カーボローディング

美味飲食-健康-体のケア
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

スポンサーリンク

カーボならカルボナーラ

お休みの日の昼食はカルボナーラを作ってみましょう。

マラソンランナーが勝負レースにのぞむ前日には走るエネルギーをため込むためにカロリーの高い食べ物をたくさん食べます。これをカーボローディングといいます。略してカーボとか言ったりします。

ガソリンのない車が走れないように、走るエネルギーを積んでいない体ではフルマラソンを走りきることはできません。

私の勝負食はいつもカルボナーラでした。カプリチョーザの大盛りカルボナーラをたいらげて勝負レースに挑むのがルーティンでした。

カーボならカルボナーラですよね!

たいせつな勝負食ですが、だからって普段から食べちゃいけないというルールはありません。

大好物ですからね。短い人生、大好きな食べ物が食べられるなら、その機会は逃さないようにしましょう。

(ちなみに走った後のご褒美食はラーメンでした。渇いた体にはスープ付きの食事の方が向いているのです)

作り方は簡単です。

まずはベーコンを小さく切ってフライパンで炒めます。そこに牛乳ひたひた、パルメザンチーズをたくさんいれて、コンソメの素を2つほど投入。溶けたら火を止めて、次に寸胴鍋でパスタを茹でます。

パスタはフィットチーネ。アルデンテな感じに茹でます(あくまでイメージです)。

パスタには、デュラム小麦のセモリナと書いてあります。デュラムは固めの小麦の種類。セモリナは粗挽きな挽き方。固めの小麦を粗挽きにしてあります、という意味です。パスタに向いた原材料をパスタにしました、という意味ですね。

北海道マラソンの前日にカーボローディングしたパスタ屋さんの名前が『せもりな』でした。これが由来ですね。

スポンサーリンク

コンソメの素が、味の決め手

コンソメの素は、味の決め手です。コンソメは調味した透明スープの名称。出汁はブイヨンといいます。ですから本当はブイヨンの素というべきでしょうが、商品名としてコンソメの素として売られていますので、そういうことになっています。和製名詞のようなものです。ブイヨンは英語ではスープストックといいます。そういう名前のスープ屋さんがありますよね。

パルメザンチーズというのは本当はイタリアのパルマ地方のチーズという意味なのですが、日本では「クラフト社粉チーズ」のことです。これも和製名詞のようなものです。

茹でたパスタの水気を切って、フライパンに入れて絡めます。

火を止めて卵を投入。まぜあわせて、皿の上に黒コショウをかけて完成。

カプリチョーザのカルボナーラはもっと手間がかかっていると思いますが、明日が勝負レースでもない日々の日常に食べるなら、これで十分。

とても簡単です。

今日もがっつり走ったので、お腹がペコペコです。いただきます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
美味飲食-健康-体のケア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました