無言が気まずい図書館の閲覧スペース。

本-映画-メディア
スポンサーリンク

心の放浪者アリクラハルトの人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

書籍『市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー養成講座)』『結婚』『片翼の翼』(無料公開中)キンドル書籍にて絶賛発売中です。ぜひご一読ください。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

スポンサーリンク

図書館の閲覧スペースの前の人が気になる・気まずい

みなさんのところの図書館ってどんな感じですか? 図書館には閲覧スペースがありますよね。

よく学生さんが勉強しています。

閲覧スペースが隣の人や前の人と仕切りがあるタイプだったら、みなさんはとても恵まれています。

私のところの図書館の閲覧スペースは、4人掛けのテーブルタイプです。テーブルに四人で座ることになると、知らない対面の人と、無言で向き合うことになるのです。これがけっこう気まずい……とても気になって本に集中できません。

このブログの著者が執筆した「なぜ生きるのか? 何のために生きるのか?」を追求した純文学小説です。

「きみが望むならあげるよ。海の底の珊瑚の白い花束を。ぼくのからだの一部だけど、きみが欲しいならあげる。」

「金色の波をすべるあなたは、まるで海に浮かぶ星のよう。夕日を背に浴び、きれいな軌跡をえがいて還ってくるの。夢みるように何度も何度も、波を泳いでわたしのもとへ。」

※本作は小説『結婚』の前編、バックストーリーに相当するものです。両方お読みいただけますとさらに物語が深まる構成になっています。

アマゾン、楽天で無料公開しています。ぜひお読みください。

スポンサーリンク

対面無言のプレッシャーが耐えられない

個人ブースタイプでないと、まず、そもそも座りづらいですよね。人の領海に侵入するような気まずさを感じなければなりません。

最初から座る分にはいいが、後から座ろうとすると「あーあ。来るなよな」という目でじろっと見られます。

直接文句を言われることはありませんが、明らかに歓迎ムードではない。

そして目の前の人との関係性が気になりませんか? 私は気になります。

知らない人がすぐ目の前にいて、コミュニケーションをとるでもなく、黙って本を読むというのが、どうも精神衛生上よろしくない。

本よりも目の前の人が気になってしまう。気になって仕方がない。

せめて一言挨拶できれば気が済むのだが。でも「喋るな」っていうのが図書館のルールでしょ?

図書館の方がエアコンが効いていて快適なのですが、家に帰って読書するのは、この閲覧スペースの対面プレッシャーに耐えられないためです。

お願いだ。うちの市立図書館よ。隣は我慢するから、せめて前の人との間に仕切りを設けてくれ!!

※追記。

なんとコロナ禍の影響で前の人との間に仕切りが設置されました。でも密を避けるコロナ対策のため、けっきょく本は家で読んでいます。

このブログの著者が執筆した「愛とは何か? 結婚とは何か?」を追求した純文学小説です。

「不倫って感情を使いまわしができるから。こっちで足りないものをあっちで、あっちで満たされないものをこっちで補うというカラクリだから、判断が狂うんだよね。それが不倫マジックのタネあかし」

「前の人の短所を次の人の長所で埋めたって、前の人の長所を次の人はきっと持ちあわせてはいない。結局は違う場所に歪みがでてきて食い違う。だから人はかけがえがないんだ」

かけがえがないなんてことが、どうして言えるだろう。むしろ、こういうべきだった。その人がどんな生き方をしたかで、まわりの人間の人生が変わる、だから人は替えがきかない、と。

アマゾン、楽天で無料公開しています。ぜひお読みください。

タイトルとURLをコピーしました