『速く走るコツ』マラソンフォームは100m走に学べ。走っている時の入力ワードを変えるだけで、速く走れるようになる

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん、今日も元気に走っていますか?

私は、自分自身がグランドスラムを達成したシリアスランナーでもありますし、また雑誌『ランナーズ』のライターをやっていたこともあり、ランニングの本はあらかた読んでいます。

ロング走だとか、快調走だとか、LSDだとか、用語の意味がわからなければ、記事を書くことはできません。

しかし、こと速く走ることに関して言えば、長距離走の本よりも、短距離走の本から得たことの方が、大きかったような気がします。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。【マラソン・グランドスラム養成講座】を展開中。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えます。幸福のために走りましょう。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

ランニングフォームは100m走に学べ

特に名著だと思ったのは朝日出版社『速く走るコツ』という本です。

短距離を速く走るための本ですが、サブスリーランナーはスピードランナーですから、参考にならないわけがありません。

この本の中に「観察された動きと、走るときの感覚は違う」ということが、書いてあります。

私も似たようなことを考えていました。

効率のいい走り方を研究する中で、プロの選手を横から撮った写真を参考にしていたのですが、動かない写真には決定的な欠点があります。

振り上げた足なのか、掻き戻ってきた足なのか、写真だとわからないんですよ、静止画なので。

プロの写真からフォームを学ぶのは、ちと無理があるなと思っていました。

スポンサーリンク

「結果としてのフォーム」と「ランナー本人の走るときの意識」は、必ずしも同じではない

「足が速い人はももを高く上げているが、実際に走るときには、ももを高く上げている意識でいるわけではない」

『速く走るコツ』には、そう書かれています。

「結果としてのフォーム」と「ランナー本人の走るときの意識」は、必ずしも同じではない、という意味です。

このことは私も自分の感覚として知っていました。

それゆえに本コラムの『サブスリー養成講座』というカテゴリーの中には、入力意識という言葉がたくさん出てきます。

たとえば私のワードに『アトムのジェット走法』というのがあります。

マラソン初心者が習得すべき走り方。膝は水平になるまで折りたたむ(アトムのジェット走法)
「アトムのジェット走法」とは、下腿を地面と平行になるまで後ろ側で折りたたむ走法のことです。たったそれだけで魔法にかかったように走るのが速くなることでしょう。

鉄腕アトムのように足裏にジェットがあるとイメージして、下腿を水平になるまで持ち上げるだけで、魔法のように楽に早く走れるようになる、というものです。

でも実際にプロの選手を見ると、踵がお尻に着くぐらいにもっと折りたたんでいたりします。

でもこれも「結果としてのフォーム」と「ランナー本人の走るときの意識」は、必ずしも同じではない、ということなのです。

鞭がしなるように、ただ惰性で下腿がお尻の方まで折れ曲がっているだけで、ランナー本人の意識として、そこまで曲げようと思っているわけではありません。

本当はアトムのジェットを意識しているのに、結果として膝が高く上がっているかもしれません。この時の本人の入力意識は本人に聞かなければわかりません。写真を見て分析しても、本人の入力ワードはわからないのです。

ランニングフォームの改革は自己意識の改革に似ています。

ただ漫然と走るのではなく、走っている時の入力ワードを変えるだけで、同じ肉体でも、速く走れるようになるのです。

たとえば私ハルトのサブスリー養成講座『カカト落としの効果的に決める走法』というのは「ランナー本人の走るときの意識」のことです。

速く走るための技術『踵落としを効果的に決める・走法』
『効率的なランニングのメソッド』は、『かかと落としの効果的なきめ方』を考えることで見えてきます。『かかと落とし走法』とは、振り出した前足を空中をひと掻きして戻してきて、スピードが乗った状態で着地する走法です。その方が地面に加えるエネルギーが大きいことがわかると思います。『かかと落としの効果的なきめ方』の理屈と同じです。

そのキーワードを意識することで、結果としてのサブスリーを達成するのにふさわしいフォーム(サブスリーフォーム)に導くことができると考えているので、ご紹介しているというわけです。

言葉によって意識を変えて、意識を変えることで、楽にスピードが出せるようになる。

そんな魔法のような体験を私はしてきました。

それをみなさんにも味わっていただきたいと思っています。

みなさんも、自分なりの入力ワードがあると思います。

その言葉は究極的には人それぞれのものです。

もっともイメージしやすいカタチは人それぞれ違うのです。

ですが、ときには他人の入力ワードを参考にしてみるのもよいでしょう。

あっと驚く表現で、すべてが氷解することもあります。

きっと確実にあなたに進化をもたらしてくれることでしょう。

スポンサーリンク

詩人にしか伝えられないものがあるように、アスリートには伝えられないものがある

『速く走るコツ』という本は短距離走のための本なので、トラックのコーナリングの上手な取り方が書いてあったりします。

マラソンの本としてみたら、カーボローディングの話しがごっそりと抜けているのに、コーナリングの話しなんていらんわ、と思うかもしれません。

それなのに、長距離系の当ブログがここでご紹介するのには理由があります。

長距離ランナーとして私がずっと感じてきた「結果としてのフォーム」と「ランナー本人の走るときの意識」は、必ずしも同じではない、ということを、ここまで明確に書いてある本が、マラソン系の書物で見たことがないからです。

著者の小田伸午さんは大学の教授です。
アスリートではなく研究者です。
事象を数字とコトバで表現するプロフェッショナルです。

アスリートが書いた本に、この表現を求めるのは無理だと思います。

やはり言葉にたけた人から教わることも必要だと思うのです。

海辺を走る気持ちの良さは、アスリートも市民ランナーも一緒ですよね。

しかし、その時の気持ちを他人にどう伝えられるかは、運動選手と、詩人では、まったく違います。

詩人にしか伝えられないものがあるように、アスリートには伝えられないものがあるのです。

厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

ランニングシューズをお探しなら

※『雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開中。詳細はプロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました