芸術の都パリ(ダウンロードフリー画像)

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの人生を旅しながら走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

当サイトの写真はリンクフリー、著作権フリーです。自己責任でダウンロードしてご自由にお使いください.

スポンサーリンク

芸術の都パリ・写真集

芸術の都パリ

動画版はこちらをご覧ください。よろしければ高評価、チャンネル登録お願いします。

パリの百貨店

スポンサーリンク

人形(ひとがた)が街のはなやぎ

人形(ひとがた)が、退屈しない街パリをつくる

ほらね、人形(ひとがた)。

図書の並べ方がイカス

人形(ひとがた)

人形(ひとがた)

金の柱

天井画も特徴的。

大理石の通路。

なんだろうな……この全体としての調和というか……日本と全然違うよね。

人形(ひとがた)

おそろしくリッチ。

マリーアントワネットの世界

オペラ座

地下室があってファントムが生息しています。

歴史ある建物

天井画はシャガール

彫刻がいたるところにある街

ディズニーランド・パリ

ディズニーランドパリ

ディズニーランド・パリ(カリブの海賊緊急停止トラブル)&(エクストリーム・スタントショー)

大阪じゃなくてパリ。路上駐車の数!

エッフェル塔前の広場。昔は大通りだった。

人形(ひとがた)

噴水

ポンピドゥーセンター

フライング・バットレス建築

建築は芸術

通りたくなる通路

低い街なのだが、そこがいいんだよな。

頭一つ抜きんでて目立つのは教会ばかり

ほらね。教会だ。

おっと忘れちゃいけないエッフェル塔。

ね。教会

ポンピドゥー前広場

登りたくなるエスカレーター。

近代美術館だから……『ブルーマン・ショー』みたいだけど。

ドストエフスキー『罪と罰』の低評価。小説界のモダンアートだったのではないか?
「裸の王様の感覚」がドストエフスキー評にも必要なのではないでしょうか? すぐ隣で暮らしている人の心さえわからない私たちが、キリスト教に飛躍する人の心を理解していったい何になるでしょうか? その前にもっと知るべきことがあるはずだとわたしは思うのです。

人形(ひとがた)

そそりたつ巨大な男根

人形(ひとがた)

人形(ひとがた)……おっと。カエルだった。

人形(ひとがた)

人形(ひとがた)

巨大な窓

パイプオルガン

祈りの場

教会外の広場

レンガ積み。歴史を感じる

人形(ひとがた)

『神曲』のダンテ

谷口江里也・ギュスターヴ・ドレ。ダンテの『神曲』の素晴らしさ
実際に書物が光り輝くわけがなく、すべては目の錯覚なのですが、これが本当に本が光っているかのようによくできています。 ドレの挿絵なしでも、江口の超訳なしでも、本そのものが芸術作品であるような『神曲』は、完成しなかったでしょう。この感動をぜひ味わっていただきたいと思います。

翼の生えたライオンはベネチアの象徴だけど、アートの意味は不明

こちらは明白。イエス=キリスト。低くない?

人形(ひとがた)

オルセー美術館

よく駅を残したな。そういうところが日本と違うんだよな。

時計から見た外。そういう映画がありましたね。

ヨーロッパによくあるクーポラ

よく見ると人、人、人、人、人……

パリは散歩して楽しい街。

私の愛する街

ヴァンドーム広場

セーヌの指輪

「エッフェル塔に登ればエッフェル塔を見なくて済む」といった文学者がいたな

英雄ナポレオン・ボナパルト。ナポレオン法典は人類の宝

ナポレオンの棺

なんか手が出てるんだけど、なんで?

時は至れり。神の国は近づいた……あれから二〇〇〇年

セントヘレナから帰還した英雄

フランスの黄金時代

天皇祐仁ポツダム宣言幸福調印文書

ベトナムがフランス領ってことになってるけど、お国びいき。フランス軍は日本軍に完全に駆逐されていました。

装甲車。ティガー戦車にかなうはずもなく。

パリ占領したドイツ軍ヒトラー総統

同じくヒトラー。パリ占領のあたりが絶頂期。

中世の騎士

ドラゴンクエストっぽい

切るではなくぶっ叩く武器だから、防御は全身鎧うこと。

騎兵

昔の大砲

なんというか……日本もこうならないものかね。

凱旋門

凱旋門下の永遠の灯

戦死者を弔う永遠の灯

シャンゼリゼ通り

放射能を吐くゴジラ……うそです。

たそがれのエッフェル塔

高層ビルが目立つ。建てちゃいかんよ。

遠くに高層ビル街がある。シャンゼリゼ通り。

シャンゼリゼ通り

凱旋門螺旋階段

バスティーユ広場の7月革命記念柱

『サド侯爵夫人』三島由紀夫の最高傑作
『サド侯爵夫人』は三島由紀夫とサド侯爵の共著といってもいい作品。きわめてキリスト教的な作品です。神の敵について考えれば考えるほど、神についても考えざるを得ないからです。サドの光はイエスの光あってこそのものでした。神の天敵は、神のごとき存在なのです。

ノートルダム大聖堂

ノートルダム寺院

セーヌの船着き場

セーヌ川

セーヌ川観光遊覧船

指でイエス本人か確認するシーン「ヨハネの福音書」にのみこの描写がある。

ノートルダムのバラ窓

わかりにくいですが、金の振り子が揺れています。

戦争画

戦争画

戦争画

戦争画

戦争画

クーポラ

美しい天井

巨大な柱

暗と明のアンサンブル

ビルが美しいから広場が美しい

大理石、コンクリート、石の街

木造、みないね。

総レンガ造り

ガーゴイル水吐口

メデューサ

アテナアイギスで有名

 

小鳥を飼うのがブームだった

セーヌ河

橋がそれぞれ個性がある

日本だとこれだけで世界遺産登録とか言いそうだもんな。

恥を知れ。世界遺産【超級・A級】の本当のレベルを知れ
地方の「小江戸」「小京都」レベルのものを、世界遺産に登録しようと運動しているみなさん。あなたの「推し」は、世界のレベルを知って、なお「推す」ことができるレベルのものでしょうか? お恥ずかしいようなレベルのものではありませんか?

ツタの絡まる……個人宅?

メキシコ・チェチェンイッツアの生贄球戯場みたいなところだね。

昔の人と今も一緒に暮らしている感じがたまらんな。

ムーラン・ルージュ

フレンチカンカン

電飾前のムーランルージュ

サクレクール

パリで一番高いモンマルトルの丘に建つ

ちょっとしたトレビの泉

昔は石切り場だったらしい。

ベルサイユ

マリーアントワネットが暮らしたところ

ブルボン家のプライベート庭園

ルイ一六の妻

ベルサイユ

ベルサイユ

ベルサイユ

ベルサイユ

ベルサイユ

ベルサイユ

ベルサイユ

ベルサイユ

ベルサイユ

ベルサイユ

ベルサイユ

ベルサイユ

ベルサイユ

ベルサイユ

今でいうAirbnb。アパルトメン内部

今でいうAirbnb。アパルトメン内部

今でいうAirbnb。アパルトメン内部

今でいうAirbnb。アパルトメン内部

もうひとつの凱旋門。

ここで暮らしたい。

この街に住みたい。

セレブ中のセレブの家

養子にしてくれ

パリでは気が狂う人が多いらしい

木がないのが原因ともいわれるが

フランス人の気質がちょっと狂っていると日本人には見えるかも

木なんてなくてもいい

百貨店。いわゆるデパートだね。

シャネルもパリでは国産品。

一年ぐらいパリで暮らせないものか。

エッフェル塔エレベーター内から

エッフェル塔展望台から。なんて美しい街なんだろう

エッフェル塔展望台から。なんて美しい街なんだろう

エッフェル塔展望台から。なんて美しい街なんだろう

エッフェル塔展望台から。なんて美しい街なんだろう

エッフェル塔展望台から。なんて美しい街なんだろう

エッフェル塔

エッフェル塔

エッフェル塔

エッフェル塔

エッフェル塔

エッフェル塔

エッフェル塔

エッフェル塔

エッフェル塔

エッフェル塔

エッフェル塔

タイトルとURLをコピーしました