ラビット走。ママチャリを追い抜け

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

心の放浪者アリクラハルトの人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

書籍『市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー養成講座)』『結婚』『片翼の翼』(無料公開中)キンドル書籍にて絶賛発売中です。ぜひご一読ください。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

どうもハルトです。みなさん今日も楽しく走っていますか?

アトミクラブみたいなところで練習できる人はいいですが、練習パートナーのいないサブスリーを目指すランナーはママチャリを目標にしましょう。

スポンサーリンク

駅伝選手が速く走れるのは、目の前に他校の選手が走っているから

ランニング中、私は自転車に抜かれたら、即、その自転車を追いかけることにしています。ママチャリは恰好の標的です。大好物です。

スピードというものは、おのれの内部にはないと思っています。身体内部ばかり見つめていても、そこからスピードは湧いてきません。駅伝選手がどうして速く走れるのか、知っていますか? 目の前に他校の選手が走っているからです。目の前にライバルがいるから速く走れるのです。

ハヤブサだってエモノがなかったら、速くは飛べません。

トンビが速く飛べないのは獲物を襲わないからです。彼らは死肉を食らう生態です。空中戦をしないから戦闘機の名前にならないのです。
ハヤブサやイーグルなど空中戦を行う猛禽類はみんな速く飛びますし、戦闘機の名前になっています。

スピードというものは外的な要因によるのではないでしょうか。チーターが陸上最速で走るときは獲物を追いかける時です。移動する時ではありません。外的要因に誘発されて最速となるのです。

スポンサーリンク

ラビット走。ママチャリを追い抜け

長距離ランナーも同じだと思っています。そこにラビット(獲物)がいるから速く走れるのです。だからレースこそ最速の場なのです。レースが最高の練習になるというのも、同じ意味でとらえています。

しかしサブスリーランナーになるともうそこいらのジョガーはライバルではありません。自分の方が早くてあたりまえ。

ライバルはママチャリです。ママチャリはサブスリーランナーのいいライバルですよ。

【スピード持久力の強化】ラビット走。ママチャリを追い抜け
チーターが陸上最速で走るときは獲物を追いかける時です。移動する時ではありません。スピードは外的要因に触発されて湧いて出るものです。身体内部ばかり見つめていても、そこからスピードは湧いてきません。速く走る方法が知りたければ、速く走ってみればいい。そのときあなたの身体がおのずとそれを教えてくれます。必死で走れば上体は起きて膝は上がり勝手にストライドは伸びていることでしょう。

嫌がられたり、気味悪がられたりしないように、こっそりと追いかけましょう。とにかく追いかける。意地でも追いつく。必死で走れば上体は起きて膝は上がり勝手にストライドは伸びていることでしょう。

スポンサーリンク

どうすれば速く効率的に走れるのか、おのれの肉体に聞く

私ハルトがサブスリー養成講座で書きまくってきたことは、実はすべて帰納法です。

答えは「どうすれば速く走れるのか」ではなく「理屈なんてどうでもいいから速く走れ」なのです。

むしろ自分の限界まで速く走った経験から、どうすれば速く効率的に走れるのか、おのれの肉体に聞くべきでしょう。

【究極の走り方】あなたの走り方は、あなたの肉体に聴け
あなたよりも、あなたの肉体のほうが、走るということをよく知っています。あなたの最適なフォームを知っているのは脳味噌ではなく肉体です。からだが要求することを素直に聞いてあげましょう。心臓ひとつ、あなたは自分の意志で動かせないではありませんか。

私のサブスリー養成講座は、私が速く走ってみた結果を分析して言葉にしたものにすぎません。ですからママチャリを見たら、いいライバルだと思って、追いかけましょう。そして追い抜きましょう。

クロスバイクやロードバイクでは相手になりません。速すぎます。私は自転車(ロードバイク)に乗ったらクルマと競争ですよ(笑)。

市街地のクルマはそう簡単に時速50kmは出せませんから、ロードバイクで十分についていくことができます。ライバルはバイクです。バイクには、それが原チャリでも、まったくかないません。

原チャリは停まった状態からのスタートダッシュ力が高く、軽く60kmは出してきますので、50km出すのが辛いロードバイクでは勝負になりません。法定速度を守っている人には勝てますが、ほとんどの人にはかないません。

……そろそろ法改正して原付の有名無実の制限速度30kmは60kmにすべきではないでしょうか。バイクが売れなくなっているために二輪免許を簡単にする議論がありますが、むしろ原チャリの法定速度を撤廃すればいいのではないでしょうか。

原チャリ法定速度撤廃論
ライバルとして、天敵として、原チャリの凄さをロードバイク乗りはよく知っている。偉大なライバル・原動機付自転車が、無力な虫けらのように扱われているのは、すべて法定速度のせいなのだ。
スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

目の前に獲物があるからこそ速く走ることができるのです。スピード練習というとつらい修行のようなイメージがしますが、スピードプレイとも言います。スピードで遊ぼうというニュアンスが漂ってきますね。

スピードは楽しむことができます。スピードは快楽です。ライバルはママチャリです。抜き去るとき「まさか」という顔をするサイクリストの顔を想像するのが楽しみだったりします。速く走る方法は、速く走ってみればいい。体がおのずとそれを教えてくれます。

※この稿の内容は以下のとおりです。

厚さは速さだ。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブルクリストファー・マクドゥーガル著『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の大逆襲劇を描いています。
雨の日にも走る。ランニングは究極のアウトドア
オフィスワークしている濡れない日々からすると、雨に濡れて走るだけでも非日常になります。考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 真冬以外、はじめから濡れてもいいような格好で走っています。

ランニングシューズをお探しなら

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『市民ランナーのためのグランドスラム養成講座~豪脚自慢に頭で勝つ方法を教えます~』については、プロフィールページをご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました