ゴジラは核

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク

日本に核兵器が落とされて敗戦するのが明日、8月15日である。終戦記念日と言われている。

こんにちは、ハルト@sasurainorunnerです。

ここでは核と密接な関りがある映画『ゴジラ』について、あれこれと書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ゴジラが迫ってくる恐怖は、核戦争が迫ってくる恐怖だった

庵野秀明監督の『シン・ゴジラ』の出来が非常によかったので、他のゴジラ作品を見てみようという気になった。ちなみに他のゴジラ作品はこれまで初代ゴジラしか見ていない。

初代ゴジラはまさに核兵器が生み出した怪物だった。名前の由来はゴリラ+クジラという単純なものであるが、この怪獣のキャラクター付けはそんなに単純なものじゃなかった。

というより実際は核兵器のように強い怪物というくらいの単純なキャラクター設定だったものが、核と結びつけたことで結果としていくらでも深いテーマを描ける存在になった、といえるだろう。

ビキニ環礁の原子爆弾実験の結果、放射能を浴びた恐竜型生物が、放射能で変貌したものがゴジラとされている。ちなみに女性の極小水着をビキニというのはビキニ環礁が由来である。原発ほど人々にショックを与える水着というのが由来。あのキノコ雲ほど人類に衝撃をあたえた映像はなかったのだ。

原爆があったらヒトラーも戦争をはじめなかったのではないだろうか。ベルリンの総統官邸に一発落とされたらそれでジ・エンドなものをわざわざ始めるほどバカではなかっただろう。

そのキノコ雲こそゴジラのイメージである。ゴジラが迫ってくるというのは核戦争が迫ってくるというのと同義だった。

スポンサーリンク

キングギドラが大好き。ドラゴンぽいところがたまらない

さて、初代ゴジラと最新版のシン・ゴジラだけ見ていた私が、終戦記念日に何かゴジラを見るとしたら、何を見ようか。ゴジラ映画シリーズだが、数えきれないほどある。

しかし私は迷わなかった。『ゴジラvsキングギドラ』1991年作を見ることにした。

なんでこの映画にしたのか? 私はキングギドラが好きなのだ。キングギドラのことは映画を見ていなくても知っていた。一度見たら忘れない金色のあの姿。あのドラゴンぽい容姿が大好きだ。私はヘラクレス伝説ヒドラとかラドンは、私の中でキングギドラとして映像化されている。ヤマタノオロチと聞いてもやはりキングギドラを思い浮かべている。あのドラゴンぽい顔、三つ首が好きでたまらない。そう、本サイト『ドラクエ的な人生』の主筆はドラゴンが大好きなのである。

たとえば俵藤太(藤原秀郷)の百足退治伝説を知っているだろうか。伝説の悪霊・平将門を討った俵藤太は、将門に勝るとも劣らない伝説の人物である。なんと竜神に頼まれて、大ムカデを退治したというエピソードを持っているのだ。

いやいやいや、何かおかしくないか。この物語を創作した人は「さすが秀郷」と言わせたいんだろうけれど、なぜ竜神ともあろうものが、ムカデごときを自分で退治できないんだ? 竜神はムカデよりも弱いのだろうか。

日光には戦場ヶ原という湿原がある。サムライの戦場跡なんだろうと思っていたら、なんと男体山の大蛇と、赤城山の大ムカデの古戦場であった。このエピソードでは大蛇が勝つことになっていてホッとしている。大蛇というのはほぼドラゴンと同じ意味だから。

このようにドラゴン大好き人間としては『ゴジラvsキングギドラ』一択であった。ところがこいつが想像以上の名作だったので、こうしてブログに書いているわけである。

スポンサーリンク

ゴジラは核。人類を救いもするが、脅かす存在

ゴジラは核だからときに人類を救う。これは核エネルギーによって人類が救われることを意味する。

やはり核によって誕生したキングギドラという脅威に対してゴジラを立ち向かわせようというのは、子どもたち向けには怪獣プロレスでしかないが、核兵器を沈黙させることができるのは核兵器しかないとも読める。

キングギドラを倒したゴジラであるが制御できず今度は人類の敵に回る。ゴジラを制御しようというのは核を制御しようというのと同じであった。核は制御できない。子どもたち向けには怪獣映画の見せ場だが、核を制御できず核戦争とも原発事故とも取れるような災いを人類にもたらすのだ。

どうしようもなくなった人類は、またしても核に頼る。核から生まれたキングギドラを未来の技術でロボット化して蘇らせるのだ。再びぶつかり合うゴジラVSキングギドラ。要するに核VS核のたたかいである。

ゴジラとキングギドラはもつれあって海に没する。核廃棄物が海に投棄されたことをイメージさせるシーンだ。人間たちは視界からゴジラが消えてホッと安心しているが、ゴジラは海中で目を覚まし、再び暴れまわることを暗示して映画は終了する。

原子力発電所のことを「トイレのないマンション」と譬えることがある。人がたくさんいれば排泄物が出るがトイレがなければ汚物が溢れかえってしまう。原子力発電所を稼働させると使用済み核燃料(核のゴミ)が出るのに、捨て場所が決まっていない(トイレがない)というのがこの比喩の意味です。

海に捨てて安心と思っていたゴジラは再び目を覚ましてしまいました。さあ、人類よ、核のゴミ(ゴジラ)をどう処理しましょうか? という問題提起のラストにも読めるのだ。

それもこれもゴジラが核だからこそ読めるのである。ただの怪獣ものとも読めるが、核批判の物語とも読める。それがゴジラだ。

スポンサーリンク

核の脅威がなくならない限り、ゴジラの脅威はなくならない

初代ゴジラの恐怖のテーマ曲がいまだに使われているのがいい。音楽は当時の記憶を呼び覚ますというから、過去のゴジラ体験はこの曲でずっとつながっていく。

ちょい役でウルトラマンのハヤタ隊員(黒部進)が出ている。のがうれしい。おれの中でゴジラはジラースなのである。

ちなみに『怪獣総進撃(1968年)』という映画もその後、見た。やはりキングギドラが見たかったためである。驚いたのは「怪獣ランド」は完全に『ジュラシックパーク(1990年)』だった。日本のクリエーターはこんな怪物を生み出したことを誇っていいと思う。

ゴジラは核である。

だからこそここまでたくさんのシリーズが作られ続けてきたのだろう。核の脅威がなくならない限り、ゴジラの脅威はなくならない。

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました