ランニング雑誌の読者モデル。コネをつかって掲載してもらった件

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

ところでみなさんは雑誌に取材されたりしたことがあるでしょうか?

私は走友女子がたまたま取材され、コネを使って掲載してもらったことがあります。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「豪脚自慢に工夫で走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

雑誌『ランナーズ』に取材されちゃった!

以前、所属する走友会の女子ランナーY子が雑誌『ランナーズ』に取材されたときのことです。

「最近の女子ランナーの華やかなランニング・コーディネート」というような内容の取材でした。

マラソン大会の会場で、雑誌『ランナーズ』社の記者とカメラマンが、華やかな格好をしている女子ランナーに片端から声をかけて写真を撮っていました。

Y子は赤い長袖シャツに赤いランニングスカート黒いタイツでピンクのランニングシューズを履いていました。

まあ、よくある格好です(笑)。

彼女の写真が雑誌に掲載されたときには、走友会の中でそりゃあ話題となりましたよ。

「目立ってたもんねー」とか「かわいいから載ったんだよ」とか。。。

そうかもしれません。

そもそも記者に声をかけられるレベルに達していたことは事実ですから。。。

しかし、記者は女子ランナーに片っ端から声をかけています。

その中で、彼女が掲載される可能性はどれぐらいあるのでしょうか。

かわいい女子ランナーは大勢います。

取材されるのは大勢でも、雑誌に載るのはその中のごく一部です。

誰を載せるかは記者が決めることです。

ここで私はこっそりとコネを使うことにしました。

スポンサーリンク

コネを利用して雑誌に掲載してもらう

実は、その当時ハルトは『ランナーズ』でコーナーを担当しているライターでした。

走友会にはそのことは秘密にしていました。

このままでは危うい、と思ったハルトは、後でこっそりと取材記者に身分を明かし、

「彼女の写真をぜひ使ってあげてください」

こっそりと耳打ちしておいたのです。

編集長の名前まで出して「よろしくお伝えください」とお願いしました。

案の定、雑誌に彼女は載りました。

「かわいいからだよー」とみんな言ってたけど、本当はたぶんコネです(笑)。

ハルトがこっそりお願いしておいたから、Y子は掲載されたのです。

世の中、そんなものなんですよ~

厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

ランニングシューズをお探しなら

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『市民ランナーのためのグランドスラム養成講座~豪脚自慢に頭で勝つ方法を教えます~』については、プロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました