ただ生きているだけで満足という環境に身を置くのもいい

MY FAVORITE
スポンサーリンク

ときにはただ生きているだけで満足という環境に身を置くのもいい、私はそう考えている。

スポンサーリンク

朝が来るのが待ち遠しいステーションワゴン車中泊の夜

車中泊の夜に眠れないときに、私はいつもそんなことを考える。考えながらじっと朝が来るのを待っている。

朝になれば起きることができる。体を動かすことができる。好きなことができる。

朝が来るのが待ち遠しいのだ。自宅にいるときは、朝が来るのが待ち遠しいなんて考えることはない。

ステーションワゴン車中泊では、ほとんど夜は眠ることぐらいしかできない。寝返りをうつのがやっとという状況である。横になって眠れているだけましだ、という環境である。

快適に眠れるだけマシ。死なないだけマシ。ただ生きているだけで満足、という環境である。

夜中にトイレに起きるのも億劫である。車外は寒く、大雨だったりする。頭上に満点の星が輝き、すばらしい夜もあるにはあるが、いつもではない。基本的には不自由なものだ。

車中泊族は車中泊賊? 雨の日の過ごし方
どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 車中泊族は車中泊賊? 世の中には車中泊マニアというのがいます。私もそのひとりです。 超大金持ちが建てた高級別荘よりももっと素晴らしいロケーションに無料で泊まれる。しかも日...
スポンサーリンク

自宅は快適すぎて、命の飢餓感を味わえない

ところがこれが快適すぎる自宅だと、Wi-Fiは使い放題で、見たい動画は見放題だし、昼間と同じように部屋を明るくできるし、トイレには行きたい時に行けるし、風呂にも入れる。

屈伸のような軽い運動もすぐにできるし、外に走りに出たっていい。着替えはいくらだってあるし、すぐに洗濯もできる。

自宅は快適すぎる。快適すぎて、命の飢餓感を味わえないのだ。

この状態が普通になってしまうと「ただ生きているだけで楽しい」という感覚からは程遠くなっていく。

生きることに貪欲というよりは、ただ惰性で生きるという感じになる。

私がマラソンにはまったのは、命を削る感覚が生きている実感に直結したからだ。

ゴールしたら倒れてもいい覚悟で、必死の思いで走ったことが確かにあった。

この境地にはタイムとか他者よりも速いとか遅いとかは関係がない。

非日常なんて生易しいことではない。ただ生きているだけで満足できるという生きのびたという実感。

それはとてもRock ‘n’ rollなことではないだろうか。

車中泊にしても、登山にしても、マラソンにしても、そういうロックなことを私はこの人生に探しているのだ。

最終章『走るために生まれた』
退屈なケの日常を、わずかな時間で、パーティーに、お祭りに、クリスマスに変える魔法。それは走ること。走ることには魔法のような効果がある。走るために生まれたから
★~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

自由と社会との折り合いを模索するブログです。

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!?

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人

精一杯でいいから走ろう
ソウル日本人学校の出身です。応援おねがいします
MY FAVORITE
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました