『速く走るコツ』マラソンフォームは100m走に学べ。走っている時の入力ワードを変えるだけで、速く走れるようになる

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

心の放浪者アリクラハルトの人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

書籍『市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー養成講座)』『結婚』『片翼の翼』(無料公開中)キンドル書籍にて絶賛発売中です。ぜひご一読ください。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

スポンサーリンク

「ランナーが走るときの意識」と「結果としてのフォーム」は違う

どうもハルトです。みなさん、今日も元気に走っていますか?

私は、自分自身がグランドスラムを達成したシリアスランナーでもありますし、また雑誌『ランナーズ』のライターをやっていたこともあり、ランニングの本はあらかた読んでいます。

ロング走だとか、快調走だとか、LSDだとか、用語の意味がわからなければ、記事を書くことはできません。

しかし、こと速く走ることに関して言えば、長距離走の本よりも、短距離走の本から得たことの方が、大きかったような気がします。

※このブログの筆者の書籍です。Amazon電子書籍で発売中。

「ハサミは両方に開かれる走法」「アトムのジェット走法」など、言葉のイメージ喚起力で速く走れるようになる新メソッドを提唱しています。

スポンサーリンク

ランニングフォームは100m走に学べ

特に名著だと思ったのは朝日出版社『速く走るコツ』という本です。

短距離を速く走るための本ですが、サブスリーランナーはスピードランナーですから、参考にならないわけがありません。

この本の中に「観察された動きと、走るときの感覚は違う」ということが、書いてあります。

わたしも同じことを考えていました。

効率のいい走り方を研究する中で、プロの選手を横から撮った写真を参考にしていたのですが、動かない写真には決定的な欠点があります。

振り上げた足なのか、掻き戻ってきた足なのか、写真だとわからないのです。静止画なので。

プロの写真からフォームを学ぶのは、ちと無理があるなと思っていました。

スポーツの型は、静止画像ではなく動画から学ぶべき理由

スポンサーリンク

「結果としてのフォーム」と「ランナー本人の走るときの意識」は、必ずしも同じではない

「足が速い人はももを高く上げているが、実際に走るときには、ももを高く上げている意識でいるわけではない」

『速く走るコツ』には、そう書かれています。

「結果としてのフォーム」と「ランナー本人の走るときの意識」は、必ずしも同じではない、という意味です。

このことはわたしも自分の感覚として知っていました。

それゆえに本書『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』という書物の中には、入力意識という言葉がたくさん出てきます。

たとえばわたしのワードに『アトムのジェット走法』というのがあります。

マラソン初心者が習得すべき走り方(アトムのジェット走法)
足裏に鉄腕アトムのジェットがあると想像して、下腿を地面と水平にするイメージを持つと、急に楽に速く走れることが実感できると思います。これを私はアトムのジェット走法と命名しています。 サッカーでも膝を曲げて後方に振りあげなければ、凄いシュートを打つことはできないのです。それと同じです。

鉄腕アトムのように足裏にジェットがあるとイメージして、下腿を水平になるまで持ち上げるだけで、魔法のように楽に早く走れるようになる、というものです。

でも実際にプロの選手を見ると、踵がお尻に着くぐらいにもっと折りたたんでいたりします。

でもこれも「結果としてのフォーム」と「ランナー本人の走るときの意識」は、必ずしも同じではない、ということなのです。

鞭がしなるように、ただ惰性で下腿がお尻の方まで折れ曲がっているだけで、ランナー本人の意識として、そこまで曲げようと思っているわけではありません。

本当はアトムのジェットを意識しているだけなのに、結果として膝がお尻の方まで高く上がっているかもしれません。この時の本人の入力意識は本人に聞かなければわかりません。写真を見て分析しても、本人の入力ワードはわからないのです。

スポンサーリンク

肘を後ろに引くのは、別の「結果としてのフォーム」を求めてのこと

もうひとつ。たとえば「肘を後ろに引け」というのは、肘を引くこと自体に効果があると思ってはなりません。そう思ったら「たいした効果がない」「わたしには効かない」と思って肘を引くのをやめてしまうことでしょう。

これも「ランナー本人の走るときの意識」と「結果としてのフォーム」が思わぬところに反映するいい例です。

肘を後ろに引くのは、別の「結果としてのフォーム」を求めてのことです。

肘を後ろに引くと、上体を起こす効果があります。

「動的バランス走法」で、前傾姿勢の状態を維持するには肘を後ろに引くことが有効です。肘を引く反動で上体は起き上がろうとして動的バランスが吊りあうのです。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法

「ヤジロベエ走法」で、太ももを振り上げる反動に対抗してヤジロベエを吊りあうためには肘を引く反動が有効です。肘を引くからこそヤジロベエは吊りあうのです。

走りの技術。ヤジロベエ走法。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法

このように求める結果と入力ワードが直接結びついていないことがあります。

そしてこれが言葉の力です。言葉という入力ワードで、結果としてのフォームをつくりだすことができます。

走っている時の入力ワードを変えるだけで、速く走ることができるようになるのです。

スポンサーリンク

走っている時の入力ワードを変えるだけで、速く走ることができる

ランニングフォームの改革は自己意識の改革に似ています。

ただ漫然と走るのではなく、走っている時の入力ワードを変えるだけで、同じ肉体でも、速く走れるようになるのです。

たとえば本書の『カカト落としの効果的に決める走法』というのは「ランナー本人の走るときの意識」のことです。

速く走るための技術『踵落としを効果的に決める走法』
ランナーの一歩一歩は「かかと落とし」のようなものです。膝が伸びきったスピードゼロ地点で着地するのではなく、振り戻ってきた破壊力のある足で着地しましょう。そう。かかと落としを効果的に決めるように。

そのキーワードを意識することで、結果としてのサブスリーを達成するのにふさわしいフォーム(サブスリーフォーム)に導くことができると考えているので、ご紹介しているというわけです。

言葉によって意識を変えて、意識を変えることで、楽にスピードが出せるようになる。

そんな魔法のような体験をわたしはしてきました。

それをみなさんにも味わっていただきたいと思っています。

みなさんも、自分なりの入力ワードがあると思います。

その言葉は究極的には人それぞれのものです。自分で探し当てた言葉が最適解であるでしょう。もっともイメージしやすいカタチは人それぞれ違うからです。

ですが、ときには他人の入力ワードを参考にしてみるのもよいでしょう。あっと驚く表現で、すべてが氷解することもあります。

言葉はきっと確実にあなたに進化をもたらしてくれることでしょう。

スポンサーリンク

詩人にしか伝えられないものがあるように、アスリートには伝えられないものがある

『速く走るコツ』という本は短距離走のための本なので、トラックのコーナリングの上手な取り方が書いてあったりします。

マラソンの本としてみたら、カーボローディングの話しがごっそりと抜けているのに、コーナリングの話しなんていらんわ、と思うかもしれません。

それなのに、長距離系の当ブログがここでご紹介するのには理由があります。

長距離ランナーとして私がずっと感じてきた「結果としてのフォーム」と「ランナー本人の走るときの意識」は、必ずしも同じではない、ということを、ここまで明確に書いてある本が、マラソン系の書物で見たことがないからです。

著者の小田伸午さんは大学の教授です。アスリートではなく研究者です。事象を数字とコトバで表現するプロフェッショナルです。

アスリートが書いた本に、この表現を求めるのは難しいと思います。やはり言葉にたけた人から教わることも必要だと思うのです。

海辺を走る気持ちの良さは、アスリートも詩人も一緒ですよね。しかし、その時の気持ちを他人にどう伝えられるかは、運動選手と、詩人では、まったく違います。

もちろん、詩人の方が専門家ですよ。この場合は。

詩人にしか伝えられないものがあるように、アスリートには伝えられないものがあるのです。

※このブログの筆者の書籍です。Amazon電子書籍で発売中。

「ハサミは両方に開かれる走法」「アトムのジェット走法」など、言葉のイメージ喚起力で速く走れるようになる新メソッドを提唱しています。

タイトルとURLをコピーしました