります。

さいわい沖縄のプライベートビーチでのんびりと過ごす機会があったので、老後なんて待たずに、今すぐにやってみることにしました。

スポンサーリンク

結論。無理!!

無理。無理。無理です。海辺で読書なんかできません。

太陽がまぶしすぎて、本の紙が真っ白過ぎて眩しすぎます。黒い字がまぶしすぎて内容が頭に入ってきません。さらには風でページがめくれます。落ち着いて本が読めません。

つくづく本というものは部屋の中で読むものだと思いました。何の変化もない自宅で読むからこそ別世界のストーリーが頭の中で生き生きと妄想されるのでしょう。

太陽の眩しいビーチではまったくストーリーに集中できませんでした。

私にとって本とは、水着で寝そべって、日焼けしながら読むものではありませんでした。

老後の夢と思っていたことが、ほんの数時間で飽きてしまった。何時間も、何日も続けられるような夢ではありませんでした。

やってみてよかった。ビーチパラソルの下で読書するのが老後の夢だなんて、いつまでも思い続けていなくてよかった。

こういう現実とかけ離れた夢は、ひとつひとつ潰していってしまいましょう。

ビーチで読書だなんて、想像の中でだけの虚構の夢でした。

実際にやってみると、少しも楽しくありません。

やってみることで夢は現実ではなく妄想だったのだな、とわかります。

あなたの夢があなたにとって本当に楽しいことなのかどうかは、やってみなければわからないのです。

スポンサーリンク

夢は今すぐ全力で叶えるべきもの

こういったことはよくあります。退職して時間ができたら釣りをしたいとか。海外旅行に行きたいとか。絵を描きたいとか。愚痴のようにそんな風にいる人があなたのまわりにたくさんいるでしょう。

でも実際にやってみないと、その夢が夢と呼ぶにふさわしいものかどうかわかりません。やってみなければわからないのです。

たとえば釣りが楽しそうと思っていても、定年退職するまでは忙しいからとずっと我慢してきた人がいるとします。やっと待ちわびた退職の翌日、その人は釣りに出かけます。けれどやってみたら少しも楽しくありません。楽しそうだと妄想していたけれど、やってみたら現実はそうでもなかった。

そうなったらもう取り返しがつきません。20年も思い続けた老後の夢が、退職の翌日に潰れてしまったら、あしたからその人は何をして過ごしたらいいのでしょう。

たとえばあなたが退職したら海外旅行に行ってみたいと夢をもっていたとします。しかし実際に行ってみたら、ちっとも面白くないかもしれませんよ。

たとえば海外バスツアーなんて、バスに乗って遺跡を見てバスに乗って地元料理を食べてバスに乗って観光ショーを見てバスに乗って……の繰り返しです。「こんなもの何が楽しいんだ」と思う可能性が十分にあります。繰り返しますが、やってみなければわからないのです。

たとえば「ロックスターになってコンサートで大観衆を盛り上げるのが夢」という人がいたとしましょう。しかしやってみないと本当に楽しいかどうかはわかりません。楽しそうですが、現実は胃が痛むようなプレッシャーで少しも楽しくないかもしれないのです。シンガーソングライターだったら曲ができない苦悩だってあるでしょう。

私の夢は小説家になることでしたが、今は「嘘っぱちの架空の物語をでっちあげる」膨大な労力と時間は、自分にとってそれほど楽しいものではないことを知ってしまいました。

夢というものは、将来にとっておくものではなく、今すぐに全力でかなえるべきものだと思っています。

人生は一度きりだし、人は老い衰えていくものだからです。それに今楽しいことが、老年期になっても楽しいとは限りません。

たとえば体が動かなくなったらスポーツなんてできませんし、目が悪くなったら本なんて読めません。リタイアした後ビジネス本を読んで楽しいかは微妙なところでしょう。読書傾向だって変わってくるかもしれません。

夢は今すぐにやってみるべきです。実現可能な夢は今すぐ試してみたほうがいい。

自分に合っていない夢はとっとと潰してしまえば、もっとほかの夢を見ることができます。

今週末にロックスターになってコンサートを開くのは無理ですが、絵なんて今週末にでも書けます。もし老後に絵を描きたいと思っているなら今週末にでも描き始めましょう。描いてみて楽しかったら今からずっと続けられますし、向いていなかったら次の夢を探せばいいのです。

将来、失望するだけだった夢に妄想する時間を浪費せずにすみました。

もう私はビーチで読書する老後の夢を見ることはないでしょう。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました